やらなくってもいい!脱定番・結婚式演出!

結婚式ではさまざまな演出が行われ、会場を明るく華やかに、そして時には感動的に盛り上げます。結婚式といえば、花嫁の手紙やケーキ入刀など定番の演出を思い浮かべる方も多いでしょう。 しかしさまざまな理由から、カップルの中には定番演出をしたくない方もいらっしゃいます。そもそも定番の演出って必ずしなければならないものなのでしょうか?

今回は「脱定番・結婚式演出」として、みんなが当たり前のようにしている結婚式の演出ではなく、代わりとなる演出アイデアをご紹介します。恥ずかしがり屋の方も、オリジナリティあふれる式にしたい方も、ぜひチェックしてくださいね。

こんな方におすすめ!脱結婚式定番演出

結婚式には花嫁の手紙、ケーキ入刀など定番の演出がいくつかありますが、必ずしなければならない演出はありません。まずはどんな方に「脱定番・結婚式演出」が、おすすめなのかチェックしてみましょう。

恥ずかしがり屋の方

「とにかく注目されるのが苦手」「人前に立つと顔が真っ赤になって何も話せなくなる」という恥ずかしがり屋の方には、「脱定番・結婚式演出」がおすすめです。

結婚式の定番演出といえば、新郎新婦入場、ケーキ入刀、ファーストバイト、キャンドルサービスなど、ゲストの注目を集める演出が盛りだくさんです。とくに花嫁さんの場合は、披露宴のクライマックスにある「花嫁の手紙」に悩んでいる方もいるでしょう。

「式の間、緊張しすぎて式を楽しめそうにない」というのであれば、代わりとなる演出をすればいいのです。

 

オリジナリティあふれる式にしたい方

幸せあふれる結婚式ですが、ゲストの方にも楽しんでもらいたいですよね。しかし、何度も結婚式に参列したことのあるゲストであれば、定番の流れに沿って式が進むのを予測できてしまいます。

そこでおすすめなのが「脱定番・結婚式演出」です。二人らしさを表現したオリジナリティあふれる式になります。予想外の演出を行うことで、ゲストの印象により残る結婚式になることでしょう。

 

微妙な関係のゲストがいる場合

結婚式の演出にはさまざまなものがあります。卓上にディスプレイするペーパーアイテムも結婚式を彩る演出のひとつです。ゲストの中にあまり交流のない親戚や上司がいる場合は、席札メッセージを書くときに何と書いたらよいのか迷ってしまいそうですよね。また、両親との仲が良くない場合は、花嫁の手紙を書くときも複雑な気持ちになってしまいそうです。

結婚式はゲストに感謝の気持ちを伝える場ですが、新郎新婦が楽しんでこそゲストも楽しむことができます。無理して定番演出をする必要はありません。

 

脱結婚式定番演出例

それでは具体的に「脱定番・結婚式演出」を詳しく見ていきましょう。

脱!花嫁の手紙

披露宴のクライマックスに行われる定番演出といえば、花嫁の手紙です。しかし花嫁さんの中には「今まで育ててくれた感謝の気持ちを伝えたい」けれど、「人前で手紙を読むのが恥ずかしい」「両親へ宛てた私的な手紙をゲストの前で読みたくない」という方もいるでしょう。また、「両親と仲が良くないので素直に感謝の気持ちを伝えられない」という場合もあります。そんな花嫁さんは次のような方法で「脱!花嫁の手紙」ができますよ。

子育て感謝状をギフトで渡す

今まで大切に育ててくれたことを表彰するのが「子育て感謝状」で、両親への感謝の気持ちを表現できるアイテムです。花嫁の手紙の代わりに子育て感謝状を読み、両親へプレゼントします。手紙に比べれば読む量が少ないし、アイテムは大きくて顔を隠せるので、恥ずかしがり屋の方も安心です。

ガラスフォトフレームの子育て感謝状

「ガラスフォトフレーム子育て感謝状」はフォトフレームタイプの子育て感謝状です。クリアガラスにかわいらしいフラワーがちりばめられた華やかなギフトで、結婚式後もインテリアとして飾ることができます。

ガラスフォトフレーム子育て感謝状はこちら

 

手紙は書くけど読まずに渡す

花嫁の手紙は両親に宛てた、非常に私的な手紙です。「手紙は書くけどゲストの前では読みたくない」という方や「人前で読むのは照れる」という花嫁さんもいます。

花嫁の手紙ハートフラワー

参考:木製ボードに刻印する花嫁の手紙

読みたくないけど手紙は書きたいという方は、渡すだけでも構いません。結婚式は感謝の気持ちを伝える場です。せっかくの機会に、素直な気持ちをご両親へ伝えてはいかがでしょうか。

両親との関係が微妙で花嫁の手紙に悩んでいる方は:「本当は読みたくないけど…花嫁の手紙文例~家族が微妙な関係編~」もチェック!

 

特技を披露する

親と微妙な関係の仲の方など、手紙自体を書きたくない方もいるでしょう。手紙を書きたくない方は、子どもの頃から習っている楽器の演奏など、特技を披露するのもおすすめです。ご両親も立派に大きく成長した子どもの姿を見て、感動することでしょう。

 

脱!キャンドルサービス

結婚式といえば、キャンドルサービスのシーンを思い浮かべる方も多いでしょう。新郎新婦がキャンドルを持ってゲストのテーブルを回り、テーブルごとに設置されたキャンドルに火を灯す演出です。幻想的でロマンチックな雰囲気が漂うキャンドルサービスは、昔から人気のある結婚式の定番演出のひとつです。「よりゲストの記憶に残る演出をしたい」という方には、次のようなユニークな演出方法もありますよ。

ビールサーブ

新郎がビールサーバーを背負い、テーブルごとにビールを注いで回る演出です。ユニークで楽しい雰囲気になり、ゲストとも会話を楽しむことができます。上司や年配の親戚の方にも喜ばれる演出です。

パンサーブ

各テーブルを回り、ゲストにパンを配る演出です。お酒が飲めないゲストでも楽しむことができる演出で、会場はアットホームな雰囲気に包まれます。かわいらしいエプロンを付けて回りたいですね。

鏡開き

大きな樽酒を木槌でたたく鏡開き。ケーキカットやファーストバイトの代わりに鏡開きを行い、キャンドルサービスの代わりに酒を振る舞うのもおすすめです。

鏡開きには、酒樽のフタを鏡に見立てて「鏡を開いて運を開く」という意味があり、縁起の良い演出です。活気のある華やかな雰囲気の式になりそうですね。「ケーキカットやファーストバイトが恥ずかしい!」というカップルにもぴったりの演出方法です。

果実酒づくり

果実酒づくりはゲスト参加型の演出方法です。新郎新婦は氷砂糖の入った瓶を持って各テーブルを回り、ゲストにお好みのフルーツ入れてもらいます。最後にお酒を注いで果実酒を作ります。

ゲストとの会話を楽しみながら行うことができ、どんな味の果実酒になるのかも楽しみな演出です。時間に余裕がある場合は、瓶にメッセージを記入してもらうのも記念になりますよ。

 

脱!席次表

航海地図みたいな席次表ポルコ

参考:席次表Porco(ポルコ)

オリジナリティあふれる式にしたい方には、「脱!席次表」もおすすめです。日本では披露宴で、ゲスト一人ひとりに席次表を配り、各自に座席を確認してもらうスタイルが一般的ですよね。海外挙式では披露宴会場の入り口に置かれたシーティングチャートを見て、自分の席を確認します。

シーティングチャート席次ボード

最近、シーティングチャートを置くカップルも増えていますが、まだまだ知らない方も多いので、インパクト大のはず。こだわり抜いて作成すれば、二人らしいオリジナリティあふれるシーティングチャートが完成することでしょう。結婚式が終わっても思い出のアイテムとして残すことができます。

シーティングチャート席次ボード

おすすめのシーティングチャートは、見ているだけで和やかな気持ちにさせられる「ウェルカムボード×シーティングチャート」です。これから始まるウェディングにワクワク感が高まるかわいらしいデザインです。オプションで一人ひとりにコメントをプラスすることも可能です。

おすすめのシーティングチャートはこちら

 

脱!席札メッセージ

席札メッセージ

披露宴の卓上にある定番アイテムといえば、席札メッセージです。ゲストが自分の席を確認するための席札ですが、悩ましいのが席札裏に書くゲスト一人ひとりへ宛てたメッセージです。メッセージを書くのが苦手な方やメッセージを書く時間がない方、上司や年配の親戚などメッセージを書きづらいゲストが多く出席している場合は、席札メッセージを苦痛に感じる方もいるでしょう。

グラフィック席札

メッセージは「絶対に書かなければならない」というわけではありませんが、何も書かれていなければ、ゲストは少し寂しい気持ちになるかもしれませんね。書かない場合は、メッセージを書く必要がないデザインの席札を選びましょう。

ランチョンマット席札メニュー表付き

結婚式の料理を楽しみにしているゲストは多いはず。席札とメニュー表が一体になったデザインの席札を選んではいかがでしょうか。「ジュール 席札メニュー表」はクラフトランチョンマット風のデザインで、これから運ばれる料理がますます楽しみになりそうなアイテムです。こだわり派の方にも作成する時間がない方にもぴったりのアイテムです。

ランチョンマット風席札を見る

 

まとめ

今回は「脱定番・結婚式演出」をご紹介しました。定番の演出はもちろん素敵ですが、どこかでオリジナリティを出したい方や恥ずかしがり屋の方は、脱定番演出を行ってもいいのです。
結婚式は一生に一度のハレの日です。新郎新婦もゲストも楽しめる演出を行いながら、結婚式を盛り上げてくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事