《日柄はどこまで重要?!》知っておきたい「大安」「仏滅」の意味と由来

「結婚式を挙げるなら大安。仏滅は避けること。」昔からよく言われている、この通説。
でも、「挙げたい日程が仏滅…」「希望の式場が仏滅しか空いてなかった!」というのもよくある話。そもそも、この「大安」や「仏滅」って何なのでしょう?そして、どの程度重視しなくてはいけないのでしょう??

結婚式の日柄について悩んでいるプレ花嫁さん!
今回は、そんな意外と知らない「日柄」についてお伝えしたいと思います。ぜひ由来や意味なども知った上でぜひ判断してみてくださいね!

そもそも日柄(六輝)とは?

現在、日本で日柄というと一番有名なのが『六輝』です。

この『六輝』は、暦に記載される暦注(日時・方位などの吉兆、その日の運勢など)のひとつで、名前の通り「大安」「友引」「先勝」「先負」「赤口」「仏滅」の6つからなります。

元々は、古く中国で時刻の吉兆占いとして使われていたもので、実は、仏教とは何ら関係がありません。

日本には、鎌倉時代末期から室町時代の頃に伝わりました。当時は『六曜』と呼ばれ、吉凶を表すものではなく、現在の『七曜(月火水木金土日)』と同じような役割で使用されていたそうです。それが名称や解釈を少しずつ変え、江戸時代末期に現在の吉兆を表すものとして使われ始めます。

その後、明治に入り日本で太陽暦が採用されると「吉凶付きの暦は迷信」として政府から禁止されます。ですが、これが逆に注目を集める結果になり、第二次世界大戦後に広く普及しました。

現在でも、この『六輝』は公的に管理されているものではありません。行政や公共機関の中には『六輝』の掲載を取りやめるよう、指導を行っているところもあります。

ちなみに、『六輝』を掲載しているところの多くが、国立天文台の暦要綱を元にしていますが、数年先となるとまだ確定していない場合も。その為、サイトやサービスによっては、結果が違っている場合もあるので、ご注意を!

六輝の吉凶

とはいえ、広く普及しているこの『六輝』。現在、一般的にいわれているそれぞれの吉凶をご紹介します。

◆大安(たいあん)

終日が吉。
「大いに安し」という意味で、六輝の中で最も吉の日とされる。婚礼・結納などはもちろん、万事にとても良いとされる。

◆友引(ともびき)

正午は凶。その他の時間帯は吉。

「友を引く」という名前の通り、祝事には良く、忌み事には良くないとされる日。 その為、婚礼・結納などは「大安」の次に好まれるが、葬式・通夜などは行われないことが多い。
本来は、「共引」といい、何をしても勝負がつかないとされる日。

◆先勝(せんしょう/さきがち)

午前は吉、午後は凶。

「先んずれば即ち勝つ」という意味。万事に急ぐことが良いとされている。 結婚式においては、午前中に初めてもおひらきが午後であれば良いともいわれる。

◆先負(せんぷ/さきまけ)

午前は凶、午後は吉。

「先んずれば即ち負ける」という意味。先勝の逆。 万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされている。

◆赤口(しゃっこう)

昼のみ吉で、その他の時間帯は凶とされる。

「赤」が「火」や「血」を連想させることから、火の元や怪我には要注意といわれる。

◆仏滅(ぶつめつ)

終日、凶とされる日。

「仏も滅するような大凶日」という意味。六輝の中では、最も凶とされる日で、婚礼などの祝事は避けることが多い。

 

以上が、現在一般的にいわれている『六輝』の吉凶です。ただ、先程お伝えしたように、この『六輝』はもともと吉凶を表すものではなく、また、名称も意味も現在とは違うものでした。

(例:即吉→先勝、周吉→先負、虚亡→物滅→仏滅…)

その為、諸説ありますが、現在の吉凶は、漢字に合わせて後付けされた意味ともいわれています。

 


いかがでしたでしょうか?実は仏教と関係がなかったり、「迷信」と言われた時代もあった『六輝』。
とはいえ、現在も広く普及しており、特に中高年の方は重視していることも多く、やはり気になりますよね…。

ですが一方で、“「仏滅」こそ良い日!”という考え方もあるのをご存知ですか?次回は、そんな『六輝』についての別の解釈と、実際どこまで重視すべきなのかについてもお話したいと思います!

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。