結婚式で、お母さんに感謝の気持ちを♡大好きなお母さんに向けた演出4選!

プレ花嫁のみなさん、こんにちは♡

結婚式は、今まで育ててくれたご両親、そして関わってくれたすべての人にありがとうの気持ちを伝える絶好の場所です。

中でも、やっぱり一番に感謝を伝えたい人は、「お母さん」という花嫁さんは多いようです。女の子にとって、お母さんとは、いつでも優しくどんなときも味方でいてくれて、相談にのってくれて悲しいときは一緒に悲しみ、嬉しいときは、一緒に喜んでくれるお母さん。この度は、そんなお母さんに向けた演出を紹介します♡

 

*ベールダウン*

挙式で、お母さんがバージンロードに花嫁さんを送り出すシーンはいつ見ても感動します♡最近では、実施する花嫁さんが半数以上をしめるほど結婚式の中でも感動を誘うスタンダードな演出となってきています。

ベールダウンの意味とは、文字のとおり、ウエディングベールをダウンするという意味です。ベールは古代ローマの時代から、魔除けの役割と言い伝えられてきました。そのベールをおろしてあげるという行為は、花嫁さんのこれから訪れる未来への安全と幸せを願うということにつながります。

生まれた瞬間からいつも一緒だったお母さんが、ベールをおろしてくれるというのはとても感慨深いものですよね♡

また、もうひとつ、ベールダウンは、「母親が手伝う最後の身支度」という意味も込められています。今までは一番そばで見ていたけどそれを新郎さんにバトンタッチをするという気持ちをこめて、花嫁さんの最後の身支度を完成させてくれます。

この一瞬の時間が、たくさんの想いや祈り、感謝のつまった、感動の瞬間です。一生忘れられない瞬間の一つになること間違いないでしょう。

是非、ベールダウンをお母さんにやっていただいてください♡

 

*紅差しの儀*

こちらも、花嫁さんの最後の花嫁支度として、お母さんに口紅をつけてもらうという儀式です。こちらは、日本の伝統的な演出なんです。白無垢や和装を着られる花嫁さんが多く取り入れていらっしゃいます♡もちろん、和婚じゃないとやってはいけないというわけではありません。ドレスでも、お母さんに是非やっていただいてください♡

生まれた瞬間から一緒だった花嫁さんが、結婚式の身支度を整えて綺麗になって、目の前にいる。そんなお母さんと花嫁さんの二人だけの時間は、思わず涙が流れてしまうほど、美しく綺麗で感動の時間です。

挙式の前や、ベールダウンのときや、中座のシーンなど、行う場面は人それぞれです。中にはゲストの前で行う場合もあります♡お母さんと娘のシーンはとても感動的でゲストに感動を誘います。

 

*中座のエスコート*

お色直しのための中座でのエスコートをお母さんにお願いする花嫁さんも多いです♪小さい頃みたいに当たり前のように手を繋ぐことってなかなかないですよね。

挙式では、お父さんと一緒にバージンロードを歩いたので、次はお母さんと手をとりあって感謝の気持ちを伝えて、歩いてみましょう。また、中座のエスコートはサプライズにすると、とても喜ばれます♡

 

*ファーストバイトをサンクスバイトに*

ファーストバイトとは、ウエディングケーキをスプーンにとってお互いに食べさせる演出です。

新郎新婦の二人で食べさせあいのシーンも、何回見ても心あたたまり素敵ですが、想像のつく展開ではあります。是非、ここでお母さんに出てきてもらって演出に加わってもらいましょう♡

 

サンクスバイトとは、新郎新婦から感謝を伝えたい相手に、ケーキを食べさせてあげるという演出です。今まで、育ててくれて見守ってくれてありがとうの意味をこめて、みんなの前でケーキを食べさせてあげる演出は、とても素敵な風景で、会場も盛り上がります♡

nuunさん(@nuun1120)がシェアした投稿


いかがだったでしょうか??

この度は、お母さんに向けた演出を4つ紹介させていただきました♡

お母さんと仲良しで絆が深い花嫁さんは是非この際に取り入れてみてくださいね♪♪感動の瞬間を味わってください♡親子共々、一生心に残る結婚式になることでしょう。

 

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。