結婚の承認はゲスト!立会人の問いかけ文例~友人や両親編~

二人らしい挙式ができることから最近、人気なのが人前式です。人前式が人気である理由のひとつに、誓いの言葉である「結婚宣言」を自由に演出できることがあります。

今回はよりユニークな結婚宣言である「立会人の問いかけに応えるスタイルの結婚宣言」の文例をご紹介します。新郎新婦だけではなく、ゲストにも印象に残るオンリーワンの結婚宣言を見つけましょう。

人前式の結婚宣言

ユニークな結婚宣言を行うカップルが増えている中で、立会人が問いかけをし、新郎新婦が応えるスタイルの結婚宣言も増えています。立会人とはなにか、また立会人が問いかけをする結婚宣言とはどのようなものなのか確認しましょう。

人前式ならではのオリジナリティある演出方法について詳しく知りたい方は『自由な人前式スタイルだからできる!ふたりらしい演出アイデア♡』をチェック!

 

人前式の立会人とは

人前式には宗派や伝統に沿ったルールやしきたりがありません。教会式や神前式のように神様に対してではなく、人前式は新郎新婦が招待したゲストを証人として愛を誓います。つまりゲスト全員を「立会人」として、誓いを立てるのです。

立会人の中から、カップルのそばで誓いを見守ったり、結婚証明書に署名をしたり、式の進行をしたりするための「代表」が必要です。立会人代表は誰でも構いません。プロの司会者に依頼してもいいし、両親や友人、会社の先輩など、新郎新婦と親しい間柄のゲストから選んでも構いません。

「立会人代表」のことをシンプルに「立会人」ということもあり、この記事でも立会人代表を立会人と呼びます。

 

立会人の問いかけで進行する結婚宣言とは?

自由なスタイルで行うことができる人前式は、結婚宣言もオリジナルな誓いをすることが可能です。一般的に「結婚宣言」は新郎新婦が行うものですが、人前式ではどのようなスタイルの結婚宣言でも構いません。
 

 

ユニークな結婚宣言のひとつに、立会人の問いかけに新郎新婦が応えながら誓いをするスタイルがあります。定番の文例で結婚宣言をすれば厳かな雰囲気がでますが、立会人の問いかけに応える結婚宣言はアットホームな雰囲気になります。二人らしい式になり場も盛り上がるので、新郎新婦だけではなくゲストにもより心に残る式になることでしょう。

 

立会人の問いかけ文例

自由に演出できる人前式ですが、おめでたい場ですので使ってはいけない言葉やマナーに気をつけなければなりません。つづいて友人や両親が立会人の場合に、立会人の問いかけに対して新郎新婦が応えるスタイルの結婚宣言の文例をご紹介します。文例を参考に、より印象的で場が盛り上がる挙式にしましょう。

 

立会人の問いかけ文例~友人編~

楽しいときだけではなく、辛いときや苦しいときも時間を共有してきた友人だからこそできる結婚宣言があります。新郎新婦の人柄が感じられたり、エピソードを盛り込んだりすると、オリジナリティある結婚宣言になります。

 

新郎新婦の人柄が感じられる問いかけ

 icon-chevron-circle-right 新婦の友人から新郎へ

友人:(新郎の名前)さん、新婦はやさしく心穏やかな女性ですが、マイペースなところもあります。焦らずゆっくり見守ってくれますか?

新郎:はい、誓います。

友人:新婦は(新郎の名前)さんのために料理の特訓中です。いつもおいしく、残さずに料理を食べてくれますか?

新郎:はい、約束します。

 

 icon-chevron-circle-right 新郎の友人から新婦へ

友人:(新婦の名前)さん、新郎は明るく陽気な性格です。ときにはダジャレも言いますが、笑って受け止めてくれますか?

新婦:はい、誓います。

友人:私たち友人にとって新郎はかけがえのない仲間です。数か月に1度は、私たちと飲みに行くのを笑顔で送り出してくれますか?

新婦:はい、約束します。

 

新郎新婦とのエピソードを交えた問いかけ

 icon-chevron-circle-right 新婦の友人から新郎へ

友人:(新郎の名前)さん、新婦はだれにでも心優しい女性ですが繊細で傷つきやすいところがあります。新婦の話をよく聴いて励ましてくれますか?

新郎:はい、約束します。

友人:新婦はしっかりしているように見えますが、実は方向音痴です。よく道に迷うので、手をはなさず、いつも(新郎の名前)さんが新婦を引っ張ってくれますか?

新郎:はい、誓います。

 

 icon-chevron-circle-right 新郎の友人から新婦へ

友人:(新婦の名前)さん、新郎はいつも私たち友人に、「(新婦の名前)さんのことが大好きだ」と言っています。新郎の愛情を優しく受け止めてくれますか?

新婦:はい、誓います。

友人:新郎は食べることが大好きです。ときには新郎に夕食のリクエストを聞いてくれますか?

新婦:はい、約束します。

 

立会人の問いかけ文例~両親編~

新郎新婦を幼い頃から見守り、だれよりも大切に想ってきたのが両親です。両親からの問いかけは愛情いっぱいで、ユニークな結婚宣言にも感動的な結婚宣言にもすることができます。

 

感動的な問いかけ

 icon-chevron-circle-right 新婦の両親から新郎へ

両親:(新郎の名前)君、(新婦の名前)は私たちにとって大切な娘です。少し寂しがりやなところがありますが、いそがしいときも苦しいときも幸せにしてくれますか?

新郎:はい、誓います。

両親:今は元気な(新婦の名前)ですが、小さい頃は病気で入院もしていました。ふたりで健康管理に気をつけて元気に過ごしてくれますか?

新郎:はい、約束します。

 

 icon-chevron-circle-right 新郎の両親から新婦へ

両親:今日から私たちの家族になってくれる(新婦の名前)さん、(新郎の名前)とふたりで幸せな家族を築いてくれると約束してくれますか?

新婦:はい、誓います。

両親:(新郎の名前)はマイペースで優柔不断なところがあります。なやんでいるときは(新婦の名前)さんが引っ張ってくれますか?

新婦:はい、約束します。

 

新しく家族となることを歓迎する問いかけ

 icon-chevron-circle-right 新婦の両親から新郎へ

両親:今日から家族の一員となる(新郎の名前)君、マイペースでおっとりとしている(新婦の名前)ですが、ふたり仲良く幸せな家庭を築いてくれますか?

新郎:はい、誓います。

両親:(新婦の名前)は私たちの大切なひとり娘です。いそがしいとは思いますが、ときには私たちに会いに来てくれますか?

新郎:はい、約束します。

 

 icon-chevron-circle-right 新郎の両親から新婦へ

両親:今日から私たちの娘になる(新婦の名前)ちゃん、(新郎の名前)はまじめですが融通の利かないところもあります。温かく見守ってくれますか?

新婦:はい、約束します。

両親:(新婦の名前)さん、(新郎の名前)はしっかりして見えますが、実はトマトが食べられません。料理のメニューを考えるのはたいへんですが、大目に見てくれますか?

新婦:はい、約束します。

 

まとめ

今回はユニークな結婚宣言である「立会人の問いかけにより式が進行する結婚宣言」の文例をご紹介しました。立会人ならではの新郎新婦とのエピソードや人柄がわかることで、和やかで盛り上がる、ユニークな結婚宣言になります。

紹介した文例を参考にオンリーワンの結婚宣言をして、新郎新婦だけではなくゲストにとっても、より思い出深い式にしてくださいね。

 

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。