教会・人前式で必ず登場する結婚証明書の内容と様々なデザイン

チャペルウェディングといえば讃美歌斉唱 や指輪の交換、誓いのキスなどが定番ですが、結婚証明書へのサインも定番のプログラムです。そして結婚証明書は結婚式の定番アイテムの一つとなっています。今回は結婚証明書についてご紹介します。

目次:

 

結婚証明書と結婚を証明するものの違い

まず結婚するには婚姻届を提出する必要があります。婚姻届は用紙サイズの決まりや必須記入項目はありますが、それらをクリアすればオリジナルの婚姻届を使用することも可能です。ゼクシィの付録で可愛いデザインの婚姻届を目にされた方も多いのではないでしょうか。

フォト婚姻届フォト婚姻届

対して結婚したことを証明する書類には3種類あります。戸籍謄本又は個人事項証明書(戸籍抄本)のほかに、婚姻届書を受理しましたという内容の「婚姻受理証明書」や、届書がコピーされた「婚姻届記載事項証明書」があります。

「結婚証明書」はこの中のどれにも属さず、公的に婚姻を証明するものではありません。セレモニーの中で婚姻の誓いを立て神前式なら神様へ、人前式ならゲストの方へ宣誓するために使用します。

 

結婚証明書には何が書かれているの?

結婚の宣言を口約束で終わらせない、宣誓する意味を込めて誓いの言葉の最後に二人がサインをします。内容は、宣誓内容日付お二人の署名、代表者署名です。代表者署名は、牧師さんのサインが入るパターンと、人前式ではゲストの中から代表で1名に署名してもらう「立会人代表署名」や、ゲスト全員から署名を集めて証人になってもらうゲスト参加型があります。

いずれも二人が夫婦になることを誓うものですが、文言は英語だったり、砕けた表現だったりと中身に決まりはありません。夫婦になることを誓うほか「これから二人が結婚して夫婦になる上でお互いが大切にすること」や「どんな家庭を作りたいか」などがよく盛り込まれます。そしてその誓いにそれぞれが署名をし、ゲストに披露と宣誓をします。

挙式スタイルや希望のセレモニー形式によって結婚証明書のフォーマットは変わってくるので、どんなスタイルで行うか結婚証明書を購入する前に注意しておきましょう。ゲスト参加型にしたくても記入欄がなければ署名をもらうことはできません。

式場によっては挙式スタイルに合わせた結婚証明書を用意されていることもありますが、自分で用意する場合は内容があっているか事前にプランナーさんに確認できると安心です。

 

色々なデザインの結婚証明書

フォーマットがたくさん用意されている結婚証明書ですが、必要な項目があれば様式に決まりはありません。オーソドックスなデザインは、レザー調の眩しい白い表紙が人気ですが、濃い茶色・ネイビーなどのダークカラーも教会・チャペル婚などにぴったりです。

結婚証明書リング

【シンプルstyle】結婚証明書「クレアージュ」

結婚証明書」クラウン 

手触りの優しいベロア風生地の表紙もオススメです。羽ペンや花ペンは自分で用意します。ない場合会場のシルバーなどのボールペンを借りるようになるので、写真に残ることも考えると合わせて用意したいアイテムですね。

「結婚証明書」ベローチェ

結婚証明書ゲスト参加型「ジュリア薄橙」

 

進化する結婚証明書

人前式で、プログラムの内容を自由にアレンジできる場合、種類はさらに広がります。

ガラスでできた結婚証明書

ガラス結婚証明書「ヴェール」

木でできた結婚証明書

結婚証明書 木製レーザー刻印「リース」

扇子の形の結婚証明書

扇子型結婚証明書「紫音(しおん)」

二人らしさが光るそれが結婚証明書

結婚証明書って実はとっても自由なアイテムなんです。いろんなデザインの結婚証明書をPIN&いいねして、自分たちの好きを見つけよう♡

 

 

 

yamayuki

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事