• HOME
  • 花嫁の手紙
  • 新郎だって伝えたい!親への手紙読んでみる?文例付きポイント解説

新郎だって伝えたい!親への手紙読んでみる?文例付きポイント解説

披露宴のクライマックスにある感動の演出といえば「花嫁の手紙」です。しかし、育ててくれた両親へ感謝の想いを抱くのは、新郎だって同じはず。最近は、新郎が両親へ手紙を読むケースも増えています。

今回の記事では「花婿の手紙」を書くポイントや文例を紹介します。「手紙を読むのは照れくさいな」という方もいるでしょうが、結婚式は感謝の気持ちを伝える一生に一度の場です。せっかくの機会に、普段は素直に言えない感謝の気持ちを伝えてはいかがでしょうか。

 

花婿の手紙のポイント

花婿の手紙を読むタイミングや書くコツなど、ポイントを詳しくチェックしてみましょう。

 花婿の手紙を読むタイミングは?

披露宴の定番の演出といえば、「花嫁の手紙」です。披露宴はクライマックスにある花嫁の手紙で、式はより盛り上がり、感動的なものになります。

両親に宛てた手紙を読むタイミングは、ゲスト全員の視線が集まっている「花嫁の手紙の直後」がおすすめです。会場の雰囲気が感動的な雰囲気に包まれる中で、続いて新郎からの手紙を読みます。新郎のご両親は思いがけない息子からのサプライズに喜び、感動することでしょう。また、手紙の書き出しや結びは、列席してくれたゲストへの謝辞にすることもできます。

ちなみに新婦に宛てた手紙を読む場合は、「花嫁の手紙の直前」がおすすめです。新婦は突然のサプライズに喜び、感動することでしょう。進行や司会をスムーズにするためにも、事前にプランナーにこっそり相談しておき、手紙を読むタイミングを伝えるのを忘れないようにしましょう。

 

花婿の手紙を書くコツ

いざ新郎が手紙を書こうと思っても何から書き始めたらいいか悩ましいですよね。続いて花婿の手紙を書くときのコツを紹介します。

基本の構成をチェック

花嫁の手紙と同じように、新郎が両親へ手紙を書く場合の基本的な構成は以下の通りです。

(1)書き出し

両親への感謝の気持ちや、なぜ手紙を書こうと思ったのかを書きます。

(2)エピソード

子どもの頃のことや、思い出に残った両親とのエピソードなどを紹介します。

(3)今後の抱負

これから新生活に向けての決意や抱負を述べましょう。

(4)結び

両親への感謝の気持ちを伝えます。新婦の両親への一言や、ゲストへの謝辞もおすすめです。

手紙は長すぎないのがポイント

披露宴のクライマックスは花嫁の手紙や謝辞などが続くため、長すぎる手紙はNGです。ゲストが飽きてしまいます。手紙は、ゆっくり読んで2~3分程度の量が理想的です。

新婦や新婦の両親への言葉も入れると◎

新婦や新婦の両親に宛てて一言メッセージを添えるのもおすすめです。新しい家族の一員となり、家族を大切に想う気持ちが伝わることでしょう。

新郎から両親への手紙~文例~

つづいて新郎から両親への手紙の文例を「(1)書き出し(2)エピソード(3)今後の抱負(4)結び」の構成ごとに紹介します。ぜひ参考にして、感謝の気持ちが伝わる手紙を書いてくださいね。

 

1)書き出し

例文1:手紙を書いた理由を伝える

お父さん お母さん
今日は、いつも照れくさくて素直に言えない感謝の気持ちを手紙で伝えたいと思います。

例文2:ゲストへ断りの一言を入れる

ご出席の皆様
本日はご多用のところ、私たちの結婚式に御列席いただき、誠にありがとうございます。この時間をお借りして、僕からも両親へ感謝の気持ちを伝えたいので、少しお時間を頂きたく思います。

 

2)エピソード

例文1:苦労をかけたことへの感謝

お父さん、お母さんへずっと言いたかったことがあります。思春期のときは反抗ばかりして、ふたりには迷惑をかけました。お父さんとは、口をきかないときが2カ月もありました。そんな僕を根気強く、温かく見守り続けてくれました。あのときは素直になれず言えませんでしたが、本当にごめん。そしてありがとう。

例文2:自分を支えてくれたことへの感謝

お父さん、お母さん、小学生のときから僕のサッカーを応援し続けてくれてありがとう。毎日のお弁当作りや試合の送迎など、いそがしい中でサポートしてくれたことを本当に感謝しています。落ち込んでいた日は励まし、練習をさぼりたい日は喝を入れて送り出してくれましたね。二人のおかげでずっとサッカーを続けることができました。ありがとう。

例文3:一人親の場合

お父さんがなくなってから、一人親で私たち兄妹を育てるのは大変だったと思います。しかし今思い出すのは、仕事や家事にいつも一生懸命がんばるお母さんの姿です。どんなにいそがしい日も、僕の学校や友達の話を笑顔で聞いてくれてありがとう。

 

3)今後の抱負

例文1:

今日僕は〇〇(新婦の名前)さんと結婚します。これから二人で笑顔あふれる明るい家庭を築いていきます。

例文2:

〇〇(新婦の名前)さんと結婚することを、心から喜んでくれてありがとう。お父さん、お母さんのように、互いを思いやり励まし合う夫婦になりたいです。

 

4)結び

例文1:両親へ

これからも健康に気をつけて、いつまでも仲の良い二人でいてください。迷惑をかけた分、親孝行するからね。

例文2:ゲストへ感謝の気持ちを述べる

ご列席の皆様
お世話になった皆様のおかげで、今日という日を迎えることができました。これからも私たちふたりをどうぞ温かく見守ってください。

例文3:新婦の両親へ一言

〇〇(新婦の名前)さんのお父さん、お母さん
私のことを新しい家族の一員として温かく迎えてくださり、ありがとうございます。〇〇さんと力を合わせて、幸せな家庭を築いていきます。 これからどうぞよろしくお願いします。

 

手紙をギフトとして渡す

「手紙を両親に書きたいけれど、読むのはやっぱり恥ずかしい!」という新郎の方は、手紙を読まずに渡すという演出もおすすめですよ。息子から手紙をもらう機会はなかなかないものです。まさかのプレゼントにきっとご両親も喜ばれることでしょう。

渡した手紙を形に残るギフトとして渡すのもおすすめです。『花嫁の手紙/木製刻印「リース」』は、手紙を木製ボードにレーザー彫刻して贈ることのできるリース型のギフトです。

花嫁だけではなく、花婿の手紙として贈ることもできます。カラーやフラワーなど好きなタイプのものを10種類から選べます。デザイン性が高いので、結婚式の後はインテリアとして飾って楽しむことができますよ。

リース型の木製レーザー刻印お手紙はこちら

 

まとめ

結婚式は感謝の気持ちを伝える場です。両親への手紙は、新婦だけではなく新郎が読んでもいいのです。普段、なかなか素直に言えない感謝の気持ちを、手紙で表現してはいかがでしょうか。ご両親にとって息子からの手紙は何よりの宝物になるはずです。

迷っている新郎さんは、今回の記事を参考に手紙を書いてはいかがでしょうか。

 

farbe

ウェディングshopファルベスタッフ

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧