出産してからの結婚準備は大変?!?パパママ婚、私が行った時短活用術教えます。

「授かり婚で入籍だけ済ませたけど、やっぱり結婚式も挙げたい」、「入籍後すぐに妊娠が判明し、結婚式を挙げるタイミングがなかった」「結婚式をするつもりはなかったけど、わが子のお披露目もかねて…」…さまざまな理由から、近年は出産後に結婚式を挙げるカップルも少なくありません。子どもも交えての結婚式は“家族”の絆をより深めてくれる一方、出産してからの結婚式準備は大変さも段違い。仕事や育児に忙しいパパママたちにもおすすめの、結婚準備時短活用術をご紹介します。

 

ウェディングのテーマを決めておく

結婚式の準備を進めるにあたって、決めなければいけないことは山のようにあります。会場やウェディングドレス、式場の装花、BGM、引き出物など、その都度悩んでいたらどうしても時間がかかってしまいますよね。小さな子どもがいると頻繁に打ち合わせに行くわけにもいかないので、よりテンポよく決めていく必要があります。

なにかを決める場面でできるだけ悩まないために、まずはウェディングのテーマやテーマカラーを決めておきましょう。例えば「ナチュラルウェディング」「グリーン」をテーマに決めておけば、会場はアットホームなゲストハウスやガーデンウェディング、ウェディングドレスはアイボリー系の光沢が少ないもの、ペーパーアイテムは葉っぱや植物をモチーフに、引き出物は木製の食器をなど、イメージをもとにそれぞれのアイテムを選んでいきやすくなります。全体的に統一感があり、ゲストの印象に残りやすいというメリットも。プランナーさんもテーマに添った演出やアイデアを提案してくれるので、打ち合わせもよりスムーズに進むはずです。

パパママ婚なら、子どもの好きな色をテーマカラーにしてみるのもおすすめ。夫婦2人だけでなく、“家族で”の結婚式であることを演出できますよ。

 

To Doリストを作成してやるべきことを可視化

慣れない育児と結婚式準備を並行して進めていると、「あれを準備するのを忘れてた!」なんてことも充分ありえます。また、「育児で家にいるんだから」と、結婚式準備をママに全部お願いしがちなパパが多いことも事実。ひとりであれもこれも準備していく内に、相手に対して不満をつのらせるというのもよく聞く話です。それぞれの負担が違い過ぎるゆえに起こるケンカを防ぐためにも、To Doリストを作成して役割分担しておいた方がベター。次はなにをするべきか確認しながら、効率よく円満に準備を進められるでしょう。

また、特に赤ちゃんが小さいうちは睡眠時間も不規則で、結婚式の準備について夫婦でゆっくり語り合う時間もとれないかもしれません。そんなときでも、To Doリストを介して現状を共有することができます。具体的になにをすればいいか分かれば、パパひとりでも自主的に動いてくれるはず。近年は結婚式準備のTo Doリストやスケジュールを管理してくれるアプリも配信されているので、2人でダウンロードして上手に活用してみてはいかがでしょうか。

 

プロにお願いできるところはお任せ!

自分たちなりのウェディングを作り上げるために、DIYでさまざまなアイテムを用意する新郎新婦は少なくありません。自作のプロフィールムービーや、オリジナルのペーパーアイテム、ウェルカムボードは “自分たちらしさ”を演出してくれますが、一方で準備がより大変になることも事実。子どもが動き回るような月齢・年齢だと、準備していたものをぐちゃぐちゃにしてしまったり、備品をなくしてしまったりという事態も考えられますよね。また、産後すぐはまだ体も本調子ではないため、休めるときにしっかり休んでおくのが望ましいともいえます。

自身の負担を重くしすぎないためにも、プロにお願いできることは任せてしまいましょう。ペーパーアイテムやウェルカムボードは既製品を購入、各種のムービー作成は式場や業者に注文するほか、それぞれ仲のよい友人に依頼するのもひとつです。DIYするなら、「どうしてもこれだけは自分で作りたい」という1、2点だけに。

また、意外と大変なのが招待状の宛名書き作業。単純作業のように思われますが、書き損じが許されない分それなりに時間がかかってしまうことも。筆ペンはかわきにくいため、せっかく書いたものを子どもが触って汚してしまった、なんて事態も避けたいですよね。そんな宛名書きも筆耕業者に依頼すれば、結婚式準備の大幅な時短になります。仕上がりももちろん美しく、「字を書くのは苦手だけど印刷はちょっと…」という方にもおすすめです。

 

通販サイトを活用するなら電話注文できるところを

席次表などのペーパーアイテムやウェルカムボードといったアイテムを用意する際に活用したいのが、通販サイトです。店舗を訪れることなく注文でき、自宅まで届けてくれるので、思うように外出できないパパママの強い味方になってくれます。

通販サイトを利用する際にはスマホやPCでオーダーするのが一般的ですが、意外と電話注文の方が時短になることをご存知でしょうか?通販サイトの商品は実際にアイテムを手に取れない分、いざ届いてみたらイメージと違った…なんてことも考えられますよね。電話注文に対応してくれるサイトなら、不明な点は注文時に直接問い合わせることができます。必要な枚数や実際の大きさ、色の微妙なニュアンスなども相談しながらオーダーできるため、足りない分を注文しなおしたり、イメージと違うからと商品を探しなおしたりする手間もかからないはず。

ウェディングアイテム通販サイト『FARBE(ファルベ)』は、ネット注文、電話注文のそれぞれに対応しています。扱うアイテムは、ウェルカムボードやペーパーアイテム、両親ギフトなど。土日祝日も電話での問い合わせに対応しているので、確認したい点をまとめておき、パパママ2人ともお休みの日にそろって電話してみても◎。

参考:【即日出荷】金箔のウェルカムボード「クレール」

この商品を見る

 

参考:グラフィック招待状・海外風デザインシリーズ

この商品を見る

 

時短テクを取り入れ結婚式当日を迎えましょう!

小さい子どもの育児中は病気やケガなど予測できない事態もあり、思うように結婚式準備が進められないもの。また、産後すぐは自身の体調管理も大事な仕事です。準備をするなかで時短できるところは時短し、パパママも子どもも抜群のコンディションで結婚式当日をむかえられたら何よりなのではないでしょうか。

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事