招待状ができたらいよいよゲストへ♡礼儀正しい!と思われるお渡しマナー

結婚式の招待状の準備が整ったら、いよいよゲストにお渡しします。手渡しする場合と郵送する場合、どちらも気持ちよく受け取っていただきたいですよね。お渡しする際のマナーをいくつか紹介します。


招待状と一緒に送るもの

招待状の準備ができたら、封筒に入れていきます。入れるものは、招待状のほか、返信はがき、会場の地図、付箋(挙式に出席していただく方への挙式案内状)、依頼状(受付や余興のお願い文書など)。
そのほかにも、遠方からのゲストに向けては宿泊の用意があることやご祝儀が不要など申し訳ないという気持ちを伝えるものも必要です。このような内容は、もちろん、事前にお伝えしておくのがマナー。改めてお伝えるする気持ちで添えてくださいね。

相手を思って封筒に入れて

封筒を開けて招待状を取り出すとパラパラと落ちてくるのは、受け取ったゲストも困りますし、お願い文書がどこかに紛れてちゃんと伝わっていなかったりすると大変です。
正しい重ね方は、ゲストが見る順番と同じ封筒の表書きを手前にして、招待状本状、会場地図、出欠返信はがきを入れます。付箋やメッセージカードなどの小さいアイテムは本状に挟んでおくとまとまります。
すべてを招待状に挟む方法もすっきりするのでお勧めです。

できるだけ手渡しするのがマナー

招待状は、新郎新婦がゲストをお招きするためにお渡しするもの。相手に手渡しして「来てください」とお願いするのがマナーです。手渡しなら渡すときに言葉を添えることができますし、切手代の節約にもなります。
お渡しするときには事前に出席可能かを確認して、お持ちするようにします。
突然出向いては相手も返答に困りますし失礼。そして、挨拶や乾杯などお願いすることがある場合には、そのお願いもあわせてしておきます。

手渡しをするのはどんな方?

招待状を手渡しする相手は、上席の方です。主賓や仲人、乾杯の挨拶や祝辞をお願いする方、お世話になった恩師、年長者などです。きちんと礼を尽くしましょう。
そして、家族や親族、会社の上司や同僚、友人など、頻繁に会うことができる人は確実に手渡しできる相手です。
よく知っているからと突然伺ったりせずに、事前に連絡をして伺うようにしましょう。

手渡しするときの注意点

手渡しする招待状の表書きには、氏名のみを書きます。住所と氏名が印刷されていると「本当は郵送しようと思っていたけど、たまたま都合よく手渡しできたのかな」と軽んじているかのようにとられてしまう可能性も。
手渡しするのが丁寧とされているためです。手渡しが確実にできるかどうかは事前に確認してリストにしておきましょう。封筒の表書きの印刷にもかかわるので、細かく確認するのがおススメです。

手渡し招待状には封をしない!?

手渡しする招待状の封筒には糊付けで封をしません。なぜかというと、封を刃で「切る」ことは結婚式のような慶び事には縁起がよくないとされているため。封が開いていれば、招待状を受け取った相手が中身をすぐに確認できるというメリットもあります。

でも、中に入れたものがうっかり出てしまうのが心配な場合は、シールなどで簡単にとめておきましょう。せっかくの慶び事ですから、ケチがつかないようにしたいですね。

発送していいのはどんな方?

招待状はできるだけ早くに届けて、出欠を確実に把握するという目的があります。会うことが難しい遠方のゲストや忙しくて時間がとれそうにないゲストなどは郵送をします。会って渡さなくても大丈夫、気を使わない友人や連絡をとりやすいゲストにも郵送してもOK。
いずれの場合にも、事前に電話などで招待状を送る連絡しておきましょう。突然届いたらびっくりさせてしまいます。招待状が届くのをわくわく待っていただけるとうれしいですね。

切手は何を使う?

招待状を手作りしてお二人で発送する場合は、切手料金に注意しましょう。同封物の重さによって切手の値段も変わります。ゲストによって枚数が異なるならそれぞれ重さを確認するのがベスト。料金不足なんて恥ずかしいですから。
そして、切手はまっすぐ丁寧に貼ります。意外と時間がかかることを覚えておいてくださいね。
発送する日は、消印日が「大安」もしくは「友引」がよいといわれています。直接郵便局へ持参すると、その日の消印を確実に押してもらえるので安心ですよ。


招待状は、結婚式とゲストの最初の出会い。最高のファーストインプレッションを与えたいですよね。受け取るゲストのことを思いながら丁寧に準備したことが伝わるものにしておきましょう。詳しいことや分からないことは、ファルベのスタッフにご相談ください。
卒花さんたちとのさまざまなエピソードをもとに、アドバイスをさせていただきます♪

top出典:http://eliteweddinglooks.com

farbe

ウェディングshopファルベスタッフ

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧