持ち込み料ってなに?結婚式ならではの決まりごとと持ち込み料の疑問と解決方法

プレ花嫁さんのみなさんこんにちは♪

みなさんは、結婚式上への持ち込み料というのをご存知でしょうか?

結婚式で、ドレスや引き出物など、式場と提携業者以外のものを使用したりする場合に、追加費用として加算される費用のことをいいます。

結婚式の費用としては、目に見えない出費なので、あまりかけたくない料金でもあります。自分たちの納得のできる結婚式がしたいだけなのに、持ち込み料を高くとられてはなんだか納得いかない!そんな気持ちを解消するために、このたびは持ち込み料の疑問を解決して、また回避・節約するコツをご紹介します!

 

 

どんなものにかかるの?

式場が提携していないウエディングアイテム全般にかかってきます。

代表的なものとして、ドレス・タキシード・アクセサリー・引き出物・引菓子・ブーケ・リングピロー・カメラマン・ヘアメイクなどです。出典:http://weddbook.com

カメラマンやヘアメイクは、アイテムではないのになぜ?と思いますがこれも、次に挙げる理由で、式場の提携先で頼まない場合は追加料金がかかってきます。出典:http://www.fortwayneweddingdayvideos.com/

 

では、どうして持ち込み料がかかってしまうの?

一般的に、理由としては、ウエディングアイテムはとても大事に扱わなければならないアイテムですので、それを安全に保管していただく保管料ともいわれていますが、それと共に、式場へ式場の提携先から仲介料が入る仕組みで式場は利益をだしているので、その仲介料がなくなると困るというのが持ち込み料が発生する大きな理由だともいわれています。会場側もビジネス的にしょうがないということもわかりますが、自分たちのお気に入りのものや、通常ではお得な商品を探してきて持ち込みたいと思っているのに、あまりにも理不尽に高い持ち込み料がかかってしまうのは、どうしても納得ができませんよね>_<

 

どうやって回避・節約すればいいの??

これは、ズバリ!契約前の交渉次第です。

結婚式で節約するのはみっともない、プランナーさんを困らせたくない、もちろんそういう気持ちは大切ですが、それを気にして交渉できず、目に見えないお金の持ち込み料を多額にとられるのは、どうしてもやるせない気持ちになります。

ですので、契約前に、必ず何に持ち込み料がかかってくるのかということを確認しましょう!!そして、持ち込み料があるので、会場を迷っているということを正直に伝えれば、減額を提案してくれる式場もあるみたいです。

また、ペーパーアイテムなどは持ち込み料がかからない式場が多いです!最近では、自分たちらしさをペーパーアイテムで思いっきり表現ができる、プロの作ったペーパーアイテムが大人気です♡♡結婚式のテーマに合わせたペーパーアイテムを是非探してみてください!♡

ウェディングアイテムのお店を見る

 

ペーパーアイテムにこだわった結婚式というのはゲストの記憶にも残りやすくおしゃれさを出すことができて大人気です!また、ペーパーアイテムの他にもウェディングボードなども、自分たちらしさを表現できて、持ち込み料がかかりません^^

また、引き出物には持ち込み料がかかりますが、引出物をその日に持ち帰るのではなく、ご自宅へお届けするという引出物直送便、通称「引き直」は、持ち込み料がかからず最近トレンドです。豊富なアイテムの中から、選ばれた商品をご自宅へ送るというサービスは、大きな手荷物にもならず二次会で邪魔になることもないし、遠方のお客様にも優しいですね♡

出典:http://www.giftnavi.jp

 

結婚式費用の中で、どうしても気になってしまう持ち込み料ですが、持ち込み料の仕組みを理解して、交渉できることは交渉し、持ち込み料のかからないアイテムはガッツリ持ち込んで、費用的にも納得のいく気持ちの良い結婚式ができることをお祈りします♡!

 

_______________________

WEDDING MARTとは
ウェディングアイテム通販店ファルベが提供する
結婚式のレシピ&アイテム紹介サイトです。
オリジナルアイテム制作のご相談など
お気軽にお問い合わせくださいね。