<コロナ禍での結婚式の工夫>〇〇だけにする「だけ婚」という選択肢

124877128

新型コロナウイルスが収束する兆しが見えず、せっかく結婚することが決まっても、「結婚式をしてもいいのかしない方がいいのか…」と明るいニュースである結婚を素直に喜んだり楽しんだりできないというカップルのお悩みをよく耳にします。コロナ禍の今、感染拡大を防止する観点から、3密を避けるということがずっと言われていますので、これまでと同じ要領で結婚式を開催するのは難しいのが現状。けれど、色々な工夫をしながら結婚式を開催する「withコロナの結婚式」として新様式の提案もなされています。今回は、結婚式を開催するけれど、「〇〇だけ」にしてみるという「だけ婚」についてご紹介していきます。

 

コロナ禍の結婚式の現状は?

本来、一般的な結婚式披露宴と言えば、チャペルや神殿などで結婚式を行い、そのあと披露宴を行うという流れ。規模の大小は多少あるにせよ、結婚式は人生の中でもかなり大々的なイベントという印象です。

26517738

コロナ禍での結婚式の様子はと言うと、ゲストの数や時間短縮をして縮小開催したり、ゲストとオンラインでつながるリモート婚だったり、人と人との接触をできるだけ避けるような工夫をしなければいけません。感染リスクの高い高齢者の方や遠方に住むゲストを招待するかどうかなども検討しなければいけないため、これまでより開催のハードルが高くなってしまっているのは事実。

331798197

それでも感染対策をしっかりとしたり、演出の工夫するなどで、結婚式を開催することも参加することも可能に!withコロナでの結婚式にできる工夫やウェディングアイテムなども生まれていて、新様式での結婚式を準備されている方もたくさんいらっしゃいます。そんな中でも、「本当に結婚式やってもいいのかな」「ゲストは本当はどう思っているんだろう」「もう少し先の予定で組んでいるけど、その時期に本当に開催できるか不安でしょうがない」と精神的に葛藤があるという声も。

336630441

 

工夫が必要な時期だから、「〇〇だけにする」という選択も

もし「大丈夫なのかな…」という不安があって、結婚式開催することに迷いがあるなら、「挙式だけする」「家族だけの結婚式にする」という「だけ婚」という選択もアリなのでは?「〇〇だけ」なら、開催時間や参加人数を限定することができるので、密になることを避けられ、感染リスクも下がります。
今の時期はひとまずできそうなことだけをして、また新型コロナが落ち着いた頃に披露宴だけ開催するとかそういう選択肢もあるのかなと思います。

77919375

披露宴はせずに挙式だけ

挙式+披露宴となると、3~4時間くらいかかってしまいますが、挙式だけならその半分以下の時間で済みます。
挙式はお二人の誓いをたてる特別なシーン。「結婚した」という実感を身をもって体験できる時ですよね。披露宴はできなかったとしても、ドレスを着て、指輪の交換をして、結婚宣誓をして、、、挙式だけでもすることが出来たら、お二人にとってもご家族にとっても思い出に残ると思います。

209288309

友人は呼ばすに家族だけ

少人数での開催を考えた時、友人は招待せずに家族だけで開催するという「家族婚」を選ぶ方も。withコロナでの結婚式では人気のスタイルです。やっぱり、家族だけには晴れ姿を見せたいですよね。家族も同じ気持ちだと思います。

246521912

結婚式はせずにフォトウェディングだけ

結婚式自体を開催するのが難しいと感じるなら、素敵な衣装を着てお写真だけを残す「だけ婚」も。花嫁さんにとって、結婚式のウェディングドレスって、やっぱり特別なものだと思うんです。小さい頃から憧れていた方も多いはず。

120864634

最近はロケーションフォトや会場での前撮りなど、とても力を入れていらっしゃる方が多いです。中には前撮りを1回だけではなく、数回する!とおっしゃる方も。ご両親も写真撮影の見学にいらっしゃるという方も多いので、結婚式を中止するなら、写真撮影にご招待してみるのもいいかも。フォトウェディングで結婚式気分を楽しんでみるのも良いですね。

ゲストは呼ばずに二人だけ

結婚式会場にはお二人だけ、ゲストとはオンラインでつながるという「オンライン結婚式」「リモート婚」もコロナ禍ではニューノーマルに。テレワークでのオンラインミーティングや、テレビ電話でオンライン帰省をするといったように、身近になってきたオンラインビデオ通話。どんな感じになるんだろう…と想像しにくい部分もありますが、ゲストに対する思いやりを感じる選択肢かなと思います。

256957404

 

コロナ禍の結婚式は工夫で乗り切る!

今回は「〇〇だけにする」という「だけ婚」についてご紹介しました。コロナ禍の今、これまでは必要なかった我慢や工夫が必要になっていて、結婚式をお考えの方々にとっては、悩ましい日々だと思います。けれど、どんな選択をしたとしても、新郎新婦さんが一生懸命考えて出された答えなので、きっと回りの方々は喜んでそれに従ってくださるはず。みなさん、お二人の結婚を祝福したい気持ちだけは確かなんです!結婚準備をあきらめずに、前向きに結婚に進んでいるお二人に、この内容が選択肢のひとつとしてお役に立てばうれしいです。

173985925

その他、コロナ新様式に関する記事はまとめてこちらからチェック

Megu

ウェディングマート編集者

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事