結婚式で両親に贈る記念品の相場は?どこで手配したらいいの?

結婚という新たな旅立ちは、自分を大切に育ててくれた両親からの巣立ちでもあります。共に過ごした日々を振り返り、「これまでありがとう」という感謝の気持ちを伝えるため、披露宴で「両親ギフト」を贈るカップルが増えているようです。

両親への感謝を伝える

今回は、両親ギフトの相場とおすすめアイテムをご紹介!手配のポイントなど、お役立ち情報もアドバイスします。

 

そもそも「両親ギフト」って何?

「両親ギフト」とは、新郎新婦がそれぞれの親に贈る記念品のこと。「花嫁の手紙」とセットで行う人も多く、披露宴後半のクライマックスシーンを感動的に彩ってくれる人気演出の一つです。式場によっては、「親ギフト」「両親プレゼント」「両親贈呈品」など、いろいろな呼び方があります。

ギフトの内容に決まりはなく、人によってさまざま。ある全国調査によると、約9割のカップルが披露宴で親へのギフトを贈っているそうです。内容として最も多いのは「花束」で66.8%、ついで「手紙」が23.4%、「時計」が12.1%、そのほか「ぬいぐるみ」や「写真」などが続きます(ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ)。一般的に「花束+α」という形をとるケースが多いようです。

花束プラスアルファの両親プレゼント

具体的には、夫婦箸やペアマグカップなどの実用品を選ぶ人、夫婦水入らずで楽しめる旅行券や食事券を贈る人、ユニークな例では両親の似顔絵や、自作のポエムを贈る人も。親への感謝の気持ちを託すため、バラエティーに富んだアイテムが選ばれているようです。

 

両親ギフトの相場は?

両親ギフトは、披露宴の大切な演出の一つ。だからこそ、ギフトの品はある程度「見映え」や「写真映え」を意識しつつ、相応の格式や品質が感じられるアイテムを選びたいものです。では実際、両親ギフトとしてどのくらいの金額のものが選ばれているのでしょうか?

両親プレゼントの相場は?

先ほどと同じ調査によると、「親へのギフト・花束の金額」の全国平均額は3.5万円。価格帯としては、「1万~1万5千円未満」と答えた人が最多の17.7%、ついで「2万~2万5千円未満」が15.7%、「3万~3万5千円未満」が14.8%と続き、「8万円以上」の人も9.8%いました(ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ)。

両親が本当に喜んでくれる高品質なものを選びたい

あえて金額にはこだわらず、両親が本当に喜んでくれる高品質なものを選びたい…そんな気持ちが伝わってきますね。平均額や相場はあまり気にせず、ご両親の顔を思い浮かべながら、無理のない範囲でじっくり選びましょう!

 

両親ギフトは専門店での手配がおすすめ!

結婚式の準備は何かとすることが多く、両親ギフトのような「身内」のことは、ついつい後回しにしてしまいがち。でも、一番感謝を伝えたい人へのギフトがおざなりだと、せっかくの感動も薄れてしまいますよね。

両親ギフトは専門店での手配がおすすめ

両親ギフトを購入する先として、デパートや雑貨店などを選ぶ人も多いと思いますが、今回あえておすすめしたいのは、結婚式に特化したネット上のウェディングギフト専門店です。

式の雰囲気にふさわしい多彩な品が厳選されているのが特徴で、両親ギフトとして人気の高いアイテムが充実!ギフトに添えるメッセージやラッピングの種類も豊富で、名入れや色の変更、写真の追加などのカスタマイズも可能です。世界に一つだけのオリジナルギフトが、ネットで簡単に手配できますよ。

ウェディングギフト専門店

 

もう一つ、ウェディングギフト専門店ならではの利点として、短納期にも対応してくれる点が挙げられます。通常カスタマイズ品の納期は1~2週間ほどですが、可能な限りスピーディーに対応してもらえる「特急オプション」(有料)が利用できるショップも。式直前になって「両親へのギフトを忘れていた!」と気付いた時も、専門店なら即日発送に対応してくれる可能性があります。諦めずに相談してみてくださいね。

短納期にも対応してくれるウェディングギフト専門店

スピード対応可能なウェディングギフト専門店はこちら

 

おすすめの両親ギフトは?

両親ギフトとして人気があるのは、上質感があるもの、実用的なもの、身近に飾れるものなど。ここからは、両親ギフトにおすすめのアイテムを、平均的な価格帯と合わせてご紹介します!

 

夫婦箸

両親ギフトの定番と言えば、これ!箸は2本で使うことから、古くから「人と人を結ぶ」縁起物とされてきました。ほかにも箸と橋をかけた語呂合わせで「愛のはしわたし」「幸せのかけはし」などとも呼ばれるため、おめでたい場にぴったりのアイテムと言えるでしょう。

夫婦箸の両親プレゼント

気軽に日常使いしてもらえる箸ですが、ギフトとして贈る場合はなるべく上質なものを選びたいものです。人気が高いのは、日本国内で職人が手掛けた本格的な塗り箸と箸置きのセット。贈呈シーンで見映えのする、桐箱入りのものが好まれるようです。価格の相場は1万円前後で、感謝のメッセージを添えるなどのオプションも人気があります。

お箸のギフトはこちら

 

子育て感謝状

「長い間育ててくれてありがとう」…そんな感謝の思いをしたためた手紙を、両親ギフトとして贈る人もいます。手書きの手紙のほか、記念として長く飾っておいてもらえるよう、木製ボードにレーザー刻印したものや、フォトフレームに前撮り写真とともにあしらったものなど、さまざまなタイプがあります。

子育て感謝状

造花を飾り付けた華やかなものもあり、贈呈シーンの写真映えもばっちり!価格は素材やサイズにもよりますが、12,000円前後のものが人気です。

人気の子育て感謝状はこちら!

 

ウェイトベア

「ウェイトベア」は、新郎新婦が生まれた時の体重を再現したテディベア。おおむね1,000~4,000gの間で、1g単位で重さを調整できる完全オーダーメイド品で、ベア本体に生まれた日時や体重を刺繍するサービスが一般的です。

生まれた時の体重でつくるウェイトベア

両親に手渡した際、誕生した時の感動を呼び覚ましてくれるアイテムとして、近年人気が高まっています。価格は1体2万円前後。ほかに、誕生時の体重を再現したお米「誕生米」もありますよ。

ウェイトギフトはこちら!

 

置時計・掛け時計

実用的でインテリア性が高く、身近に飾っておける時計は、両親ギフトの定番の一つ。造花をあしらった華やかな花時計や、フォトフレームやオルゴールがセットになったものも。

置時計・掛け時計の両親プレゼント

価格は1点6,000~15,000円。おそろいの時計をセットで注文して、実家と新居、それぞれの家に飾る人もいます。

選ばれている時計のギフト

 

両親ギフトのNG例は?

これといった決まりがなく、比較的自由にセレクトできる両親ギフトですが、避けた方が良いものもあります。
例えば、重いものやかさばるもの。特に両親が遠方から足を運んでくれる場合、持ち帰る際の移動が大変になります。なるべくコンパクトで、軽量なものを選んであげましょう。

両親ギフトのNG例

また、おめでたい場で手渡す品なので、「縁が切れる」を連想させる刃物(包丁など)、弔事に使われることが多いお茶などは避けた方が無難。もちろん、特別な思い入れやエピソードがある場合は、この限りではありません。あえてこうしたアイテムを選ぶ場合は、具体的なメッセージを添えて贈りましょう。

 

両親への感謝の気持ちをカタチにしよう!

両親ギフトは、贈る側も贈られる側も、思わず涙してしまう感動的なシーンの一つ。今回ご紹介した内容を参考にしつつ、ご両親の喜ぶ顔を思い浮かべながら、思い出に残る素敵なアイテムを選んでくださいね。

両親への感謝の気持ちをカタチにしよう

 

データ引用元:リクルートブライダル総研「ゼクシィ 結婚トレンド調査2018」

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧