人前式のおしゃれな結婚証明書に使いたい夏のアイディア4選

人前式に欠かせない、大切な『結婚証明書』。プランナーをしていた頃、私が人前式をプランニングする際、特に大切にしていたのがこの『結婚証明書』と『誓いの言葉』です。

人前式の『結婚証明書』は「絶対にコレ!」という決まりがない分、悩む方も多いと思います…。ただ、一生カタチに残る大切な誓いの証明書だからこそ、素敵なものにしたいですよね!

おふたりの結婚式のテーマに沿ったものが一番おすすめではありますが、難しい場合は、季節感を取り入れるというのもおすすめです。今回は、これから結婚式の準備が本格化する夏婚のプレ花嫁さんにぜひ参考にして頂きたい、夏におすすめの『結婚証明書』のデザイン例をご紹介したいと思います♡

飾るのが楽しみなドロップスタイプ

名前を書いたウッドチップをケースに入れる見た目にも涼やかな結婚証明書。昨今人気のドロップスタイプの結婚証明書にも、夏婚におすすめのデザインが沢山あります。

 

chiiiiihoさん(@chiho_917)がシェアした投稿

例えば、こちら。ドロップひとつひとつが海の生き物のカタチになっている、とても可愛いドロップスです。

また、こちらはサーフボードのドロップス。なんとスタンドはフィン型だそうです。このように、ドロップやそのケースを夏婚にぴったりな形にすると、季節感を取り入れた素敵なドロップスの完成です♡

シェルorシーグラス証明書

ドロップスではなく、夏を連想させるアイテムにゲストの署名を貰うという形式の結婚証明書も素敵です。例えば、海で拾ってきたようなシェルやシーグラスが特におすすめ。ガラスのキャニスターなどに入れれば、とても涼しげなオブジェの完成です。

 

em_weddingさん(@emu__weddingram)がシェアした投稿

 

em_weddingさん(@emu__weddingram)がシェアした投稿

ちなみにこちらのおふたりは、誓いの言葉もこちらのシーグラスに書いて一緒に入れているそうです♡大きめのシーグラスであれば、ゲストからのメッセージも貰えるので、挙式後に見返す楽しみが増えますよね。メッセージも「夫婦として大切にして欲しいこと」など、テーマを設けても楽しいかもしれません♡

アクリル板の結婚証明書

夏に似合う、透明感と涼しさを感じさせるアクリル板の結婚証明書。今、このアクリル板の証明書をDIYするプレ花嫁さんが増えているんです。

このように、アクリル板に誓いの言葉を記載し、2枚のアクリル板の間にドライフラワーなどをデコレーションするというもの。夏婚であれば、ひまわりなど夏の花のドライをデコレーションしても素敵ですよね♡

 

em_weddingさん(@emu__weddingram)がシェアした投稿

こちらは、アクリル板を透明感のあるブルーに色付けし、さらに砂をデコレーションした証明書です。ブルーの透明感を出すのが難しかったそう。海や空を思わせる青と砂のコントラストが海辺を連想させる…、夏婚にぴったりの素敵な証明書です。

サンドセレモニー

「この世にひとつだけの結婚証明書を!」というおふたりに特におすすめしたいのが、このサンドセレモニーです。サンドセレモニーとは、今までそれぞれの人生を歩んできたふたりが、結婚によってひとつになることを意味する儀式。日本では「砂合わせの儀」とも呼ばれます。

新郎新婦それぞれが異なるカラーサンドを選び、それをひとつの瓶に注ぎ入れることによって、世界にひとつだけの模様が出来上がり、特別な瞬間のオリジナルアートが完成するというもの。

ネイティブアメリカンの文化が由来ともいわれるこのサンドセレモニー。最近はカラーサンドを結婚式のテーマカラーに合わせて3色以上用意したり、瓶もより模様が美しく見えるようなものを使ったり…と、様々なカタチで楽しまれています。

例えば、夏婚で多い「海」がテーマの結婚式であれば、ブルー系のグラデーションカラーを。もし「トロピカル」がテーマであれば、緑×黄・オレンジのビタミンカラーがおすすめ。さらにそこに、テーマに合ったアイテムをプラスすると、より素敵なオブジェが完成しますよ。

このサンドセレモニーを、結婚証明書にサインをする代わりに、新郎新婦で行う方も多いんです。もしくは、カラーサンドはゲストに入れて貰い、新郎新婦は証明書の代わりに貝殻などのアイテムに署名して、出来上がったカラーサンドの上に飾る…という流れも素敵ですよ。

記念に誓いの言葉をプラスしたいという方は、ガラス面に記載しても良いですし、紙に書いてそれを小瓶に入れ、貝殻などのアイテムと同じように一緒に飾っても素敵だと思います♡

ゲストも巻き込むプラスポイント

人前式は、大切なゲストの方々を証人として永遠の愛を誓う式です。その魅力のひとつが、ゲスト参加型の一体感がある挙式を行うことが出来ること。

ドロップスも、サンドセレモニーも、挙式前にある程度完成させておくことが多いですが、私がおすすめしたいのは、挙式中にゲストと一緒に完成させるというもの。

新郎新婦のふたりが結婚証明書の仕上げをする前に、ゲストひとりひとりにふたりのところまで来てもらい、ドロップスやカラーサンドをケースに入れて貰うのです。

人数が多い場合は時間もかかるので難しいかもしれませんが、ひとりひとりと触れ合うことによって、挙式が一気にアットホームで素敵な雰囲気になります。私も自身の結婚式で行ったのですが、とてもおすすめです♡

いかがでしたでしょうか?様々なバリエーションがある結婚証明書。ぜひ季節感も取り入れつつ、おふたりにぴったりの証明書にしてくださいね!

色々な結婚証明書をみてみる

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。