結婚式のプロフィールブックはどう作る?項目や構成の作り方のコツをチェック

結婚式でゲストの手に残るアイテムのひとつである、プロフィールブック。新郎新婦の世界観を演出できるようなプロフィールブックを作りたい!と願う花嫁さんもきっと多いはず。でも、実際にはどんな風に作っていけばよいのか、どんなことを書けばよいのか…と意外と悩む点が多く、思うように進まないこともあるでしょう。そこで今回は、プロフィールブックを作るにあたり気を付けたいことや取り入れたいことをご紹介していきます。

結婚式のプロフィールブックってどんなことを書くの?メリットは?

ゲストの席に置いておくプロフィールアイテムと聞くと、

席次表DIY手作りセット「クレール」

参考:席次表DIY手作りセット「クレール」

このような席次表と一緒になっているものを思い浮かべるのではないでしょうか。内容も、生年月日や新郎新婦のお互いの第一印象など簡単なプロフィールのみがまとめられていることが多いですよね。

それだとちょっと物足りないかも…と感じている人には、より細かな情報を写真付きで詰め込めるプロフィールブックがおすすめ♡

冊子とはいっても、挨拶文や新郎新婦の細かなプロフィール、食事の内容などがひとつにまとめられるので、テーブル上でかさばることもなくゲストも持ち帰りやすいのが特徴。

内容についてはこれといったルールはなく、すべて新郎新婦の自由です。

プロフィールブックを作ってみたいけれど、どんな風に作ればいいのか分からないという人のために、ここでは、プロフィールブックの作り方の一例をご紹介していきます。

プロフィールブック(入力・印刷込) プロフィールブック(入力・印刷込)

参考:プロフィールブック(入力・印刷込)

まずは表紙。表紙は、新郎新婦の世界観を最大限演出できるようなデザインにするとよさそうですね♡自分たちのお気に入りの写真をドーンとメインに持ってきてみては?

プロフィールブック(入力・印刷込)

次のページは挨拶文。「今日は来てくれてありがとうございます」「これからも暖かく見守ってください」などの感謝の気持ちを伝えるといいでしょう。

プロフィールブック(入力・印刷込)

そして最後に、メインとなる新郎新婦のプロフィールです。たっぷりの写真とともにプロフィールを載せます。1ページずつ新郎・新婦とプロフィールを分けるもよし、一問一答で新郎新婦のプロフィールをまとめるもよし、好みの形式にカスタマイズしましょう。

あとは、当日おもてなしする食事のメニューなどを入れたらOK!

こちらはあくまで一例に過ぎないので、参考にしながら新郎新婦で話し合い、世界にひとつだけのこだわりのプロフィールブックを作ってくださいね。

プロフィールブックの自己紹介にはこんな内容がおすすめ!

プロフィールブックの自己紹介部分に取り入れたい、おすすめの項目をご紹介します。

基本情報

まずは定番のこちらから。プロフィール欄に入れる基本情報としては、名前、生年月日、血液型、出身地、趣味、特技、好きな食べ物、嫌いな食べ物などが挙げられます。

新郎新婦の馴れ初めや思い出

出会い、第一印象、お互いの呼び方、嬉しかったプレゼント、お互いの好きなところ、プロポーズの言葉など、2人の仲の良さが伝わるエピソードも紹介しちゃいましょう♡

2人の今後について

どんな夫婦になりたいか、子どもは何人欲しいか、老後はどんな風に過ごしたいかなど、これから先、未来についての質問&回答を取り入れても◎。

自分たちのことだけでなく、両親について書くのもあり

家族構成、お父さんはこんな人、お母さんはこんな人、両親に一言など、2人のプロフィールだけでなく、それぞれの家族についての内容を入れてみるのもあり。きっとご両親も喜んでくれるはずです。

オリジナリティを出すのも◎

プロフィールブック(席次表付)スタンダードMONO

私だけが知る相手の弱点、今だから言える謝りたいこと、相手の口癖など、くすっと笑える恥ずかしエピソードやおもしろエピソードを盛り込むと、ゲストの間で話題になり、楽しんでもらえるでしょう。

プロフィールブックを作るとき気を付けたいポイント

自由に内容を考えられる点が魅力のプロフィールブック。一概にこれはNGというものはありませんが、読んだときに素敵だなと感じてもらえるよう、ゲストへの配慮もしておきたいもの。そこで、作成の際に気を付けたいポイントもご紹介します。

忌み言葉の使用に注意

忌み言葉とは、不吉なことや夫婦の別れ、再婚を連想させる言葉のこと。たとえば、「笑顔の絶えない家庭」は一見何の問題もなさそうですが、「絶」は婚礼マナーに基づくと避けたほうがよい字と言われています。

あまり神経質になりすぎる必要はありませんが、プロフィールブックを作るにあたっても、内容に含まれていないか一度確認をしておくとよいでしょう。

写真選定はゲストへの気遣いも必要

プロフィールブックは、自分たちのことを紹介するためのアイテムなので、お気に入りの写真をたっぷり入れ込みたいですよね。

ですが、露出度の高い写真やきわどい写真などは、TPOに合わなかったり、苦手に感じるゲストもいらっしゃったりするもの。自分たちだけが満足できる自分本位な内容にならないよう、気を配りましょう。

また、いつまでも形に残るものなので、あとで見返して「恥ずかしい…」「痛いかも…」とならないよう、写真のチョイスには注意してみてくださいね。

その他、ナチュラルな表情や普段の様子を紹介できる自撮り写真ももちろんよいのですが、そればかりだと安っぽい印象になってしまうことも。前撮りなどプロに撮ってもらった写真を組み合わせて入れ込むのもおすすめです。

こんなプロフィールブックはいかが?おすすめデザインを紹介

プロフィールブックのデザインもどんなものにしようか悩んでしまいますよね。ここからは、オーダーできるアイテムを参考に、おすすめのデザインをご紹介します。

シンプルイズベスト☆どんな写真にも合うプロフィールブック

プロフィールブック(席次表付)スタンダードMONO

参考:写真で魅せるプロフィールブック(席次表付)スタンダードMONO

このようなシンプルなプロフィールブックは、どんな写真にもマッチするのでおすすめです。エレガント・キュートなど自分の好みの雰囲気を演出できますよ。

ゲストにも喜ばれるコンパクトなプロフィールブック

プロフィールブック(入力・印刷込)

参考:プロフィールブック(入力・印刷込)

正方形でコンパクトなサイズ感のものが近年人気となっています。コンパクトでも、内容はしっかり充実させられるよう工夫されたアイテムも多くありますよ♡かさばらないので、テーブルに置いておいても、受付で渡してもどちらでもOK。

プロフィールブック(入力・印刷込)

created by Rinker

こだわりのプロフィールブックで思い出が詰まった一冊を

プロフィールブックは新郎新婦のことを思い切り紹介できるアイテム。写真のチョイスなどには気を付けつつも、自分たちのこだわりを大事にしてみてくださいね。一生に一度の結婚式、素敵な一冊を作れますように♡

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事