花束じゃだめ?両親ギフトをあげる意味を考えてみた

結婚式のプログラムの中でもひときわ感動を集めるのが、新婦から両親に宛てたメッセージの朗読と、両親ギフトの贈呈ですよね。両親贈呈品には花束が定番と思われがちですが、最近は花束以外のアイテムを選ぶカップルも増えています。

現在結婚準備中のプレ花さんの中にも、両親への贈呈品を何にしようか迷っている人がいるのではないでしょうか?そこで、両親ギフトをあげる意味や、花束以外のアイテムがあえて選ばれる理由などをリサーチしてみました!

 

「両親贈呈品=花束」はもはや定番ではない?

たいていは披露宴の終盤に、新郎新婦から両親に手渡される両親贈呈品。近年では定番の花束ではなく、それ以外のアイテムを選ぶ人が増えているようです。実際、友人や親せきなどの結婚式に出席してみると、花束以外の両親プレゼントを手渡すシーンを目にすることも多いと思います。

花束以外の贈呈品としてよく目にするのが、新郎新婦の生まれたときの体重と同じ重さのものをオーダーで作る「ウェイトベア」や「体重米」ではないでしょうか。

参考:魚沼産コシヒカリ体重米「俵」

 

そのほかに、特別な装飾をほどこした手紙やふたりの写真入りの時計なども、両親へのプレゼントとして選ばれているようです。

参考:花嫁の手紙「リース」

参考:花時計フォトフレーム付

 

両親ギフトをあげる意味とは?

そもそも、なぜ両親ギフトを贈呈するのでしょうか?まずはその意味を考えてみましょう。

両親への感謝の気持ちを伝えるため

結婚式は、新郎新婦にとって人生の門出でもあります。そんな節目のタイミングで、「今まで育ててくれてありがとう」という両親への感謝をきちんと伝えるというのが、両親贈呈品に込められたいちばんの意味ではないでしょうか。普段は恥ずかしくて、面と向かってはなかなか言えない感謝の言葉を、両親ギフトに込めて贈るのです。また、相手方の両親に対しても、「自分にとって大切な人を、ここまで育ててくれてありがとうございます」という感謝の思いを伝えることができます。

 

両親には引き出物がないため

近年は新郎新婦が主催の結婚式もありますが、招待状の差出人は両家の親の連名にして、形式上は両親の主催としていることも少なくありません。その場合、親は招待する側と考えて、両親には引き出物が用意されないケースもあります。けれど、お式の最中もゲストへのお礼回りなどのフォローをしてくれ、場合によっては遠方から足を運んでくれている両親に、何もないのは申し訳ない。そのような意味で、両親ギフトが用意される場合もあるようです。

両親贈呈品の定番である花束は、その場に一瞬で華やかさをプラスしてくれるうえ、渡す相手を笑顔にしてくれる素敵な贈り物です。けれど両親ギフトに込められた意味をこうして考えてみると、お式で両親に渡す贈呈品は、必ずしも花束である必要はないと言えるかもしれませんね。

 

両親ギフトに花束以外を選ぶ理由

それでは、両親ギフトで花束ではなく他のものを選ぶのには、どのようなメリットがあるのでしょうか?両親プレゼントを選ぶ側の気持ちとしては、次のような理由が挙げられるようです。卒花さんの意見とあわせて見てみましょう。

贈り物を形として残したいから

「普通の花束だと、いつかは枯れちゃうじゃないですか。せっかくだから記念に形として残るものを渡したくて、自分のお式では時計をチョイス。花束のような華やかさも欲しかったから、生花そっくりの人工のお花で飾られたものを贈りました」(20代女性)

参考:花時計オルゴール付

生花は華やかさや豪華さを演出できる反面、いずれ枯れてしまうのが欠点。花の種類によっては持ち帰ってドライフラワーなどにすることもできますが、渡されたままの姿で保存することはできません。そのため、「記念品として形のあるものを両親にプレゼントしたい」というカップルは、花束以外をチョイスしているようです。

 

生花は持ち帰るのが大変だから

「結婚式場が実家から遠く、電車と新幹線を乗り継いで4時間近くかかる場所だったんです。花束を抱えてそんな長距離移動も大変だと思い、代わりに軽くて持ち運びにも便利なお箸セットを選びました。高級感があって、両親も喜んでくれたようです」(30代女性)

参考:名入れ桐箱 夫婦箸&箸置きセット

新郎新婦ともに実家が近く、結婚式も地元で挙げる場合は問題ないかもしれませんが、なかには実家から離れたところで結婚式を挙げるカップルもいます。遠路はるばるやって来る両親にとって、かさばるうえに傷みやすい花束は持ち帰りが大変。そんな気遣いから、花束ではなく持ち帰りに便利なプレゼントを用意する場合もあるようです。

 

オリジナリティを出したいから

「結婚式についていろいろ準備しながら、主人と『自分たちらしいお式にしたいね』って話してたんです。招待状や演出だけでなく、両親への贈り物も、定番の花束とは違うものにしようということになり…。ウェイトベアなども考えたのですが、結局、どちらの両親もお酒が大好きということから、ちょっと高級なお酒をプレゼントすることにしました」(20代女性)

参考:感謝ワインギフト≪レーザー彫刻メッセージ入り木箱付≫

「ふたりならではのお式にしたい!」という思いから、両親プレゼントにもこだわって、花束以外のアイテムを選ぶカップルも。お酒など両親の好みに合わせたものはもちろん、なかには手作りのアイテムや家族の似顔絵など、オンリーワンにとことんこだわった贈り物を選んだカップルもいるようです。

ファミリーツリーって知ってる?

参考:ファミリーツリー(家系図)

 

両親ギフトにあえて花束以外のアイテムを選ぶのには、状況によってさまざまな理由があるよう。ただいずれも共通して言えるのが、「両親に喜んでほしい」という思いから贈り物をチョイスしているということかもしれませんね。

 

感謝の気持ちを贈り物に込めて

結論から言うと、両親への感謝の気持ちが伝わるものであれば、定番の花束でももちろん構いません。ただし記念として残るものや特別感のあるものを…と考えるなら、花束以外の贈呈品もいいでしょう。大切なのは、「長年の感謝を伝えたい、少しでも両親に喜んでもらいたい」という思いが込められていること。

結婚式の準備は決めることや選ぶものがいっぱいあって大変ですが、両親へのプレゼント選びにも、少し時間を割いてみませんか?受け取る側にも喜んでもらえるような贈り物で、普段言えない「ありがとう」という気持ちを上手に伝えましょう。

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。