ここに注意が必要です!結婚式の演出の盛り込み方

一生に一度の結婚式♡純白のウェディングドレスやお色直し用のカラードレス、会場いっぱいの花束や最高級クラスのコース料理などなど、夢と憧れを詰め込んだものにしたいと思う人も多いでしょう。でも、やっぱり気になるのがお値段ですよね。費用面で特に注意したいポイントが実は演出って知っていましたか?今回は、結婚式の演出の盛り込み方や、卒花さんの体験談、コスパよしでおすすめの演出グッズをご紹介します♪

知ってた?意外とかかる結婚式の演出費用 

親族や会社関係の方々、昔からの友人などなど、結婚式に来てくれたゲストに喜んでもらいたくて、結婚式の演出にこだわりたいと思うカップルは少なくないのでは?式場で提案してくれる演出内容も、ムービー関係やキャンドルサービス、デザートビュッフェやフラワーシャワーなどなど、たくさんありますよね。でも、演出にかかる費用って意外とかかるもの。たとえば、

キャンドルサービス メインキャンドル30,000円、各テーブル2,000~5,000円

フラワーシャワー20,000円

ムービー(オープニングムービー、プロフィールムービー、エンドロールなど)50,000~300,000円

など、演出を盛り込めば盛り込むほど予算がかかってしまうことが分かります。

卒花さんの演出にまつわる体験談

ここでは、演出にまつわる卒花さんの体験談をご紹介します。

ひとつひとつの演出はそこまで高額ではないけれど…

「教会式だったので、フラワーシャワーやバルーンリリース、ブーケトスなど様々な演出を盛り込みました。ひとつひとつの演出はそこまで高額な印象はなかったものの、結婚式全体の総額をみると見積がすごいことになりましたね」(30代女性)

結婚式を盛り上げるためにさまざまな工夫が凝らされている演出。ひとつひとつは納得いく価格設定でも、式全体の総見積もりになると演出にかかる費用が全体の見積額を大きく引き上げている場合もあるようです。

演出多めの結婚式。あとあと節約モードの生活に…

「プロフィールムービーやエンドロール、やブーケトスや花火など演出にはこだわって結婚式を挙げました。満足はしていますが、結婚式代はけっこうかかってしまい、そのあとの新婚生活が節約モードに…!いま考えると、もうちょっと演出を絞り込んでもよかったな」(30代女性)

2人で始める新生活、必要なのは結婚式の費用だけではありませんよね。新居への引っ越しや家財道具の準備、新婚旅行などなど、お金のかかる時期なので、メリハリのある予算配分を心がけたいもの。結婚式でも、演出で節約できる箇所はないか見直す癖をつけると良いかもしれません。

演出は少なめにゲストとの時間を重視した結婚式に満足

「一人一人とお話をしたり写真を撮ったりとゲストとの時間を大切にしたかったので、演出は少なめにしました。コストも予算内で済みましたし、シンプルでゲストとの距離が近い式になったかなと満足しています」(20代女性)

演出が多ければ多いほど、良い結婚式になるというわけではありません。演出が少なめな分、新郎新婦がゲストと会話する時間が持てたり、ゲストがゆっくり食事をとれたりするメリットもあるようです。

フォトラウンドはコストがかからない演出としておすすめ 

演出にお金をかけすぎて後悔…そんなことにならないためには、お金がかからずできる演出を盛り込むことがおすすめです。中でも、新郎新婦が各テーブルを回ってゲストといっしょに写真撮影を行う「フォトラウンド」は、演出のコストが抑えられるアイデアとして人気♡当日プロのカメラマンに写真撮影をお願いしている場合は、スナップ写真の一環としてフォトラウンドでの撮影を行ってくれるので、プラスの演出費用がかからないことが多いんだそう。さらに、ゲストと話す機会を持てたり、距離の近い写真を残せたりと良いこと尽くしですよ。

イチオシのフォトプロップスはこちら♪

フォトラウンドをより一層盛り上げてくれる演出グッズが人気のフォトプロップス。手作り感満載のプロップスはちょっと…という方には、結婚式アイテムを専門に取り扱っている結婚式アイテム通販サイトでアイテムを探すのもひとつの手。ここでは、通販サイトで買えるイチオシのフォトプロップスを2個ご紹介します。

席札にもなるフォトプロップスでお得!

フォトプロップス「パーティ」

参考:フォトプロップスとしても使える席札手作りセット

演出にフォトラウンドを頼んだけれど、写真撮影の時間をもっと盛り上げたい!そんなカップルには、こんな席札兼用タイプのフォトプロップスはいかが?メガネやヒゲ、リボンなど、パっと顔の前に持ってくるだけで写真撮影が何倍も楽しめるフォトプロップスです。席札兼用なので、コスパも◎。簡単DIYキットなので、席札の裏にひとりひとりメッセージを書いても喜ばれますよ♡カラーは、フォトプロップス部分が赤と青、席札部分がホワイトとアイボリーと組み合わせが豊富なのもうれしいポイント。メガネ、ヒゲ、リップ、リボン、帽子、ハイヒール、ボトル&グラスの7種類のデザインからお好きなものをチョイスしてみましょう!

DIYキットでテーブルも華やぐフラワープロップス♡

プレ花嫁さん話題DIY「フラワーフォトプロップス(ハンドメイドキット)」

参考:プレ花嫁さん話題DIY「フラワーフォトプロップス(ハンドメイドキット)」

こちらは、色とりどりのお花やナチュラルなリーフなどをモチーフにしたフラワープロップスです♡テーブルがパっと華やぐ素敵なアイテムですよね。「HAPPY!」や「Thank you!」、「Good Day!Congratulations!」などの文字が入っているのもおしゃれ。花のサイズは約8~9cm、リーフのサイズは約13cmと、しっかり存在感がある大きさなので、写真撮影がより一層映えるものになりそうです。DIYも、印刷されたお花をチョキチョキ切ってストローにペタッと貼るだけの簡単なもの。結婚式でフォトラウンドの演出を盛り込むなら、ぜひ取り入れたいイチオシアイテムです。

フォトプロップスを使ったフォトラウンドでゲストとの時間を楽しんで♡

結婚式にかかる費用を賢く抑えたいなら演出の盛り込み方に注意したいもの。中でも、コストが抑えられるフォトラウンドは人気の演出のひとつです。フォトプロップスがあれば、フォトラウンドが自然とより一層盛り上がりますよ。席札兼用タイプのものやテーブルが華やぐものなどフォトプロップスの種類はさまざま。フォトプロップスを使ったフォトラウンドでゲストとの時間を楽しんでくださいね♡

 

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事