2人で叶えたいから♡彼の結婚式準備やる気アップに繋がる8つのこと

結婚式の準備をしていてたまに聞こえてくるのが「彼が全然協力的じゃない」というプレ花嫁さんの嘆き。半分は彼のゲストだし(いっそ半分より多い場合も)、どれをとっても決して安くないお買い物だし、何より時間をかけて作り上げようと頑張ってるのに、プランナーさんから出された宿題の席次表記入もまだしてないなんてー!そのイライラ、わかります…。

でも準備に消極的な彼と喧嘩しても、結婚式は待ってはくれません。それよりも上手に乗せて、ふたりで作り上げられたらと思いませんか?今回は彼にも参加してもらいやすくする方法を考えていきます。

彼もときめく結婚式準備8のアイデア

予定や依頼は忘れられるものと構える

「頼んでいたのに忘れられた」「目の前に出していたのに見落とされた」。一世一代の結婚式準備に奔走する花嫁さんにはちょっと信じられないかもしれませんが、どうしても気になることや別のことを考えながらだと、そういうことは起こります。

でもその度に怒っていたら関係はぎくしゃくするばかり…。そういう場合、紙に書いて貼っていても見てもらえないので、途中で確認したり声かけして納期超過を防ぎましょう。

選択をあおぐ時は2択に絞る

「どの招待状デザインがいいかな?」「ドレスの色何色がいいかな?」「お料理のグレードどうしよう?」彼と決めたいことはたくさん。でも全部を彼にお伺いを立てているうちになんだかげんなりされてきて…。

人は「決定する」ときとてもエネルギーを使います。その作業を分担して、お互いの負担を減らせるように心がけましょう。例えば「これはないな」と思えるものをあらかじめ除いた中から選んでもらう、2択になるまで絞ってから彼に聞いてみるなど。きっと準備自体がスピードアップして花嫁さんもにっこり♡

彼の得意分野を見定める

苦手なジャンルについて考える時って、まず調べるところから始めなければいけません。「一般的なものはどんなものか」から始まり「お互いの好みを網羅できる落とし所はどこか」に至るまで、考えないといけない道筋が実はちょっとロングコース。それよりも、彼にとって好きな分野好きなジャンルを見極められればいかがでしょう。

例えばドライブのプレイリストに素敵な音楽が入ってるからプロフィールムービー作りが頼めるかも。映像や動画に詳しいからカメラや撮影関連の手配はお願いできるかも。手先が器用で凝り性だから、プチギフトのタグ付けしてもらったら超速いかも…。

頼むときは具体的に

プランナーさんから宿題が出る場合は期日とTODOを明確にしてもらっていることが多いのではないでしょうか。「いつまでに」「何を」それだけでスムーズに行くこともあります。

自分がわかっているからと安心せずに、何か依頼をするときは、彼が不安になっていないかきちんと確認してあげてくださいね♡

頼んだら口は出さない

ムービー作りでも選曲でも業者さん選びでも、お願いしたら極力手出し口出しはしないこと…!あんまり予算オーバーだったり意図と違ったらまずは行き違いがあったことを伝えて。お互いどうしたいか事前に伝えられているかがポイントになりますが、そう全部うまくいかないのも結婚式準備の醍醐味。都度修正できるよう話し合いの機会を持ちましょう。

しっかり感謝の気持ちを伝える

彼が手伝ってくれたら、調べ物をしてくれたら、気にかけてくれたら、とにかく嬉しい気持ちを伝えます。「ありがとう」でも「頼りになる」でもいいのでしっかり言葉で伝えることが大切。態度でわかってもらおうなんて、ダメですよ。

時には結婚式準備以外のデートもしよう

会うたびに結婚式準備の進捗確認…仕事でも疲れてるのになんだか気が休まらないな、と彼はちょっとお疲れモードかも。そんなときは結婚式準備のことは少し置いておいて、一緒にデートを楽しみましょう。お出かけが辛ければ屋内やお家、カフェデートでもいいんです。出かけたり何気ない会話の中でヒントに出会えることも。

決定するときはなるべく彼と!

何と言っても二人の結婚式。彼が忙しくて打ち合わせになかなか来られない、プランナーさんと打ち合わせをしているのはいつも私…そんなカップルさんも、決定事項があるときはなるべく彼と決定しましょう。二人で決めたことだから、としっかり自覚を持ってもらうことも大切です。

プレ花嫁さん最大のイライラポイントは「納期」

スピード婚や働きながら結婚式準備をする花嫁さんも増え、準備をする花嫁さんはみんな「こんなに決めることあるの〜?」「時間なさすぎ!」と迫り来る挙式日に、叫びたくなっているはず。そこに彼の「そういえばアレどうなった?」なんて能天気な一言が…。喧嘩したくもなりますが、ここはどうすれば間に合うかを考えましょう。

特に両親記念品贈呈シーン用のプレゼントは、彼と足並み揃えたいのになかなか話がまとまらないアイテム。グズグズしてたらどれも納期がもう間に合わない!なんてことに…。そんな時も在庫状況やオプションの利用で間に合っちゃうことが。いいなと思うものに出会えて、彼と意見が一致したなら、諦めずに問い合わせを。

まだ間に合う!記念品を選んで
問い合わせてみる

上手に甘えて彼の気持ちに寄り添えれば式後も安泰!

結婚式準備ってお金も時間も制約があって、でも周りのプレ花さんを見るとキラキラしてて…理想はあるのになかなか到達できないイライラで彼にきつく当たってしまったり悲しくなってしまったり。

でも同じ方向やコンセプトを見ていると気付ければ彼も積極的になれる、むしろ積極的に取り組みたい、そう思ってくれるようになれるんです。二人で最高にハッピーな瞬間を目指して仲良く準備を進めましょう♡

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。