卒花さんに聞く、顔合わせの反省&失敗談!事前に押えておくべきポイントまとめ

結婚を決めたカップルが、両家の家族と親睦を深めるために行う「顔合わせ」。食事会と一緒に行うスタイルが一般的ですが、顔合わせにもルールやマナーがたくさんあります。これから長く付き合う彼や彼女の家族と良好な関係を築くためにも、正しい知識を身に付けて臨むことが重要です!

そこで今回は、顔合わせ経験済の卒花さん達の反省&失敗談を紹介。事前に押えておくべきマナーやルールを確認して、顔合わせが素敵な思い出になるように準備しておきましょう。

顔合わせ経験済の卒花さんに、リアルな失敗談を聞いてみました!

顔合わせで、失敗した経験のある卒花さん達もいるようです。まずは、卒花さん達の失敗談からミスしがちなポイントをチェック!

事前に話し合っておけば良かった!ありがち失敗談

「ラフな格好で良いかな?と思ってカジュアルな服で行ったら、相手の家族がばっちり正装。確認しておけば良かったと後悔しました。」(20代女性)
「手土産を用意するかしないか話し合っていなくて、当日急遽買うことに。なんとか間に合いましたが、ハラハラしました。」(20代男性)

服装や手土産などの失敗は、事前に話し合っておけば解決するものが多いですよね。「どうしたら良いのかな?」と迷ったら、顔合わせの前に話しておくのがベスト!

緊張しすぎてミスしてしまうことも…

「普段行かない高級料亭を予約したら、緊張で両家共に堅苦しい雰囲気に。初めての食事会だったので、もう少しカジュアルなお店にすれば良かったかなと反省しました。」(30代男性)
「両家揃って合うのは初めてで、彼も私もかなり緊張。会話が続かなくて、間が持ちませんでした。」(30代女性)

顔合わせはとても緊張するイベントですが、それは両親も同じです。顔合わせ前に、どうすれば和やかな雰囲気になるか新郎新婦が話し合って対策しておくと良いかもしれませんね。

顔合わせマナーを再チェック!非常識と思われないよう準備しておこう

卒花さん達の失敗は、みんながやりがちなミスポイントでもあります。顔合わせを成功させるために、押えておきたいマナーやルールを再度確認して準備万端にしておきましょう!

顔合わせの基本マナー

一般的な顔合わせの流れは、父親の挨拶(男性側)、家族の紹介(両家)、婚約記念品(または結納品)の交換、会食、記念撮影、父親の挨拶(男性側)、主役の2人から挨拶、となります。所要時間は、2時間半~3時間程度。

顔合わせをすると決まったら、まず日取り、場所、進行内容、費用分担について話し合いましょう。昼でも夜でもOKですが、両親の負担にならない時間帯を選ぶのを忘れずに。またゆっくり話し合えるよう個室を予約しましょう。

両家が待ち合わせする際、主役の2人は5分前には到着しておくのがベター。親同士が先に到着すると、気まずい雰囲気になることも。男性側女性側どちらも両親と待ち合わせをしてから、顔合わせ会場に行くと道にも迷わず安心です。また、席順にもマナーがあるので注意が必要。基本的には入口より一番遠い席から(上座)父親、母親、新郎or新婦になります。

重要ポイント!服装や手土産の有無は事前に要確認

卒花さんの失敗談でも紹介したように、服装や手土産の有無は事前に両親と相談しておくと安心です。服装は基本的に、スーツやワンピースなどフォーマルスタイルが好ましいとされていますが、両家で話し合いカジュアルな格好で良いとなれば、ラフなスタイルでもOKです。

手土産は必ずしも用意しなければいけないというルールはありません。しかし、男性側が用意していたのに女性側が無いとなると、気まずくなってしまいますよね。そうならないためにも、手土産の有無も必ず事前に話し合っておきましょう。両親の好みを聞いておくと「苦手なものや嫌いなものを渡してしまった…。」と後悔せずにすみますよ。

顔合わせが成功するための秘訣

顔合わせ会しおり

会場選びも顔合わせの雰囲気を左右するポイントになります。和やかな顔合わせにしたいなら、カジュアルなお店を。きっちりしたセレモニーにしたいなら、高級割烹のような厳かな雰囲気のお店を予約すると良いですね。

緊張して話が続かないかもと不安に思う人は、顔合わせのしおりを作るのがおすすめ。しおりがあれば、次に何をすれば良いのかスケジュールを確認できます。しおりにお互いの家族のプロフィールを記載しておけば会話のきっかけになるかもしれません。

コロナ禍で顔合わせする際に、注意する点とは?

コロナ禍の今、顔合わせのスタイルも変化してきています。ここからは、コロナ禍で顔合わせをする際に注意すべきポイントを紹介。今できる新しいスタイルの顔合わせ方法も合わせてチェックしておきましょう。

実際に会って顔合わせするときは、ここに注意!

顔合わせをする場合は、食事会の時間を短くするor食事会をなしにするという方法もあります。顔合わせ会場を選ぶ際は、感染対策がきっちりされているお店にする、こまめに消毒や手洗いをする、食事するとき以外はマスクを着用するなど、しっかり対策をしましょう。

食事会で気になるのが、外したマスクの置き場ですよね。テーブルの上に置いたり、鞄に入れたりするのは衛生面が気になる人もいるはず。そこでおすすめなのが、マスクキーパーです。

抗菌マスクケース

マスクキーパーとは、携帯用のマスクケース。予備のマスクケースとしてや、マスクの一時的な保管場所に使えるアイテムです。こちらのマスクキーパーは、抗菌仕様なので、繰り返し使える優れもの。日常使いできるので、ご両親も喜んでくれそうですね。

この商品を見る

【マスク置き】マスクキーパー席札「Bride and Groom ドレス」

こちらは、マスク置き&席札として使えるマスクキーパー。クラフトペーパーに線画イラストが描かれたデザインがとってもおしゃれです。顔合わせ食事会のテーブルに、席札として置いておけば、「上座はどこだっけ?」と迷う心配なし!

【マスク置き】マスクキーパー席札「Bride and Groom ドレス」

「結婚式で使うと良いね!」、「素敵なアイテムだね」なんて会話の種にもなりそうです。コロナ禍での顔合わせで、マスクキーパーのような気配りアイテムを準備しておけば、配慮ができる子だなと相手の家族から好印象を抱いてもらえるかもしれません。

この商品を見る

コロナ禍の今、新しいスタイルの顔合わせも

両親が遠方に住んでいたり、顔合わせに消極的だったりするときは、オンラインにしてもみるのも一つの手段です。オンラインだけでは寂しいという人は、落ち着いてから改めて食事会をするというのもアリ。オンライン顔合わせ後には、菓子折りや手紙を贈ると好印象ですよ。

顔合わせでついつい緊張しすぎて、ルールやマナーを忘れて失敗…。後で反省したなんて卒花さん達も多いよう。卒花さん達の失敗を教訓にして、顔合わせが成功するよう対策をとっておきましょう。

さらにコロナ禍の今は、感染症対策への気配りも重要なポイントになります。「マスクキーパーを用意する」、「オンライン会を提案」など、両家の家族が安心できるような顔合わせスタイルを段取りすれば高感度もアップしそうですね!

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事