安心して!テーマがなくても大丈夫♡招待状デザインの選び方

最近の結婚式といえば、最初の打ち合わせで、“お二人の共通の趣味はなんですか?”“ ”出会いはなんですか?”などこれまでの二人の歩みの聞き取り作業を行い、それにもとに結婚式のテーマを決めて、招待状などウェディングアイテムを決めていく式場さんも増えています。

ただ、正直結婚式のテーマなんて考えてないし、ふつーに結婚式を行いたいそんなカップルさんも多いはず。そんなお二人が結婚式招待状を選ぶとき、どんな風にデザインを選んでいったらいいのでしょうか?

今回は特にテーマやコンセプトがなくても問題ない、一般的な招待状デザインの選び方をお伝えしていきます。

有りすぎて困る結婚式の招待状デザイン

式場で申し込める招待状、ネット通販サイトで販売している招待状、どれもすごい種類なんです。
洋風デザインから、和風デザイン、ディズニーなどキャラクターもの、ユニークなものなどありとあらゆるデザインの中からお二人は選ぶことになります。

正直、パラパラみながら好きか嫌いかで選んでいき、候補を絞っていく流れが通例ですが、ポイントを絞って検討するのも一つの方法。ではそのポイントとは?

選び方①結婚式をあげる季節で選ぶ

まずは結婚式をあげる季節のデザインを選ぶのはいかがでしょうか?


>>>サクラの招待状

春の結婚式なら、桜をイメージしたもの、夏の結婚式なら瑞々しいヒマワリや海辺をイメージしたもの、秋は紅葉、冬はクリスマスや結晶など、季節のモチーフを使ってある招待状デザインを選べばゲストも届いたときに、ああクリスマスごろの時期の結婚式なんだなぁ~とイメージもつきやすく、四季も感じてもらえるはず。もみじ
>>>もみじの招待状

選び方②招待状を出す季節で選ぶ

一方招待状を出すのは結婚式の2~3か月前。だから結婚式を挙げる季節と招待状を出す季節は異なる場合も多いんです。

例えば6月の結婚式ならゲストに届くのは3.4月。
だから、春のデザインを使ったアイテムを・・・サクラ
>>>春色の招待状
9月10月といった秋の結婚式は7月に投函だから暑い季節に嬉しい涼しげな爽やかなデザインの招待状を・・・>>>アロハ模様の招待状

季節のイメージでデザインを選ぶ場合でも、招待状と席次表席札といった当日アイテム、あえてそれぞれの季節で選びましょ。

選び方③価格をメインに選ぶ

招待状を主としたペーパーアイテム。正直もらった側になったときにいつまでも取っておくものでもないしなぁ~。そんな風にペーパーアイテムを脇役程度に考えている場合、式場などの見積が高く感じるかもしれません。

ならば、もういっそのことわりきって一番安いもの!を選ぶのもひとつ。プランナーさんやショップに一番安いデザインをみせてくださいとストレートに伝えましょう。経験上印刷付きで、300円以内の招待状ならそれは安い分類のはず。

>>>300円以下の招待状

もちろん安くても結婚式に必要な要件はきちんと記載されているので何も問題ありません。招待状>>>300円以下の招待状

選び方④王道のカラーで選ぶ

結婚式といえば今も昔も純白を想像しますよね。真白いウェディングドレスは女の子のあこがれです。

そんな“王道色のホワイト”のデザインを選んでおくのも一つの方法。その後どんなテーマになったとしても白なら問題なし!届いたゲストも結婚式の案内状らしいね、っときっと思うはず。>>>王道の白招待状

選び方⑤一番人気のものを選ぶ

招待状のデザインを悩んだら、人気のデザインにしておくのも一つの方法。その時、その年の流行を押さえておけば、“さすがね!素敵な結婚式に参加できる!”とゲストからも喜びの声がとんできそう。

>>>水彩フラワーの招待状

最近でいうと水彩風のお花系のものやクラフト系やチケット系が大人気。

チケット招待状>>>クラフトチケット風招待状

一番最初に届く招待状はセンスの良し悪しがわかってしまうから流行りを抑えておきましょ。

 


テーマやコンセプトがなくても問題ない、一般的な招待状デザインの選び方。どれにする?って悩んだら上記参考にしてみてくださいね。

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。