結婚式のメニュー表は手作りしやすいアイテムなの知ってる?気になる作り方まとめ

結婚式で重要なアイテムの1つが、ゲストをおもてなしするための「ペーパーアイテム」です。中でもメニュー表は、結婚式当日にゲストテーブルを彩るアイテムとして、多くの新郎新婦が用意します。

そんなメニュー表、実は自分達で手作りするのにぴったりの簡単DIYアイテムです。そこで今回は、不器用さんでも簡単にメニュー表を手作りできる方法を伝授。心を込めて作ったメニュー表で、ゲストのみなさんをお出迎えしましょう!

結婚式のメニュー表を手作りしたい!どんなスタイルがおすすめ?

メニュー表を手作りしたいと考えたとき、最初に気になるのがどんなスタイルのものが作りやすいのか?という点ではないでしょうか。そこでここでは、手作りする上でおさえておきたいメニュー表作りのポイントを紹介します。

ポイント1 用紙のサイズは、ハガキorA5用紙サイズがおすすめ

一般的なメニュー表には、式当日にふるまわれる料理ラインナップを記載します。そのため用紙サイズは、招待状や席次表に比べ小さめでも大丈夫。はがきサイズなら表面にメニューを載せ、テーブルに置いたり席次表に挟んだりするといいですね。

A5用紙を使う場合は、自立させられるよう2つ折りにするといいでしょう。メニュー表にドリンクメニューも掲載する場合は、飲み物の種類が多いか少ないかで用紙サイズを選んでください。ドリンクと食事メニュー両方を載せる場合、ラインナップが多いと窮屈で見えにくくなってしまいます。ゆったり見やすいメニュー表にしたいなら大きいサイズにしておくのがベターでしょう。

ポイント2 メニュー表に使用する紙の質感や厚みに気をつけよう

手作りメニュー表を安っぽく見えないようにしたいなら、用紙選びに気を配りましょう。コストダウンを考えて、薄いペラペラな紙を使用してしまうと、式場の雰囲気に負けてしまうことも。

せっかくおしゃれなテーブルコーデにしたのに、メニュー表が安っぽいと残念ですよね。披露宴中、ゲストが度々見るメニュー表は、しっかりとした素材かつ厚みのある用紙を使いましょう。

ご自宅のプリンタが厚紙に対応していないときは、一度薄い紙に印刷した後に、厚紙に貼りつければ高級感を演出できます。透け感のあるクリアメニュー表にしたいなら、トレーシングペーパーを使ってみてくださいね。

簡単に作れておしゃれに見える!手作りメニュー表の作り方ガイド

ご自宅にPCとプリンタがあると、簡単かつ時短で手作りメニュー表が完成します。ここからは、気になる作り方ガイドを紹介しましょう。

無料テンプレートを使えば!おしゃれなデザインのメニュー表が作れる

インターネット上には、メニュー表のテンプレートを無料で配布しているサイトがあります。無料といえども式場でオーダーするようなおしゃれなものもあり、上手く活用すればコストを抑えつつハイクオリティなメニュー表を作れるでしょう。

シンプルなテンプレートだとしても、ウェディングロゴや花柄・動物などのワンポイント素材を組み合わせれば、オリジナリティ溢れるおしゃれメニュー表になりますよ。

【テンプレートを使ったメニュー表の作り方】

用意するもの:PC・プリンタ・用紙

  1. テンプレートをダウンロード
  2. テンプレート内容に沿ってメニューなどを入力していく
  3. デコレーションしたい場合は、素材やフォントをダウンロードして、好きな場所に挿入する
  4. 用意した用紙に印刷する

イラストやフォントなどの素材のみダウンロードして、貼りつけてもOK。

メニュー表の無料テンプレートがある ファルベ のサイトを見る

市販のキットとPCでメニュー表を作る

雑貨店や大型文具店などの中には、結婚式用のDIYグッズを販売しているお店もあります。市販のキットには、無料テンプレートがついているものがあるため、これ1つ買っておけば、すぐにメニュー表を手作りできます。

【市販のキットを使ったメニュー表の作り方】

用意するもの:キット・PC・プリンタ

  1. お店でキットを購入
  2. 無料テンプレートをダウンロードして編集したのち、用紙に印刷

キットタイプは、高級感のある用紙のものが多いためお手頃価格のものでも高見えします。招待状や席次表などのペーパーアイテム全般を作れるものも販売されているので、手作り派の新郎新婦は、ぜひチェックしてみてください。

パソコンがなくても作れちゃう!手書きメニュー表アイデア集

ご自宅にPCやプリンタが無い、パソコンを使いこなせない人は、手書きメニュー表作りに挑戦してもいいですね。メニュー表は他のペーパーアイテムより簡単に作れるアイテムなので、手書きでも素敵になりますよ。

手書きで作るアイデア集1 手書きイラストでほっこりあたたかメニュー表に

絵を描くのが得意な新郎新婦なら、お食事メニューをイラストにしてもいいですね。テキストだけとはまた違う、あたたかな雰囲気のメニュー表になるはずです。

手書きで作るアイデア集2 文字もイラストも手書きでオリジナル感を

手書きメニュー表で重要なポイントは、メニュー内容を記す文字。使いなれたボールペンなどで書きたくなりがちですが、高級感を出すなら万年筆や筆ペンを使いましょう。自身がない人は、イラストも手書きで書いてカジュアルな雰囲気でまとめるといいですね。

手書きで作るアイデア集3 ブラックボードメニューは手書き文字との相性抜群

メニュー表をゲストテーブルごとに1つずつ置くスタイルも、テーブルコーデをすっきり見せられ素敵です。近年人気のナチュラルウェディングスタイルなら、ブラックボードにチョークで文字を書き、フェイクグリーンで装飾してもかわいくなるはず。

このアイデアなら、手書きならではの味を活かしつつおしゃれにテーブルコーデできます。

手作りメニュー表の作り方ガイドやアイデアを紹介しましたが、「作りたくても時間が無い…」、「実際に作ってみたらなんだかうまくいかない」なんて人も中にはいますよね。そんな人は、結婚式アイテムが揃う通販サイトでオーダーするのも1つの手です。

結婚式アイテムが揃う通販サイト ファルベ を見る

オーダーメニュー表は、お食事メニューのデータを送るだけであとは、すべてプロが作ってくれるのでとてもお手軽。しかも、データは手書きでも写真でもいいので、パソコン操作が苦手な人でも安心してオーダーできます。

手作りではなかなか難しい、花やケーキなどのモチーフ型やアートフィルムを使ったクリアメニュー表など、「おしゃれ!」とゲストから絶賛されるメニュー表を作れますよ。高級感はありつつも、式場でオーダーするよりコストを抑えられるアイテムも多いので、ぜひこちらも検討してもみてくださいね。

メニュー表ラナンキュラスパープル

参考:メニュー表カード「ラナンキュラスパープル」

メニュー表「ウェディングケーキ」

参考:メニュー表「ウェディングケーキ」

席札メニュー表クリアブラック

参考:席札メニュー表「クリアブラック」

 

結婚式のトレンドキーワードとなっている「DIY」や「手作り」。卒花さん達も、さまざまなアイテムを手作りして2人らしい結婚式を挙げています。ペーパーアイテムは、ゲストの手元に残るものなので、2人の思いがダイレクトに伝わるはず。

難しいと思いがちなメニュー表作りも、実はアイデア次第でとても簡単に作れます。ぜひ、想いがこもった手作りメニュー表で、大切なゲストをおもてなしましょう。


このページに登場した”買える”アイテム

席札メニュー表「クリアブラック」

created by Rinker

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事