【保存版】今さら聞きにくい…結婚式のペーパーアイテムって何のこと?

結婚式は準備物が多くて何かと大変ですよね。その中でも、結婚式のいろんなシーンでゲストの目につくペーパーアイテムは準備が肝心。きちんと準備しておけば、結婚式をもっと盛り上げてくれるでしょう。今回は“ペーパーアイテム”と聞いてもピンと来ない…そんな人に向けた情報をご紹介します。結婚式のペーパーアイテムにはどんなものがあるのか、準備するタイミングなどをチェックしていきましょう。

 

結婚式のペーパーアイテムって何?アイテム例をチェック

結婚式のペーパーアイテムは、結婚式のスムーズな進行のために使われる紙のアイテムのこと。ペーパーアイテムにはいくつか種類があるので、まずは例を見ていきましょう。

招待状

招待状は、ゲストに結婚式のことを知らせるペーパーアイテムです。日時や場所を知らせたり、出欠を取ったりするために使います。

招待状といえばメッセージカードのようなものを思い浮かべるかもしれませんが、リボンやストーンの装飾があるもの、小包風にアレンジしたものなど一工夫されたデザインの招待状も種類豊富にあります。新郎新婦の好みに合わせるのはもちろん、ゲストにとって結婚式が楽しみになるような招待状を選びましょう。

結婚式の招待状

席次表

席次表は、結婚式の受付でゲストに手渡します。席次表には披露宴会場での席の位置が書かれているので、ゲストが自分の席を探すために必要です。また、席次表に書かれたゲストの名前から、どんな人が招待されているのかを知ることもできます。

結婚式の席次表

席札

席札は、ゲストのお名前が書かれた紙で、ひとりひとりの席に置いておきます。席次表を見て自分の席を見つけたゲストを誘導する役割を持ちます。ゲストがテーブルのどの位置に座るかをご確認いただきスムーズにお席にご案内することができます。

二つ折りのタイプなどスペースがあれば、新郎新婦からゲストへ手書きのメッセージを入れるのもおすすめですよ。

結婚式の席札

メニュー表

メニュー表は、披露宴で出される料理内容が書かれたものです。デザインにこだわったものはテーブルコーディネートにも一役かってくれます。席次表の裏にメニュー表を印刷するなど他のペーパーアイテムとまとめたタイプもあります。

結婚式のメニュー表

装飾品など

待合や披露宴会場などに飾るガーランド、ペーパーフラワーも結婚式のペーパーアイテムです。これらは“結婚式を華やかに演出するもの”になります。また、記念撮影用の小道具であるフォトプロップスもペーパーアイテムのひとつ。最近ではフォトプロップスも結婚式に欠かせないペーパーアイテムとされ、準備している新郎新婦が多くなっています。

フォトプロップスにもなる席札メニュー表

 

招待状や席次表などのアイテムごとにそれぞれデザインを変えるのもありますが、同じデザインでそろえて統一感を出す方法もあります。まずは必要なペーパーアイテムをリストアップし、どうやって用意するか、デザインをどうするかなどを決めていきましょう。

同じデザインでそろえて統一感を出した席次表と席札

 

ペーパーアイテムを準備するタイミングは?

結婚式のペーパーアイテムを準備するタイミングは、式の3ヶ月から半年前が一般的とされています。ペーパーアイテムの準備以外に、会場や衣装のことを決めるプランナーとの打ち合わせもあるので、なるべく早めに準備しておくと直前のバタバタを回避できますよ。

最初に準備するのは

結婚式のペーパーアイテム準備で最初に取り掛かるのは、招待状です。一般的に、結婚式の2~3カ月前にゲストに手渡し、または郵送でお届けします。招待状はゲストからの返信待ちになるので、取り掛かるときは時間に余裕を持たせておくのがポイント。

ギリギリになると、ゲストに返信を急がせることになる、期限を過ぎても返信のないゲストへの対応に時間がかかる、などの問題が発生します。招待状の準備はなるべく早めに取り掛かるようにしてくださいね。

参考:半券付チケット招待状「ノーブル」

 

招待状の次は席次表、席札

招待状の送付が終わったら、席次表作りをはじめましょう。出席者はゲストの返信確認後に確定するので、まずは席次表のデザインやレイアウト決めから。すべてのゲストから出欠確認が取れてから印刷にとりかかれるよう準備をすすめます。変更があった場合、全部刷りなおしになってしまうので注意しましょう。

席札はひとつひとつ印刷するものなので、変更があった場合も差し替えがききます。時間に余裕がない場合は先に席札をすすめておくなどすればよいでしょう。

装飾品の準備はどのタイミングではじめてもいいのですが、プロに依頼する、手作りする、何をどれだけ用意する、などを考えて、トータルでかかる時間を見積もってから取り掛かるといいですよ。

 

クオリティにこだわりたいならプロに依頼しよう

「クオリティの高いペーパーアイテムを結婚式で使いたい」そんな新郎新婦はプロへ依頼するのがおすすめです。プロに任せるとそれなりに費用はかかりますが、そのぶん結婚式にふさわしい素敵なペーパーアイテムをそろえられます。ここではプロに依頼するときの注目ポイントを見ていきましょう。

依頼先によって価格に差がある

式場や結婚式小物の通販サイトなど、依頼先によって大きく差が出るのが価格。式場に依頼すれば打ち合わせの段階でまとめて準備できますが、価格的には高くなります。空き時間を利用していつでも準備を進められる結婚式小物の通販サイトも、選択肢のひとつ。それぞれの価格を比べてみて、新郎新婦の要望に合う依頼先を探しましょう。

完成までにかかる時間をチェックしておく

式場に依頼する場合は挙式日に間に合うように手配してもらえますが、通販サイトを利用する場合は新郎新婦側でスケジュール配分をする必要があります。通販サイトでペーパーアイテムをオーダーするときは、完成までにかかる時間のチェックを忘れずに!

 

節約派には手作りペーパーアイテムがおすすめ

準備にお金がかかる結婚式では、少しでも節約したいものですよね。節約派の新郎新婦におすすめなのが、手作りのペーパーアイテム!一から手作りする、自分で簡単に作れる手作りセットを使うなどの方法があります。

一から手作りするなら

ペーパーアイテムを一から手作りするなら、式までに時間がたっぷりあること、制作やDIYが得意であること、などが条件になります。完成までには手間と時間がかかりますが、そのぶん2人の要望を叶えるオリジナリティあふれる作品に♡完成品のオーダーよりもぐっと費用をおさえられるのも、一から手作りすることの魅力です。

手作りセットも見逃せない

「節約したいけどクオリティも大切!」そんな新郎新婦には手作りセットがおすすめ。用紙を折ったり文字を印刷したりするなど自分たちで手を加えて完成させます。手作りキットを使えば、完成品をそのままオーダーするよりも費用をおさえられますよ。

参考:クレール席次表手作りDIYセット

 

結婚式にはペーパーアイテムが欠かせない!

ペーパーアイテムにはいろんな種類がありますが、ひとつひとつ結婚式に欠かせない役割を持っています。ゲストへのおもてなしや会場の装飾などアイテムごとに役割が異なるので、それぞれを意識しながら準備を進めていきましょう。

結婚式までの時間や自分で手作りできる範囲をふまえたうえで、お店へ依頼することも合わせて検討してくださいね。

 icon-mail-forward おすすめのペーパーアイテム専門店はこちら

 

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事