結婚式にサプライズでおばあちゃんに手紙を贈ろう♡アイデアと文例

大切な方へ、感謝の気持ちを伝えることができる結婚式。たくさんの愛情を持って接してくれた、おじいちゃん・おばあちゃんにも感謝の気持ちをめいっぱい伝えたいですよね。

ちょっとの驚きと大きな愛情を込めて、おじいちゃん・おばあちゃんへ記念に残せるお手紙をプレゼントしちゃいましょう。

サプライズを考えてるならこちらもチェック:感動サプライズ!おじいちゃんおばあちゃんにも感謝を伝えよう♡

ちゃんと刺さるサプライズ演出を

結婚式での感謝の気持ちや愛情を伝える演出っていいですよね。伝える方も伝えられる方も、驚きと感動で深く思い出に刻まれるし、ゲストさんも感動で盛り上がり会場は優しい一体感に包まれます。

それに結婚式の披露宴って、どこかでサプライズ演出しないといけないような雰囲気すら感じてしまったり。そんな時、愛情深く成長を見守ってきてくれた、おじいちゃん・おばあちゃんへ感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。

手をとりあって中座エスコート

ベールダウンをお母さん、バージンロードをお父さん、ときたら、中座におじいちゃんやおばあちゃんを指名するのもおすすめです。

一言であれば、ゲストさんの前で感謝の気持ちを伝えることも可能です。中座エスコートでは退場の直前にエスコート役さんにマイクを向けられ、今日の花嫁さんはどうですか?なんて聞かれたり、逆に花嫁さんや花婿さんから感謝の気持ちを一言どうぞ!なんて言ってもらうことも。一時退場のまえなのであくまでサラリと、でもこの短さが意外と響くんです。

生まれた時から成長を見守ってきたお孫さんの手を取ってゆっくり退場する時も、きっとこれまで過ごした日々に、思いを馳せてもらえるはず。

やっぱり形に残るのがいい!記念品プレゼント

形に残る結婚式の記念品は、感謝の気持ちを伝えたいご両親にはもちろん、祖父母ギフトとしても人気の贈り物です。

おじいちゃん・おばあちゃんのために選んだプレゼントには、ぜひメッセージを添えて贈りましょう。長く飾ってもらえるように、健康を気遣うメッセージがプリントできるタイプや、感謝の言葉を刻めるタイプ、お写真を一緒に贈れるタイプは、よりミレニアム感があってGOOD。

結婚式子育て感謝状「ほの華」

結婚式の記念品を渡すタイミングは大きく分けて2種類。1つは披露宴中にゲストさんに見守られてながら、もう1つは挙式後落ち着いた頃に、近況報告と合わせて渡す方法です。どちらにもメリットがあるので、より喜ばれそうな方を選び準備しましょう。

選ばれる祖父母ギフト

大切な言葉をたくさん詰め込める手紙朗読

お手紙を用意してみんなの前で読み上げるなんて、きっとおじいちゃん・おばあちゃんもゲストさんも、予想しない演出に驚いてくれるはずです。

一緒に過ごした時の思い出のエピソードを披露したり、おじいちゃん・おばあちゃんの好きなところを発表したり。伝えきれない感謝の気持ちをたくさん込めて手渡しましょう。

 icon-pencil-square-o ご両親に渡す花嫁の手紙に悩んでいたらこちらの実例もチェック:花嫁の手紙どんなの書いた?参考にしたい!手紙の内容大公開!

おじいちゃん・おばあちゃんに宛てた手紙の文例

手紙の長さを決める要素は、伝えたい気持ちや、演出としての持ち時間、使いたいBGMなど色々。そこでおすすめのフレーズを、ピックアップ。まず、おじいちゃん・おばあちゃんへお手紙を贈る時には、ご両親へ宛てた花嫁の手紙と違うポイントがいくつかあります。大きな文字で書くことも忘れずに!

健康を気遣う

最近の話をする

長生きして欲しいと伝える

こういった内容を祖父母へ向けた花嫁の手紙に織り込んで置ければ、両親への手紙としっかり住み分けが可能。すでに書き上げている方もぜひ加筆しておきましょう。

  1. 健康を気遣う

どんなに健康的でアグレッシブなおじいちゃん・おばあちゃんでも、体調や暮らしの様子を気にかける言葉を入れましょう。特に離れて暮らしている場合は、挨拶代わりに、困っていることはないか、健康で苦労されていることはないか気にかけてあげたいところ。そしてそれは言葉にしなければ伝わりません。

健康を気遣う文例:

好きな○○(グランドゴルフ・お茶会・ゴルフ・釣り・読書など)を楽しんでいる姿が大好きです。これからも変わらず、元気で優しいおじいちゃん・おばあちゃんでいてください。

これから暑く(寒く)なるので体に気をつけて、ずっと元気でいてください。大好きな○○(旬の食べ物)、次のシーズンは一緒に食べに行きましょう。

いつも心配かけてごめんね。おばあちゃんも暗い道を歩くときは、転ばないように足元を照らしながら歩いてね。マイペースで歩くおばあちゃんに並んで歩くのが大好きです。

2. 最近の自分の話をする

別々に暮らしていたり離れた土地で育ったり。大切に成長を見守り続けてきてくれたおじいちゃん・おばあちゃんだけど、いつも一緒に居られたわけじゃないから。最近どんなことをしているのか、どんな夢や目標に向かって頑張っているのか、どんな家庭を理想に描いているか。自分の言葉で伝えます。

最近の話から入る文例:

少し前話した英会話教室ですが、まだ通い続けられています。おばあちゃんに外国人の友人を紹介するのを目標に頑張っています。

遊びに行った時おばあちゃんが私に焼いてくれたパン、とっても美味しかったよ。私は最近週末にケーキを焼きます。結婚してからも、○○さん(新郎さん)や将来の子供たちのためにお菓子を作りたいと思っています。

先日お母さんに美味しいほうれん草の見分け方を教わりました。おばあちゃんに教えてもらったのよ、と言っていたので、私も娘か息子ができたら教えてあげたいです。

3. 長生きして欲しいと伝える

おじいちゃん・おばあちゃんへ宛てた手紙で一番伝えたいことは、「ありがとう」と「長生きしてね」です。

長生きして欲しいが伝わる文例:

お茶とお茶菓子を頂きながらおしゃべりする時間が大好きです。これからもいっぱい話がしたいから、元気で長生きしてください。

私たちがパパママになったら、親子4世代でディズニーランドに行くのが夢です。だからそれまで長生きしてね。

おじいちゃん・おばあちゃん大好きです!ずーっと元気で、長生きしてね!

感謝の気持ちを伝えよう!

新郎新婦さんが生まれた時、無事成長が伺えた時、進学進級していった時、そして大切な人にめぐり合い結婚式という日を迎えることができた今日この時。ご両親同様、喜んで感動してくれたおじいちゃん、おばあちゃん。

これからの毎日も、優しく見守り続けて欲しいから。おじいちゃん・おばあちゃんへ、結婚式という節目にいっぱいの感謝の気持ちを伝えましょう。

 

yamayuki

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧