結婚式はいやだからやりたくない…卒花さんに聞いたメリットとデメリットをご紹介

結婚することが決まったらまず考えるのが、結婚式を挙げるかどうかということ。なかには、いろいろと面倒だったり、人前に出るのが苦手だったりと、結婚式をするのがいやと感じている方もいるはずです。ただ、結婚式をすることにはどんなメリットとデメリットがあるのかを知ることで、考え方が変わるかもしれません。そこで、実際に結婚式を行った卒花さんに、結婚式をしてよかった点や悪かった点を聞いてみました!

結婚式をやりたくない理由は?デメリットはココ!

まずは、結婚式をやりたくないと感じた卒花さんの意見をのぞいてみましょう。

準備が面倒だった

「とにかく準備が面倒だった!お互い仕事もしてて忙しいなら結婚式をやらないっていう選択肢があることも知ってほしい」(29歳/Tさん)

何カ月も結婚式の準備をするのが大変に感じた卒花さんも多くいるようですね。結婚式の準備の負担を少しでも減らすには、プロに相談するのもひとつの打開策かも。

人前に出るのがいや

「結婚式って自分が主役になっちゃうじゃないですか。人前に出るのが苦手な私にとっては、けっこうキツかったです」(25歳/Nさん)

人見知りの方や注目を浴びるのが苦手な方にとっては、結婚式が精神的に苦痛になることもありますよね。せっかくの結婚式が楽しくないと感じてしまうのはもったいない!無理は禁物です。

お金がムダ

「結婚式にはお金がたくさんかかっちゃったのがデメリットかな。楽しかったんだけどちょっとムダな気がして…結婚式やるくらいなら、旅行とか新居にお金をかけたかったかも」(33歳/Aさん)

結婚式には、たくさんの費用がかかりがち。結婚したあとの生活を考えると、結婚式にかかる費用が無駄と感じる方も多いようです。

マナーやしきたりが面倒

「マナーやしきたりとか、結婚式っていろいろと決まりごとがあって面倒でした~」(22歳/Mさん)

目上の人も多く出席するケースが多い結婚式は、堅苦しくて窮屈!と感じた卒花さんもいます。しかし立場上結婚式をしないわけにはいかなかったという意見も多くありました。

ご紹介したように、結婚式にマイナスポイントを感じた理由はさまざま。確かに仕事が忙しい方や人前が苦手な方などにとっては精神的体力的に負担になることもありますよね。結婚する当人同士や家族の意見が合致するなら、結婚式をしないという選択肢があることも覚えておきましょう。

発想を変えればいいこともある♡結婚式のメリット

続いては、実際に結婚式を挙げた卒花さんに意見を聞いてみました。初めはなかなか乗り気でなかった方も、発想を変えたことでメリットがたくさん見えたようですよ♡

家族に感謝の気持ちが伝えられた

「普段はなかなか言えない感謝の気持ちを両親や兄弟に伝えることができたのが、結婚式をしてよかった最大のメリットかな。今まで家族に感謝の言葉を言ったことがない方には、結婚式を挙げることを心からおすすめしたい!」(27歳/Yさん)

なかなか恥ずかしくて言えない気持ちをきちんと言葉にして伝えることができるのは、結婚式ならではのメリットですよね。みなさんどんな形で感謝の気持ちを伝えているのかと言うと…

ラブレターボード

定番なのは、両親や家族に宛てた手紙を用意すること。自分の思いを手紙にしたためて、両親へ贈ったという卒花さんも多くいます。シンプルな便せん以外にも、結婚式後にインテリアとして使えるおしゃれなボードタイプも人気です。

この商品を見る

子育て感謝状ホワイトキャンバス

照れくさくて長々と手紙は書けない!と感じている方には、あらかじめ感謝の言葉が刻まれた感謝状を贈るのがおすすめです。ひとことオリジナルメッセージをプラスして、世界にひとつだけの感謝状を贈ってみてくださいね。

この商品を見る

両親に喜んでもらえた

両親贈呈シーン55641

「結婚式はあまり乗り気ではなかったのですが、両親に勧められて挙げることにしたんです。終わってみれば、お互いの両親がとっても喜んでくれたから私も嬉しかったですね」(30歳/Kさん)

結婚式を挙げることで、ときに親孝行になることもあるようですね。素敵な衣装に身を包んだ幸せそうな娘や息子の姿を見て、安心する親御さんも多いのだとか。

人生の節目としてのけじめになった

「私の場合は、彼の方がどうしても結婚式をしたいっていうから仕方なくやった感じでした。(笑)とはいえ、今振り返ってみると人生のけじめがついたっていうか、ひとつの節目になったような気がしてよかったなって思ってます」(24歳/Sさん)

人生の一大セレモニーとも言える結婚式は、人生の節目を感じさせてくれる大切なイベントでもあります。あまり乗り気でなかったSさんも、結婚式をやってみたら案外幸せを感じたようですよ。

素敵な思い出になった

「なんとなく結婚式をしようか~ってノリでやったんですけど、普段はなかなか経験できない雰囲気が感じられて素敵な思い出になりました。ある程度お金をかけて良かったなって思ってます」(34歳/Rさん)

たくさんの費用がかかる結婚式も、終わってみればそれだけの価値があったと感じる卒花さんも多くいます。

結婚式には、発想を変えればいいところもたくさんあります♡実際に結婚式をしないと感じられない雰囲気も多いので、少しでも気になる方はプロや経験者に相談してみてくださいね。

結婚式にあまり気が進まないならこんな方法もアリ!

一口に結婚式といってもその形はさまざま。多くのゲストを招いたり準備が面倒に感じたりしている方には、ちょっぴり違ったテイストの結婚式をするのもおすすめです。具体的にはどんな方法があるのかご紹介します。

少人数での挙式

親族のみやごく親しい友人だけを招いて結婚式を開催する方法もあります。人前に出ることが苦手な方でも気兼ねなく結婚式を行うことができるのがメリットです。また、費用も抑えられるのも嬉しい魅力!

ちょっとしたパーティー形式でカジュアルに!

かしこまった雰囲気が苦手な方には、カジュアルなパーティー形式の結婚式がおすすめです。普段行きなれているレストランなどを貸し切って、結婚の報告を兼ねて開催するのが◎

フォトブライダル

結婚式はやりたくないけど、ドレスは着たい!と考えている方は、写真を撮るだけでOKなフォトブライダルがぴったり。食事や会場を手配する必要がないので、比較的低コストで抑えられて気を遣わないで済むのもメリットです♡

海外挙式

海外挙式は費用が多くかかる傾向がありますが、限られた人数でリラックスして結婚式ができるメリットがあります。また、新婚旅行を兼ねることもできるので、なかなか休みがとりづらいカップルにもおすすめ!

納得できる形で結婚式を行うかどうか決めよう

結婚式をやるかやらないは自由!体力的精神的に負担になるのなら、あえて結婚式をしないのもひとつの選択肢です。本人同士やお互いの家族としっかり話し合って結婚式を行うかどうか検討してみてくださいね。少しでも結婚式にメリットを感じた方は、自分たちに合った形の結婚式を模索してみるのが初めの一歩!自分を含む、大切な人たちが納得できる形で、結婚式をするかどうか検討してみてくださいね♡

あわせてこちらもオススメ!
 icon-arrow-circle-right わかるわかる!結婚式をやりたくない!と思うマイナスポイントまとめ

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事