手作りもできる?席札とメニュー表が一体型になったテーブルアイテム

結婚式当日のペーパーアイテムには、席次表プロフィールブックなどの他に、席札メニュー表がありますが、それらが一体型になった席札メニュー表というスタイルもあります。

席札とメニュー表それぞれの魅力・一体型のメリット、席札メニュー表って手作りで用意できる?など。今回は一体型になっているタイプの魅力についてご紹介します。

席札メニュー表「水彩」完成品オーダー(印刷込)

個性的なメニュー表を探してるならまずはこちらをチェック:結婚式のメニュー表ってあったほうがいい?準備方法とアイデア実例8選

席札でサプライズを仕掛けるなら!:めずらしくっておしゃれ!ゲストがわくわくする席札アイデアまとめ

席札やメニュー表とどう違う?席札メニュー表とは

席札はゲストさんが自分の席を探すときに見つけやすくするシート状やカード型の当日テーブルアイテム。デザインはシンプルなものからデコラティブなものまで様々で、手作りされる方も多数。最低ロットは素材によりますが10部〜です。

イリス(印刷込)「席札完成品オーダー」

メニュー表は、祝宴中に提供されるお料理の順番や、お料理の内容が明記された当日テーブルアイテムで最小ロットは30部程度。ドリンクメニューなどを併記したり2枚に分けて用意される場合もあります。席次表・席札・メニュー表は、当日ゲストテーブルで使用される3大ペーパーアイテムとなっています。

メニュー表「ウェディングケーキ」完成品オーダー(印刷込)

対して席札メニュー表はメニュー表一枚ごとに、ゲストさんのお名前が記された、ちょっぴり特別感のあるテーブルアイテム。お席の真ん中にどーんと置きたくなる存在感があります。

席札メニュー表カード「シェル スターフィッシュ」完成品オーダー

席札とメニュー表一体型のメリット

役割の違う2つのアイテムですが、一体型にすることで以下のようなメリットが得られます。

メリットその1:コストカットできる

一枚で済むので、席札とメニュー表それぞれ用意するよりも減額できる可能性があります。2つが1つになったから半額、とまではいきませんが、1点ずつ用意するよりはおトクに。席次表などとデザインを揃えたい・コンセプトモチーフを追加したいなど、デザインに対してこだわりがあればオリジナル制作費用がプラスされるので割高にも。

メリットその2:テーブル周りがスッキリ

ゲストテーブルに並ぶのは席札の他にテーブルナンバーや受付で配布される席次表、プロフィールブックなども人気です。当然お料理が来るテーブルのうえはいっぱいに。そんな時、1点でも内容をまとめられたら。ちょっぴりスペースが有効に使えそうです。

メリットその3:メッセージスペース広々

結婚式に招待されたことのある方ならピンと来るはず。席札(特にスタンドタイプ)は裏面に新郎新婦さんからゲストさん一人一人日宛ててメッセージを書くことができます。これを席札メニュー表にすると、メニュー表の裏が使えるのでカードタイプよりも広々。広い年齢層のゲストさんに配慮した大きな文字でのメッセージやイラスト入り、おしゃれに余白を利用しながら英文などを寄せても素敵ですよね。

メリットその4:個性的なデザインも

席札よりも大きくメニュー表よりもゲストさんに近しい席札メニュー表は存在感抜群。挙式コンセプトやテーブルレイアウトに合わせてアレンジを考えたいアイテムです。個性的なペーパーアイテムは、会場の雰囲気作りを手伝ってくれます。

席札メニュー表手作りのハードルは高め

とっても魅力的な席札メニュー表ですが、手作りの席札や手作りのメニュー表に比べるとちょっぴり手作りのハードルは高め。その理由をご紹介します。

ここが大変その1:複製で作れない

メニュー表は1つフォーマットを決めたら基本的に内容はみんな同じ。席札の場合も、同じデザインのカードをフォーマットに付け合わせて複数枚を一度に印刷します。サイズにもよりますが、いずれも自宅プリンターで複製プリントが可能。ところが席札メニュー表だと、一枚に付け合わせるにはサイズが大きく、連続プリントするには内容(お名前部分)が一枚ごとに違うのでそのまま複製では作れません。

ここが大変その2:自宅プリントしにくい大きいさ&変形

自宅プリンターで印刷できるサイズは、最大A3サイズくらいまで。1シートに並べて印刷するとカットする作業が必要になって大変です。手に持った時、チープに感じられないほどの厚みや素材も少しハードルを高くしています。

ここが大変その3:ゲスト全員分を賄う部数

披露宴中メニューの内容を伝えてくれる丈夫さと、メニュー名全部が読める大きさにゲスト全員分のお名前をそれぞれ寄せて。そのため、ある程度しっかりした厚紙やトレーシングペーパーなどにかける材料代が必要になります。ゲストさんのお名前を印字タイプにするならデータの準備も必要に。

それでも手作りするなら

それでも自分で手作りがしたい!となったら、テンプレートを使って少しでも綺麗な仕上がりを目指しましょう。ゲストさんのお名前部分は、思い切ってアルファベット表記にし、おしゃれなカリグラフィーなどでデザインできると◎。

一枚ずつゲストさんのお名前を追記する方法があれば、すでにあるメニュー表のテンプレートをアレンジして席札メニュー表を手作りする方法も。

こちらの無料会員制ダウンロードサイトのメニュー表テンプレートを使えば、面倒なデザインの必要なし。ファイルはMicrosoft Word形式なので、ゲストさんのお名前を入力したり内容をアレンジすることも可能です。編集後印刷してカットすれば完成!

※ダウンロードはパソコンから行っていただけます。

オイシイところを上手に取り入れよう

きっと式場さんにお任せしてしまえば、何とかなってしまう席札やメニュー表。でもふたつのアイテムそれぞれのいいところを上手に取り入れて。おトクでおしゃれで楽しいテーブルレイアウトを完成させましょう。

 

yamayuki

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧