これぞ気が利く新米妻!結婚式が終わったらお礼のメールをしよう!【文例集付き】

結婚式を無事に終えても、花嫁としてやるべきことはまだ残っています。それは、結婚式に参列してくれたゲストにお礼の挨拶を行うことです。式後は新婚旅行や新居の準備に追われ、お礼を伝え忘れてしまいがちですが、自分たちの新たな門出を祝ってくれた人へしっかりと感謝の気持ちを伝えることはとても大切なこと。きっと「気が利く花嫁だな」と思ってもらえるはずです。そこで、今回はどんな内容を送ればよいのか、友達編や上司編などに分けて文例をいくつかご紹介します。

 

お礼のメールを送るときに押さえておきたいポイント

お礼のメールを送る際には、気をつけておきたいポイントも。どのような点に配慮しないといけないのか確認しておきましょう。

 

送るタイミングはなるべく早い方がよい

お礼のメールを送るタイミングは、できるだけ早く送るのがベター。相手が「お礼の連絡がまだないなぁ」と思わせてしまってからのタイミングで送ってはアウトです。遅くても式後1週間以内には送るように意識しましょう。また、特に目上の方や結婚式で受付やスピーチ、余興など何か役割をお願いした人へは、優先的に早く送っておきたいところ。式後2~3日以内に送ることを目指すようにしましょう。

 

事務的なお礼内容にならないようにする

メールを送る際、どのような文面にするのかも大切です。「お忙しい中ご参列いただきありがとうございました」とよくある文章だけで終えてしまうと、「事務的なお礼だな」と受け取られてしまうこともあるかもしれません。結婚式を思い出しながら何かほんの少しエピソードを付け足すようにしましょう。例えば、「〇〇のスピーチを聞いて、両親がいい友達を持ったなって感動していたよ」や、「〇〇さんの乾杯の発声、とっても印象的でした」など。具体的なエピソードをプラスすると、より感謝の気持ちが伝わりやすいでしょう。

 

短く読みやすい文章を意識する

メールは長い文章になってしまうと、読みづらくなってしまいます。そのため、1文が長くなりすぎないように意識することも大切。句読点を入れられる箇所にはしっかり入れることや、適宜改行したりするようにして、見やすさも重視するようにしましょう。

では、次で実際にメールを送る際の文例をご紹介しましょう。

お礼のメール文例①【友達編】

〇〇ちゃんへ

このあいだは私たちの結婚式に出席してくれて、本当にありがとう。そのうえ、スピーチまで引き受けてくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

スピーチを聞いて、〇〇ちゃんとたくさん素敵な思い出を作ったなってしみじみしちゃったよ。あのときもらった手紙は私の一生の宝物です。

結婚しても〇〇ちゃんと、今までみたいにいろいろ遊びに行きたいと思っているのでこれからも変わらずよろしくね。新居は少し遠くなってしまうけれど、ぜひまた遊びに来てね。今度ゆっくりご飯に行こうね!

 

親しい友人にお礼のメールを送る際は、普段メールを送るような感じの文体でOK。形式ばる必要はありません。結婚式に来てくれたことへのお礼、そしてこれからもよろしくねという変わらぬお付き合いを願う気持ちを忘れずに入れておけば、あとは自由に書いて大丈夫です。普段伝えられていないこれまでの感謝の気持ちを、ここで伝えてみるのもいいですね。あなたらしい内容を盛り込んで、お礼の気持ちを伝えてみるようにしましょう。

 

お礼のメール文例②【上司編】

〇〇様

先日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にご出席いただきまして、誠にありがとうございました。

そのうえ、乾杯の挨拶のときには、激励のお言葉をちょうだいし、主人ともどもとても感動しました。家族も「素晴らしい上司に恵まれたね」と喜んでおりました。

未熟な二人ですが、今後も〇〇様の教えを胸に、協力し合いながら頑張っていく所存でございます。どうぞ末永くご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

本来ならば直接お会いしてご挨拶するべきところではありますが、まずは略儀ながら取り急ぎメールにてお礼申し上げます。

 

ひと昔前はお礼を伝えるのは直接、もしくは手紙というのが主流でしたが、現代においてメールでお礼を伝えるのは失礼という考え方はあまり当てはまらなくなってきました。しかし、年配の方においてはメールで伝えると失礼と感じる方もいるかもしれません。そのため、メールで伝える際は相手をしっかり見極めることが大切。また、メールでお礼を伝える際は、「取り急ぎながらひとまずメールにて失礼します」といった文言を最後に付け足しておくとより丁寧です。メールを送った後も、職場で顔を合わせた際には再度直接お礼を伝えるようにしましょう。

 

お礼のメール文例③【親戚編】

〇〇おばさん

先日は、私たちの結婚披露宴に出席していただき、本当にありがとうございました。おかげさまで、無事結婚式を終えることができました。

結婚式の準備をするにあたって、昔のアルバムを開く機会があったのですが、〇〇おばさんに抱っこしてもらっている小さいころの写真がたくさん出てきて、当時の〇〇おばさんとの思い出がたくさんよみがえってきました。そんな〇〇おばさんに花嫁姿を見てもらえて、とてもうれしかったです。

また、近いうちに△△さんといっしょにあいさつに伺います。また、私たちの新居にもぜひ遊びに来てくださいね。

 

親戚にお礼のメールを送る場合は、その方との関係性にもよりますが、普段からお世話になっている人であれば、そこまでかしこまらなくても大丈夫です。昔の思い出やエピソードを盛り込んで、あなたらしさが伝わる内容となるように意識しましょう。また、パートナーであるご主人と「二人で改めて挨拶に伺いますね」と書いておくと、より感じよく伝わります。その際は、いっしょに撮影した写真なども用意して手渡せるとよいでしょう。

 

結婚式が終わってからの気遣いも大切!

結婚式後は、無事終えたことについ安堵してしまいがちですが、忙しい中参加してくれたゲストへの気遣いを忘れてはいけません。結婚式に招待したゲストの人はきっと大切な存在の人ばかりのはず。ふたりの今後のためにも、式後はすみやかにメールで挨拶を行うことが大切。ぜひ、「素敵な結婚式だったね」と言ってもらえるようにしたいものですね。

 

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事