芳名帳って必要?って思っているお二人へ「役割」と「節約法」

ゲストブック=(芳名帳/ほうめいちょう)とは、結婚式が始まる前の受付でゲストに名前や住所を書いてもらうノートのこと。結婚式だけじゃなく、葬儀や展示会といったケースでも目にしたことがあるのではないでしょうか。

結婚準備中の新郎新婦さんとお話していると、ゲストブックっているの?別に来る人わかっているんだからいらなくない?!なんて声を時々耳にします。正直いらないって思っている人もなぜ必要かを理解して、さらにはお得に準備できる術がわかったら納得いくはず。
早速紹介していきます。

何故必要?ゲストブック

ゲストブックに記帳してもらうことで、当日ゲストが予定通り出席しているかどうかの確認ができますし、結婚式の受付は、ご祝儀を渡して名前を書くという流れなので、記帳する=ご祝儀をいただいたという確認作業でもあります。

また、改めてゲストブックに名前と住所を書いてもらうことで、最新の住所録として記録でき、結婚報告ハガキを出す際にも役に立ちます。結婚式というお祝いの場での流れで使うアイテムの一つなので〝いらない!”なんて否定的に思わずにぜひ準備してくださいね。

どんなタイプがあるの?

そんなゲストブックには、当日その場で書く記帳式のものと、事前に書いてもってくるカードタイプのものがあります。

当日書くタイプは、以前からあるスタンダードな方式なのでご年配層の方にもわかりやすく、ゲストも受け入れやすいのが特徴です。

カードタイプとは、ハガキぐらいのサイズのカードを招待状の中に同梱し、当日持参してもらうアイテムです。

メリットとしては事前準備のため受付が混雑しないこと、また事前に家で書けるので緊張せず、落ち着いて準備できるところです。

ゲストブックの節約法は?

ゲストブックは式場さんでも準備してもらえる結婚式のマストアイテム。とはいえ、平均で3000円~高いものでは1万円近くする場合も。そもそもいるの?必要?なんて思うお二人にはとても高く感じるかもしれません。

そんなゲストブック、ネットショップなら1000円代でアイテムが見つかります。

また、名前住所がわかればいいのなら手作りする事だってできちゃいます。A4用紙に罫線をつければ完成!招待状の入れるカードタイプもハガキサイズの紙に印刷すればできあたり。無料のテンプレートもあるのでうまく利用して。

無料テンプレートサイトをチェック

 

こんな方法もあり?招待状と一体型

カートタイプのゲストブック。ハガキサイズぐらいの紙を用意して封筒の中に同梱するやり方が主流ではありますが、本状に最初からくっついてるタイプもあることご存知ですか?

こちら、チケットカードには手でちぎることができるミシン目入りの半券付き。この半券がゲストカードになっているんです。カードにはお名前、ご住所、メッセージを記入する欄があるので記入して受付に持参するだけ。

これなら招待状の料金に含まれているから、別に買ったり準備しなくてもいいので手間もなく予算も抑えられてgoodな方法。

この招待状をチェックする

 


結婚式のマストアイテムの一つゲストブック。いるの?必要?と思っている人も色々な選び方があるので、ぜひ準備してくださいね。

 

takagi

weddingmart管理者/㈱ファルベmanager

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事