ただの食事会にならない!家族婚でも絶対取り入れるべき演出6選

コロナウイルスの影響で結婚式をどうしようか悩む新郎新婦様がたくさんいらっしゃいます。

その中でも本来、会社の上司や同僚、友人を呼ぶ披露宴を執り行う予定が、このご時世を鑑みて、招待するゲストを親族のみに絞った家族婚にしようと考えているおふたりが増えています。

今回は家族婚でも絶対取り入れるべき演出をご紹介します。せっかく結婚式をするならただの食事会じゃなく演出を取り入れた思い出に残る結婚式にしてみてはいかがでしょうか。

家族婚とは?

家族婚とは、一般的に家族や親族、ごく親しい友人のみを招待した30人以下の結婚式のことを指し、

  • 結婚式は低予算で抑えたい
  • 大げさな結婚式はしたくない

というカップルに人気の結婚式のスタイルです。

昨今の新型コロナウイルスの影響で、感染リスクが低い安心感から、急遽人数が少ない結婚式を考えるおふたりも増えています。

家族婚でも取り入れたい演出①:席札メッセージ

席札メッセージ

家族婚や少人数婚などこじんまりとした結婚式だと席札は必要ないのではと思われがちですが、やっぱり席札は人数に関わらずあった方が親切です。

また、一般的な披露宴でも席札にメッセージを書くことが多いですが、家族婚であっても忘れずに書いておきましょう。日頃の感謝の気持ちを改めて文字としてつづって、おもてなしの心を添えてみてくださいね。家族婚だからこそ、小さい頃の写真を添えた手作りの席札にすれば、懐かしい記憶がよみがえり、とても喜ばれますよ。

家族婚でも取り入れたい演出②:ウェディングケーキ入刀

結婚式で定番の演出であるウェディングケーキの入刀は、家族婚でも盛り上がりますよ。息ぴったりの共同作業でおふたりの仲の良さが伝わり、ゲストがおふたりの姿をおさめるシャッターチャンスにもなるのでおすすめの演出です。

ケーキ入刀後はもちろん、ファーストバイトも行って楽しい思い出を作りましょう。もしファーストバイトは恥ずかしくて気乗りしないなという場合は、一緒に食べる同時バイトやラストバイト、両親参加のお手本バイトなどへ変更してもいいかも。

ケーキだけじゃなく、おにぎりやハンバーガー、ちらし寿司などの変わり種で個性派演出をやってみるのも面白いかもしれませんね。

家族婚でも取り入れたい演出③:結婚宣言

結婚証明書を準備して、結婚への誓いの言葉を両親をはじめ親族の前で読み上げるのもおすすめの演出です。「〇〇さんと一生幸せにすることを誓います」という言葉を聞けると両親もとても安心するし、おふたりにとっても結婚式を挙げている実感が沸くのでおすすめです。

結婚証明書「シンプル」

こちらの結婚証明書はお互いへの誓いの言葉を記して、神父さんやゲストがサインする箇所はなく、サインするのは新郎新婦様おふたりだけなので家族婚での演出にぴったりのアイテムです。ゲストには拍手などで承認してもらいましょう!

サインするのは二人だけ!結婚証明書「シンプル」

created by Rinker

家族婚でも取り入れたい演出④:両親への手紙

両親への気持ちは、普段は少し照れくさくてなかなか伝えられなかったりしますよね。ちゃんとした場を設けることで素直に感謝を伝えられる絶好のチャンス。こういう機会にぜひ感謝の気持ちをしっかりと伝えてみませんか。

花嫁の手紙

花嫁の手紙

こちらの花嫁の手紙は木に手書きのメッセージをレーザー刻印するおしゃれなアイテム。手紙を読んでそのまま両親へのプレゼントとしても使えるのでおすすめです。読んで終わりじゃなく、ずっと記念に残せるのできっと両親もとても喜んでくれますよ。

花嫁の手紙/木製レーザー刻印「ハートフラワー」

created by Rinker

家族婚でも取り入れたい演出⑤:両親へのプレゼント

手紙を読んだあとは、両親へのプレゼントを渡しましょう。両親へ日頃の感謝の気持ちと「これからもよろしくお願いします」という想いもこめて、結婚式の日だからこそ伝えたい想いをカタチにして素敵なプレゼントを贈りましょう。両親へのプレゼントは、少人数婚や家族婚になっても必要なアイテムです。ぜひ検討してみてくださいね。

フラワークリアクロック

両親へのプレゼントには、式後もずっと飾ってもらえる時計はいかがですか?クリアな時計にブーケをINした華やかでオシャレな両親ギフトです。シンプルでスタイリッシュなデザインだから、インテリアにもしっくり馴染む透明感あふれる贈り物。

フラワークリアクロック

created by Rinker

家族婚でも取り入れたい演出⑥:プチギフト&引き出物

「今日はお祝いに集まってくれてありがとう」という気持ちを込めて、プチギフトなどの手土産を用意したり、引き出物などを贈るようにしましょう。

最近では相手にあわせて引き出物を贈り分けする人も多いですが、家族婚ならより細かく相手の好みに合わせて選ぶことができます。自分たちも楽しみながらゲストひとりひとりに心配りができ、自分たちらしさや、細かくゲストへのおもてなしができるのも少人数婚の良いところ。

演出を取り入れて思い出深い結婚式に!

家族婚は少人数ということで比較的自由が利くため、おふたりの思いをより実現しやすく、身内だけを呼ぶことで感謝の気持ちがより伝えやすいというメリットがあります。普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちも、家族婚ならしっかりと伝えられるはず。コロナウイルス感染拡大を鑑みて、急遽家族婚にしようと考えている方もぜひ参考に、ご紹介したような演出を取り入れて思い出深い結婚式にしてくださいね。

いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事