実践!結婚準備で距離が縮まった♡彼ママとの成功エピソード

両実家にも結婚報告を終え、いよいよ結婚準備へ。大好きな彼といっしょになれることに幸せいっぱいな気持ちの反面、「彼のお母さんとこれから仲良くやっていけるかな」と不安な気持ちを抱いている人もいるのではないでしょうか。

よく巷で耳にする嫁・姑問題のようなケースにはなりたくないものですよね。そこで、今回は結婚準備で彼ママと距離を近づけることができた!という先輩花嫁の成功エピソードをご紹介します。スムーズにことを運ぶためにも、早い段階で彼ママと仲良くなっておくことが大切。彼ママ攻略のヒントを探ってみましょう。  

結婚の先輩として、式準備の相談を彼ママにしてみる

「結婚式準備を進めるにあたっていろいろと決めないといけないことがあるのに、彼の仕事はちょうどその頃繁忙期で、なかなか連絡が取れず困っていました。そこで、思い切って彼のお母さんに相談。私が悩んでいることを心配に思ってくれたのか、そこから少しずつ『式の準備は大丈夫?』と彼のお母さんから連絡が来るようになり、結婚式の準備で迷ったりしたときには彼のお母さんに相談するように。親身に相談に乗ってくれるようになり、気づけば仲良しになっていました。いまではそんなお母さんは、彼と喧嘩したときはいつも私の味方になってくれます」(30代女性)

結婚の先輩として、彼ママを頼ってみるのも方法。誰だって頼りにしてもらえるのはうれしいものです。彼ママも例外ではありません。「〇〇くんのお母さんの結婚式のときはどうだったんですか?」、「〇〇くんのお母さんだったらどうしますか?」など、積極的に相談や質問をしてみましょう。

結婚式準備では、招待する親族や席順など彼だけでは判断できないこともたくさんあります。彼ママに直接相談する方が、彼ママの意向も汲み取りやすいうえ、彼を通して聞いてもらうよりもスムーズに式準備を進めることができるため、一石二鳥ですよ♪

 

顔合わせで手作りのしおりを用意する

参考:顔合わせ会しおりDIY手作りキット 

「両家初めての顔合わせでは、『会話が弾むかな…』、『スムーズに進行できるかな…』と不安や心配が尽きませんでした。そこで友人から教わったのが、顔合わせのためのしおりを手作りすること。ネットで作り方を検索して、当日のプログラムのほか、両家の家族プロフィール、子どもの頃の写真なども盛り込んだものをパソコンで作成し、当日彼と私の両親に手渡しました。すると、『〇〇さん、すごいわね!忙しいなかこんな手の込んだものを作ってくださったんですね』とお褒めの言葉を頂けました。また、しおりをもとに『へ~!お父様は釣りが趣味なんですね!』、『この写真を撮ったとき実は…』と会話も大盛り上がり。また、私たちのLINEのアドレスも記載しておいたので、顔合わせが終わった日の夜に彼のお母さんから『これから〇〇のことよろしくお願いしますね』と連絡が。それをきっかけにLINEでもちょこちょこやり取りするよう関係になることができました」(20代女性)

インスタでも広まりつつある、顔合わせのしおり。内容に決まりはありません。当日の進行の流れや二人の馴れ初め、趣味や年齢などを紹介した家族みんなのプロフィールなど、自由に記載してOKです。作り方もイチから手作りする方法や、既存のテンプレートを利用する方法などさまざま。専用のDIYキットなども販売されており、なかには印刷まで請け負ってくれる業者もいるので、忙しい人にもおすすめです。

両家の顔合わせでは、当事者である二人はもちろんですが、両親も同じように緊張しているもの。それは彼の両親も同じです。そのため、手作りのしおりをきっかけに、会話が弾むことも。そのほか、スムーズに進行するのにも役立ちます。このさりげない心遣いに彼ママからのあなたの印象もアップするかも!?

この商品見る

 

彼ママにご挨拶した後は電話と手紙でフォロー

参考:花嫁からの手紙

「彼のお母さんは礼儀にとても厳しい人で、幼いころはよく叱られたとのエピソードを彼より聞いていました。そのせいで、『彼のご両親に気に入ってもらえなかったらどうしよう…』と、結婚報告で彼の実家へ挨拶に伺ったときはガチガチに緊張してしまい、口数少なくうまく振舞うことができなかった私。かなり落ち込みましたが『終わってしまったことは仕方ない…。とにかくアフターフォローしなければ!』と思い、顔合わせをした日の夜に彼に電話をかわってもらい、『今日はお忙しい中ありがとうございました』と彼のお母さんに一言お伝えしました。またその3日後には、手紙での挨拶文も郵送。すると彼から『〇〇さんは、礼儀がしっかりしているわね。ちゃんとご両親がしつけなさって大切に育てて来られたのが分かるわ』と言っていたよとの報告が。その後、何度かお食事にも誘っていただけるようになり、結婚した今では彼のお母さんと二人でショッピングに出かけるほどの仲に。やっぱり最初の印象は大切なんだなと感じました」(20代女性)

結婚の挨拶や、顔合わせ、結納などを終えたタイミングで「今日はありがとうございました」ときちんとお礼を伝えることは大切です。何度かお会いしている間柄なら電話だけでもOKですが、そうでない場合はより丁寧な印象のある手紙もプラスするのがベスト。内容は、時間をとってくれたことへのお礼、もてなしてくれたことや結婚を認めてくれたことへの感謝の気持ち、今後のふたりの豊富など。形式的な内容とならないよう、できるたけあなた自身の言葉や気持ちも入れ込むようにするのがポイントです。

良好なファーストステップを切ることができれば、彼ママもあなたを家族として受け入れようという気持ちに自然となってくれるはず。結婚の挨拶や顔合わせの予定がこれからある人は、ぜひ電話&手紙でお礼を伝えてみて下さい。

この商品を見る

 

結婚式準備は、彼ママと距離を近づける絶好のチャンス!

彼との幸せな結婚を望むのであれば、彼ママの存在は無視できません。しかし、彼ママと良好な関係を築くことができれば、いざというときもあなたを味方してくれる心強い存在となってくれることもあるかもしれません。結婚式準備は、彼ママと距離を近づける絶好のチャンスです。ここで紹介した先輩花嫁の成功エピソードを参考に、あなたも彼ママと素敵な関係を築いてくださいね。

 

 

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事