ジェル派orチップ派? ブライダルネイルの種類と準備時期♡

一生に一度の結婚式だからこそ…ドレスやヘアメイクだけでなく、ネイルもこだわりたいですよね♡

プレ花嫁さんの中には、普段からネイルを楽しんでいる方もいれば、これを機会にネイルを始めたい!という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

”ネイル”と言っても、その種類は様々。どのタイプがいいの?と悩んでいる方もいらっしゃると思います。

今回は、そんなブライダルネイルの種類や最適な施術時期などをご紹介します。ぜひ自分にぴったりのネイルを見つけて下さいね!

 icon-check-square-o こちらもあわせてチェック:
花嫁が輝くために行う本当の意味の<ブライダルネイル>

 

ブライダルネイルの種類

ジェルネイル

ジェルネイルとは、専用のジェルを自爪にのせてUVライトで硬化させるネイルです。

専用の道具が必要ですが、普通のポリッシュネイルよりも耐久性がありデザインも豊富に楽しめる為、現在とても人気があります。

 

Mochizuki Akane💄さん(@mochizuki_akane)がシェアした投稿

◎耐久性がある(約2~4週間程度)

◎爪の強度がUPする

◎様々なデザインが楽しめる

△自分でのオフは難しい

△長さをプラスすることは難しい

ジェルネイルの欠点は、自分でオフすることが難しいこと。再度来店してオフする必要がある為、職場でネイルがNG方など「挙式後すぐに外したい!」という方で来店時間の確保が難しい場合には、あまりおすすめできません。

スカルプチュア

スカルプチュアとは、溶かしたアクリル素材を自爪にのせて硬化するネイルです。

ジェルネイルと同じく、専用の道具が必要ですが「ジェルネイルがいいけれど…長さも出したい!」という方に人気があります。

 

なおみきた。さん(@naomikita.2343)がシェアした投稿

◎耐久性がある(約2~4週間程度)

◎爪の強度がUPする

◎様々なデザインが楽しめる

◎自爪が短くても長さが出せる

△自分でのオフは難しい

△長さを出し過ぎると衝撃で折れてしまうことも

△ジェルネイルよりやや価格が高い

 

eyelash&nail salon Amourさん(@amour_nail)がシェアした投稿

スカルプチュアは、ジェルネイルと同じく来店でのオフが必要となります。その為、挙式後すぐにオフの必要があり、かつ来店時間の確保が難しい方は、ジェルネイルと同じくあまりおすすめ出来ません。

 

チップ

チップとは、いわゆる”つけ爪”です。

合成樹脂などで作られた人工爪を、専用のテープや接着剤を使用して自爪に貼り楽しむ方法です。仕事上ネイルがNGな方などにとても人気があります。

 

AZUさん(@as.nail_salon)がシェアした投稿

◎簡単に着脱が出来る

◎お色直し時にネイルも交換が可能

◎繰り返し使用できる(前撮り&当日&後撮りでの使用が可能)

◎そのまま記念に保管が出来る

△衝撃に弱い(自爪から取れやすい)

△ジェル等に比べると装着時に違和感を感じやすい

 

ge.wdgさん(@g.wd.lazor)がシェアした投稿

チップの最大のポイントは着脱が簡単なこと。実はそれがメリットでもあり、デメリットでもあります。

ジェルネイル等と違い、自爪にしっかりと固定されてはいないので、どうしても衝撃で外れてしまう可能性があります。当日、グローブの着脱時や衣装替えのタイミングなどで気付いたら取れてしまっていたということも…。

そうならない為にも、出来る限り”市販”のチップではなく、ネイルサロンなどで自分の爪に合ったチップを”オーダー”するのがおすすめです。

もちろん市販よりは価格も高くなるかと思いますが、デザインも自由にアレンジできる場合が多いですし、前撮り等で紛失した場合はその部分だけ再注文することも可能です。

それでも心配な場合は、紛失時用の予備チップを用意しておいたり、チップ用の強力なシールや接着剤を別途用意しておきましょう。

 

nana*cloverさん(@nanaclover)がシェアした投稿

挙式何日前がベスト?

ジェルネイル・スカルプチュア

≪挙式1週間前~2日前≫

耐久性がある為、直前に施術を行う必要はありません。ただ、爪というのは毎日伸びるもの…

あまり早いと、爪が伸びてジェルと爪の根本に隙間が出来、見栄えが悪くなってしまいます。爪が伸びるスピードには個人差がありますが、どれだけ早くても1週間前~がおすすめ。心配な方は、伸びても目立たないようなデザインにして貰いましょう。

 

YUIさん(@yuibaby_nail.ivy)がシェアした投稿

また、前日など直前すぎるタイミングでの施術もあまりおすすめ出来ません。

なぜなら、直前はどうしても何かとバタバタしがちですし、「やっぱりネイルのこの部分を変えたい!」と思っても、変更する時間がないと後悔が残ってしまうかもしれませんよね…。

 

チップ

≪注文:~1ヶ月前程度≫ 

≪装着:衣装着用後≫

チップは完成まで時間がかかる場合もあり、また完成後にお直しをお願いしたくなる可能性もあります。その為、出来る限り挙式の1ヶ月前にはサロンでオーダーをしておきましょう。

 

MIKIKO(みっこ)さん(@nailhome_mikomiko)がシェアした投稿

また、着脱による紛失を防ぐためにも、装着は当日ドレスを着用した後がおすすめです。

 

日頃のお手入れも忘れずに…

チップが完成したり、ジェルネイルを施術したから、もう安心!というわけではありません。ぜひ、当日を素敵な手元で迎える為にも、日頃から気を付けておきたいのが “保湿” です。

自爪が傷んで凸凹しているとチップは安定しにくいですし、乾燥しているとジェルネイルやスカルプチュアも取れやすくなってしまいます。

ハンドクリームやキューティクルオイルをこまめに塗ったり、いつもより少しだけ保湿に気を付けるだけで十分です。それだけで、ネイルも安定しますし、手元がUPになった写真も素敵に残せますよ♡ただ、チップを貼る時には、爪の油分はしっかり取り除いてから貼ってくださいね。

 

写真に残したくなる手元を目指そう

いかがでしたでしょうか?SNSにも様々なブライダルネイルがUPされています。手元は意外と写真に残るので、ぜひ自分に最適な施術や自分好みのデザインやサロンを見つけながら、早めにネイルも準備しておいてくださいね♡

 

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。