<卒花さんの結婚式レポ> 誰もが魅了される♡想いとセンスが溢れるスペシャルな結婚式

今回は、2017年10月に横浜で結婚式を挙げられたI様。
そのテーマは『Wonderful Journey 夫婦の旅立ちの1日に』。

テーマに沿った、こだわりの演出や装飾は本当に素敵なものばかり!!プレ花嫁さんには、ぜひ参考にして頂きたいとってもオシャレな結婚式です♡

 

ふたりの想いを実現出来る場所

“Be free… Express yourself…”

もっと自由に。もっともっと素敵に。という、ふたりのためだけに創るウェディングを掲げる
”BAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomirai”
を結婚式場として選ばれたおふたり。

横浜の赤レンガ倉庫にもほど近い海沿いの場所に立つこの式場は、チャペルもバンケットスペースもオーシャンビューという最高の立地でありながらも、空間も時間も自由にコーディネート出来る完全貸切のウェディング施設です。

BAYSIDE GEIHINKAN VERANDA minatomirai

2016年3月のOPEN以来、カリフォルニアカルチャーのインスピレーションにあふれた変幻自在の空間が、感度の高い新郎新婦様にとても人気だそう。

 

結婚式を挙げるにあたって、様々な想いを抱いていらっしゃったおふたりは、それが実現できる会場だと“VERANDA”を選び、プランナーさんに想いを伝え、約1年前から準備をしてこられたそうです。

 

『Wonderful Journey 夫婦の旅立ちの1日に』

「大切な方に見守られながら、夫婦として新たに旅立つ一日にしたい。」
「お世話になった大切な方への感謝の気持ちを伝えたい。」「今まで見たことのない皆がワクワクするような楽しい結婚式にしたい。」

そんなおふたりの大切な想いが詰まった結婚式のテーマは『Wonderful Journey 夫婦の旅立ちの1日に』。

このテーマをもとに、おふたりは結婚式の準備を進めて来られました。

そうして出来上がったのは、おふたりのこだわりと想いがたくさん詰まった本当に素晴らしい“夫婦の旅立ちの1日”です。

「カラフルだけど、大人っぽく、格好良さもプラスしたい。」

そんなリクエストから生まれたのが、新婦様も愛してやまないこちらのオシャレな高砂です。

カラフルで鮮やかな装花をベースに、『Wonderful Journey』というテーマが書かれたサインボード、そしてテーマにふさわしいトランクや地図、地球儀、洋書などが絶妙なバランスでミックスされています。おふたりの為だけにデザインされた、本当に素敵な高砂!!

そしてアイテムの一つ一つにも、たくさんの想いとこだわりが…♡


ゲストが手に取る席次表は、おしゃれなパンフレット風に。イメージにぴったり!ということで、即決したこちらの席次表は、半分がおふたりの手作りです。本当に大変だったそうですが、ゲストの方々もとても喜んでくれたそう♡

また、こちらリングピローもなんと手作り!!

ふたりのイニシャルに結婚指輪を、手前のイカリモチーフには婚約指輪をセッティング出来るようになっています。
式場の雰囲気に合うように仕上げられたそうです♡

ちなみに、手作りはこだわり出すと止まらなくなってしまい…

この他にも、和装前撮り用には、ガーランドと夫婦の扇子。ハワイでの前撮り用にも、フォトプロップスを作成されたそうです!!

 

そして、ファルベのアイテムの中からも『芳名帳』と、親御様への記念品として『感謝状』をお選び頂きました。

「インスタで色んなアイテムを見ている中で、ファルベさんのアイテムは、何と言っても会場の雰囲気に合っていて、さらにアイテムからとてもあたたかさを感じました。」とお話下さった新婦様。

特にこちらの芳名帳は、ゲストの方々にも好評だったそうで「どこで作ったの?」と式後に色々なご友人から質問されたそうです。お選び頂きまして、本当にありがとうございました♡

ゲストブックを色々見てみる

 

ゲストと一緒に創り上げる演出

ここまで、こだわりの装飾やアイテムをご紹介してきましたが、もちろん演出にもこだわりが…♡

それは、“ゲストと一緒に創り上げる”ということ。

例えば、大切な挙式は、ゲストの方々に愛を誓う“人前式”を選ばれたおふたり。人前式の中で使う誓約書は、ゲストと一緒に世界でひとつの誓約書を創りあげたそうです!

どういった誓約書かというと…

まずは、手作りしたメッセージカードを用意。
そして、事前にゲスト一人一人に

≪夫婦として長い旅路の中で大切にすることは何か≫

をそのカードに書いて貰い、リボンで結んで貰います。それを、大きなガラスのボトルに入れて貰い、そこにふたりでサインをした誓約書をさらに入れて完成!というもの。

結婚式のテーマも取り入れつつ、何年先もおふたりの為になる大切なゲストからのメッセージを読み返せる…本当に素敵な誓約書ですよね♡

また、テーブルラウンドでは、より近くでゲストの一人一人と話をしたい!との想いから世界にひとつだけのブーケを創る特別なラウンドをされたそうです♡こちらもとっても気になりますね!!

こだわりの“ゲストと一緒に創り上げる”演出。ゲストとしても、とても嬉しい心遣いですし、プレ花嫁さんもぜひ真似したくなる演出ですね♡

 

結婚式当日の感想と後輩花嫁さんへ

I様に当日の感想をお聞きしたところ…
実は、おふたりの結婚式当日は超大型台風が接近するというあいにくの天候だったそう。

「式が始まるまで、本当に結婚式を無事に終えることができるかどうかゲストがちゃんと会場に到着するか不安でした。」
という新婦様の心配をよそに、ゲストの方々から式後に頂いた感想は…

「台風を感じさせてないくらい本当に素敵な式だった。」
「時間を忘れるくらいワクワクして、今まで見たことがない結婚式だった。」
「スタッフの対応が素晴らしかった!」

という嬉しいものばかりだったとか♡

そして、雨だからこその、忘れられない素敵な想い出も…。それは、披露宴の入場シーン。

事前に選んでいた入場曲が、テラスからの登場に絶対合う!という想いから、どうしてもテラスから入場したいとプランナーさんに伝えていたおふたり。当日は台風の影響で雨風が強く、本来であればテラスからの入場は嚴しい状況だったにも関わらず、おふたりの希望を叶える為、プランナーさんやメイクさん達が傘を差し出してテラスまで先導してくださったそう。

「私が『雨に濡れてしまってすみません。』と言うと『お二人が雨に濡れなければ私達は大丈夫です。』と。その瞬間こちらの会場にして、またこんなにも温かく信頼できるスタッフの方に出逢うことができて私達は幸せだと思いました。」

当日の天候が優れなかったからこそ、式場のスタッフさんの温かさを強く感じることが出来たおふたりは、「私達にとって一生の宝物となる一日になりました。」と幸せそうにお話下さいました。
羨ましくなるような、とても素敵なエピソードですね♡

さらに、後輩花嫁さんへは、次のようなアドバイスを頂きました

「結婚式は後悔が残るのが一番良くないと感じます。これから会場選びなども含め大変なこともあるかもしれませんが、自分たちの納得のいくように進めていってほしいと思います。」

「写真などのデータは一生残るものです。私達はカメラマンも指名しました。指名料などもかかりますが、私達は本当に指名して良かったと心から思っています。」とのこと。

一生に一度だからこそ、後悔は残さないように…これは、本当にプレ花嫁さんには見習って頂きたいことです!!ぜひおふたりのように、後悔を残さない素敵な結婚式を挙げて下さいね♡

 

いかがでしたでしょうか?とっても素敵なおふたりの『Wonderful Journey 夫婦の旅立ちの1日に』。

気になる方は、ぜひ新婦様のインスタグラムをチェックしてみてください♡

 

【Instagram】@nonhiro_wedding


ここではご紹介しきれなかった素敵なお写真&エピソードがたくさんUPされていますよ!

I様、素敵なお写真とコメントを本当にありがとうございました。いつまでも末永くお幸せに…♡♡

 

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。