還暦祝いギフトの選び方徹底解説!基礎知識&マナーからおすすめアイテムまで

人生の節目である60歳を祝う「還暦祝い」。大切な人の長寿を願うためにも、欠かせないイベントの1つですよね。しかし、還暦祝いは何を贈るのがベストなのか分からない人もいるはず。

そこで今回は、還暦祝いに関する基礎知識や、贈る相手別のギフト相場、タブーとされているもの、おすすめのアイテムの選び方や注意点をまとめてみました!還暦祝いのギフト選びでお悩みの人は必見ですよ!

還暦祝いって?基礎知識を学ぼう!

60歳になると、「還暦のお祝いをする、赤いものを身に着ける」ということは知っていても、何故なのかを理由を分かっている人は少ないかもしれませんね。まずは、還暦&還暦祝いの基礎知識を身につけましょう!

還暦祝いとはどんな行事なの?

還暦祝いとは、元来長寿をお祝いする行事のこと。現代では60歳は、まだまだ若いように思えますが、還暦祝いが始まったとされる奈良時代には40歳から初老と言われていました。そのため、60歳まで生きることは、とてもすごいことだったのです。

還暦って?

還暦という言葉は、干支からきています。干支というと、「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」の12種類を思い浮かべますが、正しくは十二支と十干を組み合わせて使われます。十二支だけでなく十干にも、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類があるため、全部で60通りの組み合わせになるのです。そのため、干支が一回りするには60年かかります。

このことから、「元の暦に還る=暦がひとまわりするほど長生きできた」ということで、60歳の誕生日を「還暦」と呼びお祝いするようになりました。現在は60歳の誕生日前後に還暦祝いをするのが一般的ですが、地域や伝統を大切にする人は、生まれた年を1歳とする「数え年」の考えから61歳の年に祝うケースもあるようです。

還暦祝いといえば「赤いもの」!何故なの?

古くから日本では赤が「魔よけの色」と考えられ、赤ちゃんが生まれると赤い産着やちゃんちゃんこを着せて「元気に育ちますように」と願をかけていました。このことから、暦がひと巡りすることで、「赤ちゃんに戻る=新しく生まれ代わった」という意味を込め、長寿を祝い赤いちゃんちゃんこや赤いものを身に着けるようになったようです。

平均寿命が延びた現代では、60歳はまだまだ現役で働いている人も多くなっています。そのため、赤いちゃんちゃんこに抵抗がある人がいるかもしれません。必ずしもちゃんちゃんこを着なければいけないという決まりはないので、贈る相手に合わせて柔軟に対応しましょう。

還暦祝いで贈るギフトの注意点や選び方のコツとは?

還暦祝いギフトは、何を贈れば良いのか迷う人も多いよう。そこでここでは、ギフト選びの注意点やコツを紹介します。

還暦祝いギフトの相場

両親や義両親に還暦祝いを贈る場合の相場は、3~5万円程度、祖父母は1~3万円程度、親戚は5千~2万が一般的です。職場の人に贈る場合は、5千~1万程度だと良いでしょう。上司に贈るときは、あまりに高額だとかえって気を使わせてしまうことも。この金額はあくまで目安なので、状況に応じて変えてみてくださいね。

これを贈るのはNG!ギフト選びのポイント

還暦祝いでは、死や苦、老いを連想させるのはNGです。手紙を贈ったりお祝いの席でスピーチしたりする際は、4(死)や9(苦)といった言葉を使わないよう注意してください。また、還暦祝いのギフトには、贈ると失礼にあたるものも。下記に詳細をまとめておきますので、参考にしてくださいね。

  • お茶…香典返しに使用されることが多いため
  • 老眼鏡…老いを思い浮かべるため
  • くし…「苦」「死」を連想するため、お祝い事では縁起が悪いとされる
  • 履物…下に見ている、足で踏みつけるという意味を含むため、目上の人に贈るのに適していないとされる
  • 時計…「勤勉であれ」というメッセージになる

地域によって異なるケースもあるので、お祝いする相手が遠方に住んでいる場合は、事前に調べた上でギフトを選びましょう。還暦祝いのギフトは、メッセージカードを添えて贈ってもOKですが、より丁寧にしたいなら「のし」をかけると良いですね。還暦祝いの水引は、赤白の蝶結びを使い、のしの上段は祝還暦(または寿還暦)、下段には贈り手の名前を書いてください。

還暦祝いギフトの定番アイテムは?

還暦祝いの定番アイテムは、伝統を重んじて赤いものを贈る人も多くなっています。女性には、花束やペンダントなどのアクセサリー、財布、家電。男性には、お酒や財布、ポロシャツなどが人気のよう。夫婦なら、ペアアイテムや名入れアイテムを贈ると喜ばれそうですね。

ただし、花束を贈るときは、死を連想させる菊や椿は選ばないようにしてください。その他にも、食事会を開いたり、旅行に行ったりするのもおすすめです。

旅行をプレゼントする際は、贈る相手がどこに行きたいか、何をしたいかなどをリサーチしておくとトラブルになりにくいでしょう。迷う場合は旅行券をプレゼントして、贈られた側が選べるようにしてあげると良いですね。

想いがこもったオリジナルグッズをオーダーするのもおすすめ!

還暦祝いは、「やっぱり赤いものははずせない!」けれど、既製品を贈るだけだと何か物足りないなんて人もいますよね。そんな人は、想いのこもったオリジナルグッズをオーダーして贈ってみてはいかがでしょうか?

形に残る還暦祝いギフト 名入れフォトフレームフラワー

「お祝い工房」 還暦祝い60歳の贈り物!名入れフォトフレームフラワー

還暦を祝うギフトは、形に残るアイテムがおすすめ。こちらの「名入りフォトフレームフラワー」は、家族との大切な思い出の写真とお祝いのメッセージを一緒に贈れるアイテムです。還暦のお祝いの象徴である赤いバラは、生花のようにリアルなアーティフィシャルフラワーで作られているので、枯れることがなく長い間きれいなまま。

メッセージは定型文でなくオリジナルのものを入れられるので、世界に1つだけのギフトになりますね。ガラス蓋付きで、ほこりや汚れが付きにくいのもうれしいポイントです。

「お祝い工房」 還暦祝い名入れフォトフレームフラワー

created by Rinker

手書きメッセージでほっこり温かいギフトに!メモリアルブック「還暦」

「お祝い工房」メモリアルブック「還暦」

フォトフレームと同様におすすめなのが、こちらのメモリアルブックです。右面には、「祝還暦」の言葉や名前、還暦を迎える大切な人の写真を、左面には寄せ書きメッセージまたは写真+オリジナルメッセージを入れられます。赤いバラの絵柄が白い紙に映えてとてもきれいですよね。

手書きの寄せ書きでもオリジナルメッセージでも、想いのこもったオリジナルのメッセージを入れられるので、とても温かいプレゼントになりそう。

「お祝い工房」メモリアルブック「還暦」

created by Rinker

長寿を祝い、これからも元気に過ごせるように願う還暦祝いは、還暦を迎える人だけでなく家族にとっても大切なイベントです。贈るアイテムやお祝いの仕方にはルールがあるので、しっかりマナーを守って感謝の気持ちがこもった還暦祝いギフトを贈りたいですね。

今回紹介した商品を参考に、ぜひ還暦を迎える方が喜ぶギフトを選んでみてください。

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事