これは助かる!コピペできる♡結婚式で贈る両親プレゼントに添えるメッセージ例文集

新郎新婦から両親へ、感謝の気持ちを込めて贈るギフト。モノだけでももちろん嬉しいけど、やっぱりメッセージがあった方が嬉しいというのが親世代の本音かも。花嫁からの手紙だけでなく、短いメッセージの中にも両親の心に刺さる一言を記したい!そんなプレ花さんたちのために、両親プレゼントに添えるメッセージ例文を集めてみました。

シンプルだからこそ心に響くメッセージを

両親ギフトに添えるメッセージは、それほど長い文章ではありません。短いからこそ、シンプルなメッセージが心を打つことも。ストレートな言葉で、感謝の気持ちやこれからの決意を伝えてみましょう。

  『○○年間大切に育ててくれて本当にありがとう。2人の子どもに産まれることができて私は幸せです』

親は子どもの幸せを願うもの。娘から「幸せです」という言葉が聞ければ、それ以上望むものはないのかもしれませんね。子育ての苦労も報われるような一言です。

 

  『お父さん、お母さん、いつも支えてくれてありがとう。結婚しても、ずっとずっと大好きだよ』

「大好き」という言葉は、ゲストの前で読む花嫁からの手紙では恥ずかしくてなかなか使えないかも?プレゼントに添えることで、飾らない素直な気持ちをさりげなく伝えることができそうです。

 

  『今まで育ててくれてありがとう。心から感謝しています。お父さんとお母さんに負けないくらい、笑顔の絶えない素敵な家庭を築いていきます』

結婚という節目を迎えて、新たなスタートラインにたつ新郎新婦。こんな心強いメッセージがあれば、両親も安心して見守ることができるはず。「心配しなくて大丈夫だよ」という想いを込めることもできそうです。

 

ギフトにちなんだメッセージの文例は?

花束や時計、オルゴールなど、両親へのプレゼントにもさまざまなものがあります。ギフトとリンクしたメッセージを添えれば、プレゼントに込めた想いもより伝わりそうですね。

 

《時計の両親プレゼント》


両親ギフトの定番となっている時計は、毎日目にしてもらえる実用的なアイテムでもあります。どんなメッセージを添えるとより感謝の気持ちを伝えられるでしょうか。

 『どんなときも優しく見守ってくれてありがとう。これからは離れて暮らすことになるけど、いつもお父さんお母さんと同じ時間を刻んでいます』

時計のプレゼントには、「一緒に時を刻みたい」という意味を込めることができるのだとか。結婚を機に実家を離れることになるプレ花さんは、「離れていても家族だよ」という気持ちを言葉にしてみましょう。

 

『今まで育ててくれてありがとう。これからはのんびりとした夫婦水入らずの時間を楽しんでくださいね』

子育てがひと段落した両親にゆっくりした時間を過ごしてほしい、という想いをメッセージにしてみても。これまでの感謝の気持ちと同時に、両親を思いやる気持ちが感じられます。

 

《子育て感謝状の両親プレゼント》


子育て感謝状や子育て卒業証書を両親へのプレゼントに選ぶ新郎新婦も増えています。写真やメッセージが入った世界にひとつだけのギフトは、両親の大切な宝物になるはず。

 『まだまだ未熟な私なので、これからもお父さんお母さんにはお世話になるつもりです!愛情いっぱいに育ててくれてありがとう!これからも末永くよろしくね』

今まで育ててくれたことを感謝する子育て感謝状ですが、娘、息子の成長を喜ぶ一方で、「遠くに行ってしまうみたいでなんだか寂しいな…」としんみりしてしまう方もいるのだとか。そんな両親には、こんな風に寂しい気持ちも吹き飛ぶメッセージを添えてみてはいかがでしょうか。

 

  『育ててもらった○○年間の感謝は伝えきれません。今までたくさん心配かけた分、これからは親孝行させてね』

育ててくれたことを感謝すると同時に、「これからは親孝行したい!」という気持ちを伝えてみても。すっかり頼もしくなったな、と両親も安心してくれるかもしれません。

 

《お箸の両親プレゼント》

「幸せのはし(橋)渡し」という意味を持ち、添い遂げる夫婦の姿になぞらえることもできるお箸のプレゼントも、両親へのプレゼントに人気のアイテムです。

  『家族で囲む食卓はいつもあたたかくて、私の大好きな場所でした。おいしいものをいっぱい食べて、これからもずっと元気でいてください』

家族での食事の思い出を振り返りながら両親の健康を願う一言を添えた、お箸ギフトならではのメッセージ。食事のたびにあたたかな気持ちに浸ってもらえそうです。

 

  『お父さん、お母さんのようにお互いを思いやる夫婦になることが目標です。2人で協力してがんばっていくから、見守っててね』

お箸をプレゼントに選ぶときは、両親のような仲のよい夫婦が私たちの理想!とメッセージを添えてみても。夫婦円満を目指す新郎新婦の想いが伝わります。

両親ぞれぞれに宛てたメッセージを添えても


両親一緒のメッセージじゃ物足りないという方は、それぞれに宛てたメッセージを添えるのもアリ!お酒好きのお父さんにはワインを、インテリアに凝ったお母さんにはプリザーブドフラワーをといったように、両親それぞれに異なるギフトを用意したいプレ花さんにもおすすめです。

  『お父さん、どんなときも味方でいてくれてありがとう。これからもずっと私の自慢のお父さんです』

 

  『わがままな娘で、お父さんには心配ばかりかけました。恥ずかしくてなかなか言えなかったけど、いつもきちんと叱ってくれてありがとう』

 

  『お母さんのようなお母さんになれるかな?まだまだ教えてもらいたいことがたくさんあります。これからは先輩としてもよろしくね』

 

  『お母さんの明るい笑顔が大好きです!いつも優しくあたたかく見守ってくれてありがとう』

個別にメッセージを送ることでより特別感が増しますね。メッセージカードやスペースに余裕があるときは、両親それぞれに向けた一言を考えてみてはいかがでしょうか。

 


短い文章の中にこれまでの感謝の気持ちを込めることはむずかしいですが、メッセージがあると両親へのギフトもより特別なものになります。花嫁の手紙とは違い、ゲストの前で読むこともないからこそ、多少くだけた表現を用いやすいのもポイント。どんなメッセージを添えようか悩んでいるプレ花さんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事