高齢者である祖父母を結婚式に呼ぶ際の気遣いとは?参列できなくても喜ばれるアイデアもご紹介

一生に一度の結婚式。自分の晴れ舞台を多くの人に祝ってもらいたいというプレ花さんは多いことでしょう。親族、友人、職場の人など、招待するゲストへのおもてなしを考えているときに出てくる問題のひとつが、高齢者である祖父母への気遣い。小さなころからお世話になった祖父母には、ぜひとも結婚式に出席してほしいと思う反面、長時間の披露宴で体に負担がかからないかという心配も出てくるでしょう。そこで今回は、高齢者である祖父母を結婚式に呼ぶ際の気遣いや、出席できなくても喜んでもらえるアイデアをご紹介していきます。

祖父母を結婚式に呼ぶ際に心がけたい気遣いとは?

祖父母にはやっぱり結婚式には出席してほしい!という花嫁さんにはこんな気遣い方法がおすすめ☆実際の卒花さんのエピソードも交えながら見ていきましょう。

祖父母への気遣いは会場選びから始まっている

わたしの祖父母は80歳を超える高齢ではあったものの、絶対に結婚式には出席してほしいと願っていました。祖父は車いす移動なので、結婚式会場はバリアフリー設備が整っていることを基準に選びましたね。また、多目的トイレの有無や近さも重要だと思いますよ。

高齢になるほど、足腰が弱くなり、移動が大変になることも。祖父母を招待する際は、式場と披露宴会場のフロアが違ったり、控室が離れていたりする会場は避けているという卒花さんの声も多く聞かれました。

休憩スペースの確保も忘れずに

祖父母を結婚式に招待する上で一番心配だったのが、長時間座りっぱなしの状態が続くこと。高齢である祖父母のため、疲れたらいつでも気分転換できるようにと、各所に休憩スペースの設置を行いました。式の日、祖父母が外のベンチでリラックスした様子で談笑する姿を見て、休憩スペースを確保しておいてよかったと思えましたよ。

大人数が集まる空間や、長時間の座りっぱなしは高齢者には負担が大きいもの。好きなタイミングで休憩できるスペースを確保しておけば、最後まで負担なく式を楽しんでもらえるでしょう。廊下にソファーを設置できるか、会場のすぐ外にベンチがあるかなどを事前に確認しておくと良さそうです。

料理にも一工夫することで楽しく食事をしてもらえる

固いものが食べにくくなってきた祖母のために、お肉は小さくカットして出すようお願いしたり、付け合わせの野菜も比較的食べやすいものをチョイスしたりしました。どの料理も一口サイズで、食べやすかったんじゃないかな。

会場だけでなく、料理の配慮も忘れてはいけません。食べやすい工夫が必要です。とはいえ、全くの別メニューを出すと、逆に引け目を感じてしまう可能性もあります。あくまで同じ料理を提供し、食べやすいように工夫する、ということがポイント。たとえば、お肉のカット方法やパンの種類などに気を付けると良いでしょう。フランスパンなどの、固く飲み込みにくいものは避けた方がベター。

祖父母が結婚式に参列できそうにない場合は?

祖父母が結婚式に参列できそうにない場合でも、結婚式の雰囲気を味わってもらう方法はあるのでしょうか?こちらも卒花さんのエピソードとともに見ていきましょう。

前撮りを自宅で

遠方に住む祖父母は移動や宿泊による負担を考慮し、結婚式への招待はあきらめざるを得ませんでした。でも、どうしても結婚式の雰囲気を味わってほしいと思ったので、前撮りを祖父母の家で行うことに。祖父母との記念撮影もゆっくりとできましたし、私の場合は、近くに海岸があったので、とてもいい感じのウエディングフォトを撮ることができましたよ。祖父母に生のウエディングドレス姿を見せられて本当に良かったと思います。

前撮りを祖父母の家、もしくは近所で行うことで、結婚式には参列できなくとも、花嫁姿を祖父母に見せることができます。人が多く集まる場所は、気が引ける……という祖父母の場合にも、プライベートな空間で晴れ姿を見てもらえるのでおすすめ。

後日DVDを一緒に見返す

私の祖母は、式中の体調が不安という理由から、結婚式に出席しませんでした。そこで後日、出来上がったDVDを持って祖母を食事に招待。スクリーンに結婚式の様子を流しながら、一緒に食事を楽しみました。祖母は、まるで結婚式に参加したようだと泣いて喜んでくれましたよ。

当日に結婚式に出席できなくても、後日、式の様子を撮影したDVDを一緒に見返すのもありですね。いつでも見返すことのできるので、プレゼントするのも◎。食事をしながら、談笑をしながら、結婚式の余韻に浸りましょう。プロにお願いするDVDは完成までに時間がかかる場合もあるので、あらかじめ親族の誰かにホームビデオを回しておいてもらうと、すぐに祖父母に見てもらうことができますよ。

祖父母におすすめのウエディングギフトもご紹介

ここからは、両親とは別に、お世話になった祖父母にもギフトを贈りたい!というプレ花さんにおすすめのアイテムをご紹介します。

昭和の名曲が流れるオルゴールに感謝の気持ちを添えて

祖父母へ贈るオルゴール付時計「夢華(ゆめか)」

参考:祖父母へ贈るオルゴール付時計「夢華(ゆめか)」

オルゴール付きの時計は居間やリビングに飾りやすく、ギフトに最適☆感謝の気持ちを文字にして、昭和の名曲とともにプレゼントしましょう。まさか自分にもプレゼントがあるなんて!と大喜びしてもらえること間違いなしでしょう。

和モダンなオリジナルボードで感謝を伝えよう

祖父母へ贈る感謝ボード「めでた松竹梅」

参考:祖父母へ贈る感謝ボード「めでた松竹梅」

祖父母との写真を入れ、感謝の気持ちを綴ったオリジナルボード。結婚式で渡しても、結婚の報告時に渡しても◎孫との写真入りのオリジナルボードは、祖父母にとっての宝物になるはず。

毎日使える夫婦箸も実用性あって◎

【両親ギフト/夫婦箸】感謝状×箸カットデザイン「リーフレッド」

参考:【両親ギフト/夫婦箸】感謝状×箸カットデザイン「リーフレッド」

実用性を重視したい人におすすめなのが、夫婦箸。2本を1セットで使う箸は、人と人を結ぶ縁起物として、おめでたい日のギフトとして人気を得ているんです。結婚式のギフトということもあり、豪華な木箱で贅沢感も味わえるでしょう。毎日使うものだからこそ、忘れられないうれしいプレゼントになるはず。

祖父母への配慮は結婚式の準備段階で頭に入れておくべき

祖父母を結婚式に呼ぶと決めたら、準備段階で、どうすれば居心地の良い結婚式になるかをしっかり考えましょう。祖父母の身近にいる人に、配慮方法のアドバイスをもらうのもひとつの手。もちろん他のゲストとのバランスも考えつつ、祖父母や高齢のゲストにも存分に楽しんでもらえるような結婚式作りをしてみてくださいね。

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事