アーティフィシャルフラワーを結婚式で使うメリットは?生花やドライとも違う魅力をご紹介

結婚式アイテムの定番であり、華やかに演出する装飾の代表といえば花ですよね。結婚式で使われる花には、生花とドライフラワーに加えて、近年では「アーティフィシャルフラワー」も人気です。生花ともドライとも違う、アーティフィシャルフラワーとはどんなものなのでしょうか。結婚式のアイテムとしてのメリットなどをご紹介していきます。

アーティフィシャルフラワーってどんなもの?

アーティフィシャルフラワーは、いわゆる造花。枯れない花として、結婚式のアイテムにもよく使われています。

ただ、造花と聞くと何となく、造りものとわかってしまうようなイメージ、少し安っぽいイメージを持っているという人もいるかもしれません。

しかしアーティフィシャルフラワーは、そんなイメージをも覆す、生花により近いクオリティーで造られた高品質の造花なんです!

アーティフィシャルフラワーを結婚式に使うメリットとは?

生花やドライフラワーとは違う、アーティフィシャルフラワーならではのメリットをご紹介しましょう。

生花では難しいデザインも可能

アーティフィシャルフラワーは、素材にポリエステルやポリエチレンを使っているため、耐久性に優れています。花はブーケやウェルカムボードなどに使う際に、色々なデザインにアレンジしますよね。生花やドライフラワーでは、無理に曲げてしまうと茎や花びらを傷つけてしまったり、折れてしまったりすることもあるでしょう。一方、アーティフィシャルフラワーなら耐久性に優れているため、多少曲げても大丈夫。生花やドライフラワーにはできない、自由度の高いアレンジが可能なんです♡

季節に左右されずに好きな花を選べる

アーティフィシャルフラワーは造花なので、季節に関係なく入手が可能です。

生花の場合、時期によっては仕入れられない品種もあるため、希望通りの花を使えないこともあります。

一生に一度の結婚式なので、ぜひ自分好みの花を選びたいですよね。

また、ドライフラワーであれば季節に関係なく使えますが、生花のような鮮やかな色合いを求めるなら、やはりアーティフィシャルフラワーの方がおすすめでしょう。

給水不要!虫がつかない!簡単なメンテナンスのみで保管できる

ブーケに生花やドライフラワーを使うと、お水をあげたり、虫がついていないかチェックしたりと気にかける必要がありますが、アーティフィシャルフラワーはその心配がゼロ。

造花なのでもちろん給水は必要なく、虫を惹きつけるような香りもありません。ほこりをはらったり、直射日光を避けたりなど、簡単なメンテナンスのみで半永久的に楽しむことが可能です。結婚式が終わったあとも、思い出としておうちに飾っておくことができますよ。

持ち運びがしやすいので、海外挙式でも使える

結婚式に使われるアイテムは、事前に制作して当日持ち運びすることが多いでしょう。

生花の場合は、気温や水などの環境を気にする必要があり、海外には持ち出せないこともあります。またドライフラワーの場合は、少しの衝撃でポロっと取れてしまう可能性も……。アーティフィシャルフラワーなら、結婚式当日身に付けて動き回る場合でも、海外挙式など大きな移動がある場合でも扱いがラクでしょう。

アーティフィシャルフラワーが使われているアイテムまとめ

アーティフィシャルフラワーは、ブーケや髪飾りなど花嫁さんが身に付けるアイテム以外にもさまざまな用途に使用されています。どんなものに使われているのか見てみましょう!

結婚式の入り口を華やかに演出してくれる「ウェルカムボード」

ゲストをお迎えしてくれる「ウェルカムボード」は、結婚式で最初に目にするアイテムのひとつ。自分たちの結婚式を楽しんでもらいたい、という気持ちを込めてアーティフィシャルフラワーを使った華やかなウェルカムボードを準備してみてはいかがでしょうか。

ナチュラルテイストのボード

お花アレンジウェルカムボード_スワッググリーン

アーティフィシャルフラワーには、花だけでなく種類豊富なグリーンもあるので、ナチュラルテイストのボードも作れます。季節に関係なく好きな花やグリーンが用意できるため、式場や好みのテイストに合わせて決められるのも嬉しいですよね。

高級感のある大人な雰囲気のボード

フラワーウェルカムボード「パリスクラシカル」

高級感を引き出してくれる白いフレームのウェルカムボードには、クラシカルで落ち着きのある大人な雰囲気のアーティフィシャルフラワーがぴったりです。使う花によって、上品な雰囲気になったり華やかな雰囲気になったりと、新郎新婦の好みの演出ができますよ。

感謝の気持ちを込めた「両親へのギフト」

両親へ感謝の気持ちを込めた贈り物として、アーティフィシャルフラワーを取り入れたアイテムを用意するのもおすすめ。挙式が終わってからもしばらく家で飾ることも多いので、手軽にお手入れができてとても喜ばれますよ。すてきな思い出をより華やかに演出してくれるアーティフィシャルフラワーのギフトで、両親への感謝を伝えてみませんか?

子育て感謝状

木製子育て感謝状 ボックスフレーム「ブーケ」

子育て感謝状は、今まで育ててもらった両親に感謝の気持ちを伝えるギフト。感謝の気持ちを記載するだけでなく、生まれてから結婚するまで育ててもらった日数を記載したり、結婚式の写真を入れたりします。この感謝状にアーティフィシャルフラワーのブーケを添えることで、より印象に残る素敵な両親へのギフトになりますよ。

時計

クロックブランリース

「これからもともに時間を刻んでいこうね」という意味が込められ、両親へのギフトとしても人気の時計。自分の両親へは、結婚しても家族であることに変わりはないという意味で贈ったり、相手のご両親へは、これからよろしくお願いしますという意味を込めて贈ったりすることが多いようです。時計は1日の中でもよく目にするアイテム。アーティフィシャルフラワーが添えられていることで、お部屋もより華やかになるでしょう。

アーティフィシャルフラワーで結婚式を華やかに演出しよう♡

見た目は生花に近く、ドライフラワーよりもさらに長持ちして扱いやすいアーティフィシャルフラワーは、魅力満載のアイテムです。結婚式当日だけでなくその後も活躍してくれること間違いなし!ぜひ結婚式のアイテムのひとつとして活用してみてくださいね。

weddingmart

weddingmart編集部

プロフィール
いいね!と思ったら share on

ピックアップ記事

関連記事一覧

ABOUT

Wedding Martとは結婚式のあらゆる情報を集めたウェディングメディアです。 オリジナルで商品がオーダーできるウェディングアイテム通販店ファルベが運営しているので 読んで素敵だけじゃなく、実際にオーダーできるプレ花嫁さんたちのカワイイ♡が実現する通販連携サイトです。

最新記事