両親プレゼントには特別感が断然違う贈呈用フォトフレームを贈ろう

幸せな瞬間をいつまでも残してくれる記念品フォトフレーム。普段使いのプレゼントと、結婚式の記念品に贈られるフォトフレームにはどんな違いがあるのでしょうか。結婚記念品でフォトフレームが選ばれる理由とオーダー時に役立つポイントをご紹介します。

参考:ガラスフォトフレーム子育て感謝状「ボタニカル」

記念品に選ばれるフォトフレームの特徴

インテリアショップでも気軽に手に入るフォトフレームですが、結婚式の記念品贈呈に選ばれるアイテムにはいくつか特別感が出せるポイントがあります。しっかり押さえて、残せる思い出と感動演出の両方を叶えましょう。

記念品らしさその1:名入れができる

多くのアイテムでメッセージカードを添えるのではなく、記念品自身にお二人や新郎さん・新婦さんのお名前を添えることが可能です。フォトフレームの名入れできるアイテムは、日本語or英語や書体のスタイルはデザインに合わせて指定されていてとってもおしゃれ!主張しすぎず特別感を演出してくれます。

この商品をみる

記念品らしさその2:日付が入れられる

ご両親やおじいちゃんおばあちゃんにとっても、お二人の結婚式は特別な日になります。プレゼントを選ぶ際には、贈呈する当日の日付が入れられるものを選ぶ他に、生まれてから結婚式までの一緒に過ごした「カウント日数」を添えられるものも。名入れ×特別な日付で、世界に1つの特別な贈り物が完成します。

この商品をみる

記念品らしさその3:メッセージが添えられる

贈るときは可愛いメッセージカードを別で添えるのも忘れないで。でも写真を入れるところがメッセージスペースになっていれば、ざわざわした会場でも手渡すときに感謝の言葉が見えて、一目で気持ちが伝わります。ご両親も思わずウルウル…。

この商品をみる

写真のセッティング方法は2種類

写真を飾るのためのスペースがあるフォトフレームですが、実はアイテムによって先入れと後入れが選べます。使いたい写真が用意できるタイミングや大きさに合わせて選びましょう。

届いてから写真をセッティング

ベーシックなフォトフレームタイプ。背面のカバーを開けたりスライドさせたりして、台紙に合わせたサイズの写真をご自身でセッティングします。

この商品をみる

注文時に希望の写真を入稿して直接プリント

アイテムのデザイン台紙に直接プリントされるタイプ。アイテムの注文時に使いたいお写真を合わせて(もしくは注文後改めて)専用サーバなどにアップロード、合わせて組み立てられます。

この商品をみる

それぞれのメリットとデメリット

あとで写真をセッティングできるタイプは何と言っても写真の入れ替えが可能なこと。写真が両親プレゼントオーダー時までに決まっていない、あとで入れ替えて使いたい写真があるときにはおすすめです。手元に届いたあとで手を加える必要があるので、意外とバタバタの挙式前は負担になることも。。…写真を選ぶ時間も含めて余裕のあるスケジューリングを。

アイテム自身にプリントするタイプは届いたものをそのまま渡せるのが魅力。写真をフレームに合わせてプリントしたりカットする手間は意外と侮れません。写真はあとで差し替えができないので選ぶ写真が限定される傾向に。お気に入りの前撮り写真や家族と過ごした赤ちゃんの頃の写真など印象的な一枚

この商品をみる

挙式当日以外にも!フォトフレームが喜ばれるタイミング

結婚式当日の贈呈シーンを感動的に演出してくれる記念品向けのフォトフレームですが、実は選ばれるのは当日だけではありません。「式はまだまだ先だけど」「式後、落ち着いてから改めて」それには以下の理由がありました。

式後のご挨拶に

あっという間に結婚式が終わり、ハネムーンや引っ越しをバタバタとすませ、やっとご両親やおじいちゃんおばあちゃんへ式後の挨拶に行くとき。当日たくさん撮った写真やムービーを持参しますよね。一緒に見ながら思い出を語ったり改めて感謝の気持ちを伝えます。そんなとき、とびきり笑顔の一枚を入れたフォトフレームをそっとプレゼント。挙式で記念品贈呈の演出をしなかった・祖父母には改めて・やっぱり形に残るものを渡したくなって。当日の写真を添えられるフォトフレームは後日プレゼントにもぴったりです。

式前の顔合わせ会にも

結婚式はまだまだ先だけど、顔合わせ会をすることが決まった!そんな家族最初のイベントに、写真を添えられる記念品を用意するのもおすすめです。これからはじまる結婚式準備にデキる花嫁さんをアピールしちゃいましょう♡

言葉より幸せ語る笑顔写真をプレゼント

結婚式の記念品には「今までありがとう」「これからもよろしく」そんな気持ちと一緒に「家族と過ごせて幸せ!この人と結ばれて幸せ!」そんな、贈られる方が嬉しくなれるメッセージが込められます。

自分の言葉でメッセージを添えてもいいけど、寄り添う二人の満面な笑顔が何よりも幸せを語ってくれるフォトアイテムは、結婚式のプレゼントにぴったり。華やかでいつまでも飾ってもらえるような、お二人らしいフォトフレームを見つけてくださいね。

選ぶのが楽しい!
フォトフレーム・写真立て

 

yamayuki

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事