まだまだ主流な記念品+「生花」気になるみんなのボリュームは?

お仕事帰りや街中でおしゃれな花屋さんを見つけて、ちょこっとしたミニブーケでも買って帰ろうかな?なんて思ったのに値段を見てびっくり!なんて経験、多くのプレ花嫁さんもあるのでは?

結婚式の記念品として用意を勧められる両親への記念品と贈呈用花束。プランナーさんに「お母様には花束、お父様にはブートニアがおすすめですよ」なんて言われると「そっか〜」なんて決めてしまいがちですが、お花って結構良いお値段しますよね。

両親贈呈用花束

 

記念品との予算バランスを考える

一般的に結婚式で両親記念品贈呈シーンに使用する予算は1万円〜15,000円、2人で23万円という方が多数ですが、これにはお花代が含まれていたり含まれていなかったり。そもそも渡さないという方もいるなかで、両親記念品贈呈にかける予算バランスを、どうとるのが良いでしょうか。

お母様に贈るのをオススメされる季節の花束は、予算がなくてもボリューミーに見えるようにアレンジしてもらえることが多いので、5,000円から1万円前後くらい。ただ希望のお花があったり、バラなどお値段が安くなりにくいお花をしっかり入れたい!という場合は予算は膨らみがちに。ブートニアは一見小さくてお花の本数少なめですが、加工をしてもらうため、小さい割りに5,000円くらいは覚悟しておいたほうがよさそうです。

それでも欲しい!華やかさ添えるフラワーギフト

それでも結婚式の記念品贈呈シーンにお花がないなんて寂しい!そんな方には選択肢が2つあります。ひとつは予算をしっかりとって花束(&ブートニア)を作る、もうひとつは、記念品をフラワーギフトにシフトすることです。

お花は式後しばらくお部屋を飾ってはくれますが、いずれしおれてしまうものいつまでも思い出を輝かせてくれる記念品が欲しいですよね。だからお花も記念品もという方は、ミニブーケのようなちょこっとの花束とちょこっとの記念品という手も。生活に根ざす雑貨や暮らしにひっそり寄り添うフォトフレームなどがオススメです。

あわせて読みたい記事:お箸を記念品に選ぶ素敵な理由♡

 

枯れないお花、アーティフィシャルフラワー

それより一点豪華主義!アーティフィシャルフラワーのついた記念品なら両方叶えられるのでは?というのがフラワーアレンジギフトという選択です。いま贈呈シーンでは、プレゼントは包まないのが主流。だからお花がたっぷりアレンジされたフラワーギフトは、渡すだけで花束贈呈シーンのように華やぐんです。

花束なしでも見映え抜群木製子育て感謝状ブーケ

もちろん「記念品はシンプルな方がいいな」というかたも、見た目にこだわったアイテムを選べばお花がなくてもこのボリューム感。アーティフィシャルフラワーなら枯れてしまう生花とちがって、美しいまま長く飾っていただけるのも魅力です♡

クロックブーケ

クロックブーケ

フォトフレーム付フラワー子育て感謝状

フォトフレームフラワー子育て感謝状

花時計フォトフレーム付

花時計フォトフレーム付

 

華やかさの鍵は生花だけにあらず!

結婚式にはとにかく生花がたくさん登場します。ヘッドパーツやテーブル装花、受付やブーケ、ウェディングケーキにも。でも全部が生花じゃないといけないことはないみたい。

華やかな贈呈シーンを作り上げたい、でも長く残して欲しい。ボリュームブーケ、ミニブーケ、フラワーアレンジギフト。おふたりやご両親のお好みにあったチョイスでステキな贈呈シーンになりますように♡

フラワーアレンジギフト贈呈品を見る

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。