ブライズメイドの次なるブームは「グルームズマン」?!

先日ブライズメイドについてご紹介しましたが、最近では国内でもだいぶ認知されてきましたね。実際に結婚式で取り入れる花嫁さんも多くなってきています。そこでちょっと知っておきたい「グルームズマン」のこと。聞きなれないこのワード、最旬ウェディングには必須かも…?!

「グルームズマン」ってなに?

今、初めて聞いた! なんていうプレ花嫁さんも多いかもしれません。グルームズマンとは、ひとことで言えばブライズメイドの男性版のこと。「アッシャー」とも言います。日本ではまだ知らない人も多くマイナーですが、欧米では新婦側につくブライズメイドと同様に、新郎側にはグルームズマンがつきます。グルームズマンの役割はブライズメイドと同じ。結婚式の準備をはじめ、当日は立会人として新郎側に立ち、挙式、披露宴のサポートをします。

グルームズマン出典:/ww.theknot.com

 

グルームズマンの由来は?誰がつとめる?

グルームズマンの由来はブライズメイドと同じ。中世のヨーロッパでは、幸せを妬む悪魔が結婚式にやってくると信じられていて、その悪魔から新郎新婦を守るために、友人や親族たちが同じような服装をして付き添って悪魔の眼をごまかした、というのが由来です。グルームズマンは新郎側の親しい友人や兄弟、親族がつとめることが多く、人数はブライズメイドに合わせます。グルームズマン出典:/ww.theknot.com

 

グルームズマンのすべきことって?

基本的な役割はブライズメイドと同じ。挙式、披露宴、二次会の準備などを手伝います。日本で行われることは少ないと思いますが、海外ではバチェラー・パーティーの企画も役割のひとつ。バチェラー・パーティーとは、新郎の結婚前に親しい友人たちと集まってワイワイ騒ぐ、独身最後のお別れパーティー。ちなみに新婦側はバチェロレッテ・パーティーと言います。ほかには、バージンロードを敷いたり、ブライズメイドのエスコート、披露宴のサポート、ゲストの案内役、二次会の進行など盛りだくさん。とはいえ、これは海外の場合の話なので、日本ではここまでのサポートをすることはほとんどなく、人前式で新郎に付き添う、くらいが多いでしょう。14-groomsmen-gingham-black-ties-yellow-boutonnieres出典:http://www.weddingobsession.com

wedding-groomsman-superhero-accessory-5出典:http://www.weddingobsession.com

衣装はどんなものを着る?

ブライズメイドはドレスのデザインやカラーを統一するのが一般的ですが、グルームズマンの場合はスーツのスタイルや色をそろえます。新郎と同じカラーのスーツやベスト、シャツを着たり、小物ではネクタイや蝶ネクタイ、ポケットチーフをそろえるなど、衣装に一体感を出して結婚式を華やかに盛り上げます。胸元には新郎と同じブートニアを飾ります。フォーマルスーツを全員分そろえるのは金銭的にもなかなか大変なので、ポイントに絞ってアイテムをそろえる方が負担がなく、取り入れやすいのでおすすめです。そして、衣装は結婚式のテーマにそって決めること。ブライズメイトとのバランスもきちんと考慮しましょう。グルームズマン出典:/ww.theknot.com

 

女性だけじゃない! 男性だって自由&ユニークに楽しんで

カジュアルなパーティーが増えている近頃では、趣味やユニークなテーマを軸にした自由度の高い結婚式が多くなってきています。そんなウェディングシーンにも映えるグルームズマン。基本的なルールや配慮はもちろん必要ですが、結婚式のテーマやムード、イメージに合った衣装であれば、そのセレクトは様々です。

normal_personalised-groomsman-socks

出典:http://www.notonthehighstreet.com/

おそろいのサスペンダーをプラスしたり、靴下の色柄を同じにしたり、中にはグルームズマン全員がスニーカーで登場! なんていう演出もあり。人気のガーデンウェディングにもぴったりです。ラフなパーティーならではのちょっと個性派ルックや、遊び心のある衣装をみんなで着るのも楽しそう! おそろいの衣装と言えばブライズメイドというイメージが強いですが、女性側だけでなく、男性側のゲストも一緒に会場に華を添えてみては?グルームズマン出典:http://marypkarnes.com

グルームズマンについて、わかっていただけたでしょうか。ブライズメイドが浸透してきている今、次なる演出としてブームが来る日は近いかも?! 日本で挙げる場合は海外のようにすべき役割は多くないですが、おそろいの衣装を着て参加するだけでも会場は盛り上がり、ビジュアルアップすること請け合いです。主役の新郎新婦はもちろん、きっとゲストみんなの記憶に残る結婚式になるはず!ぜひ、ブライズメイドと合わせて取り入れてみてくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事