新郎さん必読!盛り上がる「ウエルカムスピーチ」伝授します♡感謝の気持ちを盛り込んで伝えよう

「ウエルカムスピーチ」は、ウエディングパーティーの始まりに新郎が行うあいさつのこと。この結婚式という“イベント”の印象を決め、会が盛り上がるかどうかも左右する重要なシーンでもあります。そんな大切なスピーチいったいどうゆう風に話せばいいの?そこで、今日はウエルカムスピーチを成功させるポイントを紹介します。

 

ウエルカムスピーチの役割

文字通り、「本日はようこそ(私たちの披露宴に)おこしくださいました」という感謝の気持ちと、「今日は楽しんでくださいね」という気持ちを伝えるものです。

二人のために時間をつくり、受付を手伝ってくれたり、遠方からかけつけてくれたりするゲストもいるはず。最大の目的は感謝の気持ちを伝えること。ゲストに喜んでいただくために用意したもの、演出もさりげなく説明しましょう。料理や演出のこだわり、余興のことなど、これから始まる会へのわくわく感を高めます。

 

スピーチのタイミング

一般的には「新郎新婦入場」のあとで述べることになります。司会者がいる披露宴では、このウエルカムスピーチを司会者に開演宣言とともにしてもらうこともあります。

その場合でも、原稿を自分たちで書いて代読してもらえば自分たちらしさをより表現できます。いずれにしても、司会者とも打ち合わせをして、タイミングを図ったり抑揚の付け方を確認しておきましょう。特に決まりはありません。二人らしさを優先して、自由にセッティングしてみましょう。

 

スピーチの姿勢

司会者からウエルカムスピーチを振られたら、まずは立ち上がってその場で一礼。背筋を伸ばして腰を30度くらい折って挨拶をします。

ゲストへの感謝の気持ちを込めてゆっくり丁寧に。頭が上に引っ張られるイメージで背筋を伸ばし、肩の力を抜いて両足を少し開いて均等に重心をかけます。マイクと口の距離は10㎝ほど。近すぎも遠すぎもダメです。視線はまっすぐ、会場を見渡しながらゲストに語り掛けます。

 

内容は簡潔明瞭、共感が大事

スピーチが長過ぎるとちょっと退屈。簡潔で分かりやすい内容にしたいですね。2人の出会いのエピソードを盛り込んだり、キューピッドがきてくれているならそれに触れてみたり。

ゲストと共有できる情報をスピーチに入れると、ゲストの関心も引き付けることができます。ウエディングのスタイルやゲストにどのような人が多いかも考えながら、話す内容やトーンをコーディネートします。

 

スピーチの構成

スピーチの基本的な構成に沿って、お二人の具体的なエピソードを盛り込んでいきましょう。

  • まずは①出席してくれたことへのお礼。「本日はお忙しい中、私たちの披露宴にご列席頂きまして誠にありがとうございます」。
  • 次に、②結婚の報告。「先ほど、私たちは神社神前におきまして誓いを交わし、晴れて夫婦となりました」など。
  • そして③披露宴の趣旨を説明。ゲストを招いた目的と気持ちについて述べましょう。
  • 結びは、これから始まる披露宴を楽しんでほしいという気持ちを伝えます。

 

相手への気遣いもプラス

さらに、相手を気遣う気持ちも添えるとベスト。「何かと行き届かない点があるかと存じますが、何卒ご容赦賜りますようお願い申し上げます」「本日は二人の晴れのご報告とご挨拶をかねまして、僕たちがこれまでお世話になった方、日頃お世話になっている皆様をお招きし、ささやかな席をご用意いたしました」など。

お二人のしっかりとした挨拶にゲストも安心されるはず。これからの二人の門出をより一層祝ってくださるはずです。

 

内容に困ったら…

具体的な文例はインターネットや本などでもたくさん紹介されています。それらを参考にして、お二人の思いを盛り込んで再編集してみてください。また、周りの方々に相談してみるのも方法の一つ。ウエディングに招くゲストだとお楽しみが減ってしまうので気を付けて。ウエディングプランナーや、ファルベのスタッフにご相談ください。先輩たちのたくさんの事例をもとに、スピーチのヒントをお伝えします。

 

聞き役を立てて最終チェック

新郎謝辞を取り上げた回でも紹介しましたが、原稿ができたら何度も声に出して読んでみましょう。書き言葉と話し言葉は違います。読んでみるとなんとなく自分になじまず、聞き手を白けさせてしまうことも。何度も練習することで、次第になじんできて気持ちを込めやすくなります。ウエディングプランナーや新婦に聞き役になってもらって、聞き手の印象なども確認してみて。より相手に伝わる内容になります。

 


ウエルカムスピーチは、結婚式のオープニングを飾る大切な項目。そして大切なのは、ゲストにどんな気持ちを伝えたいかをしっかり考えて準備することです。お二人らしい素敵なウエルカムスピーチで、結婚式を始めてくださいね。

 

TOP出典:https://www.presentationmagazine.com

 

この記事を書いた人:梶津 利江
整理収納アドバイザー1級/整理収納教育士/親・子の片づけインストラクター2級
「モノと頭の中を整理して心をスッキリ!」をモットーに、片付けのアドバイスやコラム執筆、講演などを行っています。

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。