結婚式の招待状どうする?“手作り推し派”or“購入推し派”意見まとめ

招待状は結婚式に必要なペーパーアイテムのひとつ。ゲストの出欠を確認しないと席次表や席札の準備に取り掛かれないので、ペーパーアイテム準備は招待状から取り掛かるのが一般的です。そんな招待状ですが、準備にあたり“手作り”と“購入”2つの選択肢があります。「先輩花嫁さんはみんなどっちにしたんだろう?」という疑問を持つプレ花嫁さんに向けて、手作り推し派と購入推し派の意見をご紹介!それぞれの意見を参考にしながら、メリットとデメリットを考えてみましょう。

 

“手作り推し派”の意見をチェック!先輩花嫁の体験談

「手先が器用なほうではないんだけど、ペーパーアイテムにかける費用を少しでもカットできたらとプランナーさんに相談したら、手作りキットを勧められました。私が選んだのは、すでにデザインされた用紙に自分で文字を印刷するタイプのものでした。用紙を折ったりヒモを通したり、少し手を加える必要はあったけど、これくらいなら不器用な私でも問題ナシ!結果的に費用も1部あたり半額になったかな?ゲストの多い結婚式ほど節約になると思います」(30代)

 

「私の結婚式は、親族と親しい友人のみを招待したから30人くらいの規模でした。“ゲストの人数少ないなら、招待状を一から手作りするのも行ける?!”と思って、招待状を手作りすることに。材料はほぼ100均でそろえたからかなり安く済んだし、ゲストに“○○らしいデザインの素敵な招待状だね”と褒められました♡ちなみに友人は50人規模の結婚式で同じように招待状を手作りしましたが、時間も手間もけっこうかかったみたい。ゲストの多い結婚式だと手作りは厳しいかもしれません」(20代)

 

「招待状は完成品にして簡単に済ませるつもりだったけど、デザインと価格面で気に入るものがなかなか見つからず…結局手作りすることにしました。シンプルなデザインの手作りキットを買って、デザインを足したり造花を飾ったり、いろいろアレンジが楽しめて自分好みの招待状が完成!結婚式準備に時間的な余裕があるなら、納得できるデザインに仕上げられて費用もおさえられる手作りがいいと思います」(30代)

 

招待状を手作りすると、ペーパーアイテム準備にかかる費用のカット、自分好みの招待状を完成させられる、などのメリットがあります。費用面では、一から手作りするか手作りキットを使うかによって節約度が変わりますが、どちらにしても完成品を購入するよりは安く済むようです。

一方、完成までに手間や時間がかかるのがデメリット。先輩花嫁さんの意見にあるように、不器用なら手作りキットを活用する、一から手作りするならゲストの人数を考えるなど、工夫するといいですね。

 

手作り派におすすめのキット

招待状「シャイニーナイト」参考:星空ウェディング招待状手作り「シャイニーナイト」

夜空に輝く星をイメージして作られた招待状。見る角度によって輝き方が変化する華やかなデザインです。深みのあるネイビーにゴールドの箔プリントがおしゃれ♡本状用プリント用紙には、専用テンプレートを使って文字を入れるようになっています。印字ありの返信ハガキを選べば、印刷の手間を減らせますよ。

この商品を見る

 

招待状手作り「イリス」参考:\パステルカラーが可愛い/招待状手作り「イリス」

受け取った人の気持ちがぱっと明るくなるパステルカラーの招待状も。こちらも本状用プリント用紙と返信ハガキは専用テンプレートを使って簡単に印刷できるので、完成品並みのクオリティを保ちつつ、費用をぐっと抑えられます。

 

招待状「モカ」参考:モカ「招待状手作りセット(輸入紙)」

ブロンズカラーがシックな印象の招待状。表紙の上品な輝きやしっかりとした厚みが、高級感を演出します。こちらの手作りキットは背表紙用のゴムが含まれているタイプ。仕上げにゴールドゴムを通すひと手間で、完成品に負けないハイクオリティな招待状に♡

 

“購入推し派”の意見をチェック!先輩花嫁の体験談

「できちゃった婚で結婚式までに急いで準備しないといけなかったので、招待状は完成品を購入。最初に式場手配の招待状を見せてもらったけど、思った以上に高くてびっくり!友達に教えてもらった結婚式用のアイテムを扱う通販サイトを利用することにして、ちょっとだけでも節約してみました。通販サイトはいろいろあるので、価格やデザインを比較しながら選ぶといいですよ」(20代)

 

「ゲストの人数が多いときは完成品の購入に限る!私の場合、注文数が多いほど安くなる特典もあったので助かりました。注文してから手元に届くまで1週間くらいと、かかった時間も意外と短かったような」(30代)

 

「友達の結婚式では、“手作り感が伝わってくるな~”という感じの招待状で。私はクオリティにこだわりたかったので、完成品を購入しようと決めていました。手作りの招待状にもいろいろあるんだと思うけど、クオリティ重視ならやっぱり完成品!手作りしたものの思ったように作れず結局完成品を急いで注文…なんて失敗もありませんから」(30代)

 

完成品の購入にも、手作りの手間を省く、クオリティを保てる、などのメリットがあります。特に結婚式まで時間がないパターンだと、手間も時間もカットできる完成品の購入がベターなようです。

完成品=高いというイメージもありますが、通販サイトを利用したり、注文数に応じた特典を受けられたりするなら、多少の費用カットは叶います。自身の状況やこだわりに照らし合わせて、完成品購入の中からベストな選択肢を探ってみましょう。

 

購入派におすすめの招待状

招待状「ヴァレッタ」参考:招待状完成品「ヴァレッタ」

高級感のあるサテンリボンの帯を飾った招待状。リボンのアクセントカラーが受け取った人の目を引きます。パールがきらめくダマスク柄や文字のデザインがおしゃれ♡こちらは完成品なので、注文後に原稿を用意してチェックするだけ。プロに任せられる完成品なら、時間がないときでも安心感◎

 

招待状「ボタニカルmono」参考:「ボタニカルmono」招待状

落ち着いたデザインが好みの人にはこちらの招待状がおすすめ!シンプルなモノトーンカラーですが、ボタニカル柄でスタイリッシュさをプラス♡独特な手触りの用紙を使っているところも魅力ポイントですよ。

 

招待状「ポルコ」参考:招待状完成品オーダー20部~「ポルコ(Porco)」

個性的なデザインの地図風招待状。受け取る人のワクワクを誘う小包み風のデザインです。遊びゴコロたっぷりのデザインは完成品ならでは。

 

結婚式の招待状は、手作りも購入もアリ!

手作りと購入、どちらにもメリットとデメリットがあります。両方の特徴を頭に入れて、自分が重視するポイントを優先して選ぶことが大切です。手作りするか購入するか決まったら、ご紹介したおすすめアイテムを参考にしてみて。新郎新婦2人で納得のいく招待状を選んでくださいね!

 

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事