結婚式のプチギフトって何がいいの?ゲストが喜ぶアイテム選びのコツ

結婚式の披露宴や二次会で、1人1人のゲストに渡すプチギフトは、大切な人達に感謝の気持ちを添えて贈れるアイテムです。そんなプチギフトですが、「一体、何を贈れば喜ばれるの!?」と頭を悩ませている人もいますよね。

どうせ贈るならゲストがもらって嬉しいと思うものをあげたいはず。この記事を読めば、ゲストが喜ぶアイテム選びのコツが分かりますよ。気になる方法をじっくりレクチャーしていきましょう!

多くの卒花さんが準備するプチギフト!種類や平均予算など基本知識をレクチャー

披露宴や二次会などでプチギフトを渡したという卒花さんは、全体の約90%と言われています。このことからもプチギフトは、多くの先輩カップルが用意している結婚式のマストアイテムと言えますよね。

そんなプチギフトの気になるポイントを解説していきましょう。

平均予算は?どこで購入しているの?

結婚式のプチギフトの相場は、1人200~500円と、気軽に贈れる値段のものを用意するのが一般的。最近では、披露宴会場や受付ブースの装飾として飾れるものや席札としても使える2WAYタイプのものなど、さまざまなスタイルのプチギフトが登場しています。

購入場所は、取り扱いがなかったりバリエーションが少なかったりする式場があるため、提携ショップ以外で購入した人も多いようですよ。

どんなものを贈る?

渡すタイミングは、披露宴ラストのゲストをお見送りする時や、お色直し後のテーブルラウンド時、二次会など。参加ゲストが多い結婚式では、引出物の袋にあらかじめ入れておくケースもあるようです。

プチギフトとして販売されているものは、大きく分けて「お菓子・ドリンク類」、「雑貨」、「ステーショナリー」の3つ。お菓子・ドリンク類では、クッキーやキャンディー・マシュマロ・紅茶・コーヒー・お茶など。雑貨系では、タオルや入浴剤・キャンドル・箸置きなど。

ステーショナリー系では、マグネットやペンなどが贈られているようです。

プチギフトを選ぶ時は、まず「無くなるもの」にするか「形に残るもの」にするかを、決めましょう。お菓子やドリンクなどの食品は食べたり飲んだりすると無くなってしまいますが、世代問わず喜ばれるアイテム。反対に入浴剤やペンなど形に残るものは人によっては必要ないかも…と思われることもあります。しかし、実用性の高いものを選べば長く愛用してもらえるでしょう。

また、アイテムによっては、縁起の良い意味が込められたものもあります。例えば、結婚式のプチギフト定番アイテム「ドラジェ」(砂糖コーティングされたお菓子)は、「幸福の種」という意味のフランス語。箸は「幸せの橋渡し」など。このようなアイテムを贈って幸せのお裾分けをしてみてもいいですね。

注意してほしいポイント

式場によってはプチギフトを外部で頼むと、持ち込み料を取られることがあります。コストカットするために持ち込んだのに、結果的に予算がかかってしまった…なんてケースも。そうならないためにも、事前にプランナーに確認しておきましょう。

ゲストの声を調査!もらって嬉しかったプチギフトって何?

「基本的なことは分かったけど、種類が多すぎて結局何がいいのか分からない」と思う人もいますよね。そんなあなたのために、ゲストがもらって嬉しかったプチギフトを紹介します。

実用性NO.1「タオルorハンカチ」

「花束のようなおしゃれなハンカチをもらいました。見た目もかわいいし、結婚式が終わっっても使えるし。実用性が高いのでとっても助かりました」(30代女性)

タオルやハンチは、何枚持っていても困らない実用性の高いアイテムです。男性・女性でデザインを変えて贈ることもできるのも、ゲストから喜ばれるポイントでしょう。

定番だけど喜ばれる!「お菓子」

「プチギフトはお菓子が一番嬉しいです!二次会まで時間が空くので、小腹がすいた時につまめて、軽くて小さいので持ち運びやすいのも良かったです」20代女性)

やはり結婚式のプチギフトの定番アイテムといえば、お菓子ですよね。中でもクッキーや焼き菓子は老若男女問わず人気。すぐに食べる人、持ち帰ってしばらく置いておく人と、ゲストによって食べるタイミングが違うので、賞味期限が長いものをチョイスしましょう。また、夏に結婚式を挙げる際は、チョコレートなど溶けやすいものは控えるのをおすすめします。

男性ゲストにおすすめ「おつまみ」

「クッキーとか飴とかよくもらうけど…。実際俺は、あまり食べないから困っていたんです。だけどある結婚式でオイル漬けもらって!お酒のアテになるので、あれは嬉しかったな」(30代男性)

甘いものが苦手な男性から支持されているのが、コンフィ(オイル漬け)やナッツなど、おつまみになる食べ物。おしゃれな瓶やボックスに入っているものなら、男性だけでなく女性からも喜ばれますよ。

ドリップコーヒーorティーバッグ

「コーヒーは何個もらっても困りません!ミニクッキーとセットになっていたところに、新郎新婦の配慮を感じました」(40代女性)

飲み物系のプチギフトもゲストが喜ぶアイテムの1つ。ドリップタイプは、手軽に作れていつでも飲めるので、幅広い年代の人から人気です。ご当地お菓子とセットにして、地元感をアピールしてもOK。

贈る側・贈られる側ともに人気なのは、食品系のプチギフトのようです。理由はリーズナブルに贈れて、なおかつもらって困ることが少ないから。最近は特に写真映えを意識したおしゃれなアイテムを贈る先輩カップルも多く、見た目にもこだわるのがゲストから喜ばれるアイテム選びのコツです。日用品や雑貨を贈る場合は、実用性を重視しましょう。

節約しつつ素敵なプチギフトを贈れるワザ4選

単価が安くてもゲスト分用意するとなると、どうしてもコストがかかってしまいますよね。結婚式の準備はお金がかかるので、抑えられるところはしっかり節約しておきたいもの。そこでここからは、上手に節約する方法を4つ紹介します。

ラッピングを自分でする

式場でプチギフトを頼むと、どうしても割高になりがち。市販のお菓子や雑貨を買って自分達でおしゃれにラッピングすれば、コストを抑えつつオリジナリティーを出せます。

最近では、100均でかわいいラッピンググッズが販売されていたり、無料のテンプレートサイトがあったりと、DIYが簡単にできるツールやアイテムが豊富ですよ。

ウェルカムブースのオブジェとして使えるものを選ぶ!

スモールガーデン(ポップコーン)48個セット/プチギフト

参考:スモールガーデン(ポップコーン)48個セット

名前や挙式日を入れて、ウェルカムスペースに飾るタイプのプチギフトなら、1つで2役の使い方ができるので、とても便利です。デザインのバリエーションも豊富なので、式場の雰囲気や衣装に合わせて選べますよ。

たくさん買うと割引されるサービスがあることも

通販サイトやショップによっては、まとめ買いすると割引してくれるお店もあります。少しでも節約したいなら、割引サービスがあるお店のアイテムを選んでもいいでしょう。

手作りして節約!

物作りが好きな新郎新婦なら、あえて自分達で手作りしたものをプチギフトにしてもいいですね。ただし、食べ物は衛生面を気にする人もいるので、キャンドルや石鹸などの雑貨を贈るのがおすすめです。

感謝の気持ちを込めて贈るプチギフトは、ゲストが喜ぶアイテムを贈りたいですよね。いろいろな種類があって何を贈ればいいのかと迷っていた人は、今回紹介したアイテム選びのコツやゲストの声を参考にしてセンスのいいプチギフトを贈りましょう!

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事